しあわせのための花粉症緩和

Pocket

 

体内に特定の物質が侵入すると、リンパ球などがその物質に反応して

抗体を増設します。その後再びこの物質が体内に入った時に、

作られた抗体がこの物質(アレルゲン)を退治しようと

過剰に反応する症状を、アレルギー性疾患と呼びます。

花粉症もこのアレルギー性疾患の一つなのです。

 

この抗体は血液によって気管支や鼻の粘膜、皮膚などに運ばれ、

常にアレルゲンに対して反応してしまうのです。

ですからアレルゲンがなくなるまで常時アレルギー反応が

収まらなくなってしまうのです。

 

それでは、具体的な対策を考えてみましょう。

アレルギー性疾患は、最近になって多様化の傾向にあり、

その対応策も注射や漢方薬、ハリ治療、食事療法など多数に及びますが、

体質(免疫機能)を改善することが基本となります。

 

花粉症の場合、ヨーグルト・乳酸菌を6ヶ月から1年摂りつづけて、

腸内環境を整える体質改善を行うと、症状を緩和に結びつくことも

多いのです。

 

他にもアレルギー全般に効果があると言われるヨモギは、

ヒスタミン(抗体と一緒に出てきてアレルギーを起こす物質)の

抑制、気管支の拡張、張り薬としてかゆみを抑える、

さらに殺菌作用があるなど、アレルギーにはオールマイティーな食材

といえるでしょう。

 

霊芝(れいし)などを摂って体質自体を改善するのも良いでしょう。

また、花粉症には粘膜の免疫力を補強する意味で、

ビタミンAやベータ・カロチンを摂取することをお勧めします。

 

 

Pocket


ページの先頭へ