膝・腰の痛みを軽くすると生きがいが見つかる

Pocket

外傷や思い当たる病気もないのに、膝や股関節などが

痛むことを、「関節症」(関節炎)という。

 

また、腰の痛みは、多くの人が一度は経験するが、

原因のほとんどが医学的に特定できないため

「腰痛症」と総称されることが多い。

 

「関節症」に関しては、老化現象の一つで、

関節内の接する骨同士の表面を覆いクッションの

役割をしている軟骨が使い過ぎですり減り、

骨と骨がぶつかるために痛みや炎症を

起こしてしまうのです。

そもそもこの軟骨はコラーゲンやコンドロイチン

といった弾力性や保水性に富んだ成分でできていて

クッション役割のほかにも、カルシウムを骨に

吸着させる働きもしています。

しかし、これらの成分は老化とともに合成能力が

衰え減少してしまうのです。

関節症の中でも非常に多いのが、変形性関節症。

 

また、「腰痛症」では原因のはっきりしている

ものとして、椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、

骨粗しょう症による圧迫骨折、

さらに、老化とともに増加する腰部脊柱管狭窄症

などがあげられます。

 

「関節症」にしても、「腰痛症」にしても、

これらの症状を放っておくと間違いなく悪化して

いくだけなので、適切な措置をとらなければなりません。

 

次の方法をぜひ試してください。

 

1.骨には骨を補ってください。

イワシやサバの缶詰をなるべく食べてください。

缶詰だと骨まで食べれます。

 

2.腰や関節が痛むときや違和感があるときは

絶対にもち米(せんべいやもち)を食べてはいけません。

患部に水をためてしまい、痛さが増します。

 

3.毎日お風呂のお湯につかって腰や関節を

温めてください。

 

4.風呂上がりの就寝前に、布団の上で足の

簡易体操をしてください。

思いのほか効果がありますよ。

 

5.膝や腰が痛い場合。なるべく早くに

お医者さんへ行き、一度はヒアルロン酸注射を

試してください。10人中1~2人は効果が

期待できます。

 

6.お医者さんへ行って効果がなかった方は、

グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸

のサプリメントを摂ってみてください。

 

たとえ効果を感じられなくても、

諦めずに自分にあった方法を探しましょう。

必ず、痛みを緩和する方法はあります。

 

 

 

Pocket


ページの先頭へ