病気の元。ストレスの正体を解明する

Pocket

過度のストレスというのは死神のようなもので、取りつかれてもなかなか

気が付きません。

 

私も精神的なストレスが続くと、ある種の興奮状態になっていることに

しばらくしてから気づくということが何度がありました。

 

その状態はすでに自律神経が乱れている状態で、これが続けば病気に

付け込まれることになります。

 

 

病気の発生学の進歩によって、私たちを苦しめる病気の原因の多くが

ストレスにあることがわかってきました。しかし、ひと口に「ストレス」

といっても、その実態はさまざまです。

対人関係や仕事のプレッシャーといった「精神的ストレス」もあれば

肉体疲労や睡眠不足、痛みなどの「身体的ストレス」もあります。

さらに普段私たちがストレスと自覚していなくても、身体がストレス反応

を起こすものもあります。

 

人間の身体は常にベストの状態を保つように、さまざまな機能が働いて

います。ストレスが加わったときも、身体はもとの良い状態に戻すよう、

さまざまな反応をします。それがストレス反応です。

 

例えば、寒いときに身体がぶるぶる震えたり、暑いときに汗が出たりする

のも、ストレス反応のひとつです。私たちの身体で最初にストレスを認識

するのは「脳」です。

 

精神的ストレスはもちろん、身体的ストレスも全身に張りめぐらされた

神経を通じて「情報」が脳に行きます。そして、脳の「視床下部」という

ところで「ストレス」と認識されます。

 

視床下部の働きはたくさんあります。ストレスを認識するほかにも、体温

調節や下垂体ホルモンの調節、さらには摂食行動や飲水行動、性行動、

睡眠といった本能行動や、怒りや不安などの情動行動も司っています。

 

性的欲求不満を抱える女性が満腹中枢を満たしたくなるというのはすべての

女性に当てはまるというわけではありませんが、視床下部が性行動と摂食

行動の両方を司っていることからも説明がつきます。

 

性的欲求不満という「ストレス」をため込んでしまうと、視床下部の指令

系統に誤作動が生じ、食べ過ぎや食べなさすぎという、いわゆる「摂食

障害」になりやすいということがいえるのだと思います。

 

身体はストレスに反応しながら、肉体的にも精神的にも常によい状態を

保とうと、日々ベストを尽くしているのです。

 

 

しかし、ストレス状態が長期間続くと、身体はストレスに対応しきれなく

なり、バランスを崩し、よい状態を保てなくなります。

それが「病気」の始まりです。

 

 


応援感謝しています

 

 

Pocket

ページの先頭へ