病気発生のメカニズム1 自律神経のバランスの乱れ

Pocket

人間の身体は交感神経と副交感神経という二つの自律神経が交互に支配

することでバランスをとっています。

 

 スポンサーリンク

 

手や足は自分の意志で自由に動かすことができますが、心臓の動きや腸

の動きといった臓器の動きを意識的にコントロールすることはでき

ません。そうした意識的にコントロールできない身体の様々な働きを

コントロールしているのが自律神経です。

交感神経が身体を支配するとどうなるでしょう。

交感神経が身体を支配すると、血管が収縮して血圧が上昇し、軌道が拡張

して心拍は速くなります。そして、胃や腸など消化器系の働きは抑制され

ます。つまり、運動するときや仕事をするときなど、脳や筋肉をアク

ティブに活動させるのに適した状態になるのです。

 

副交感神経が身体を支配すると、ちょうどこれと逆の状態になります。

血管が拡張して血圧は降下し、気道は収縮して心拍がおだやかになり、

消化器系の働きが活発になります。これは身体を休めたり食事を消化、

吸収したりするのに適した状態です。

 

このように、自律神経が切り替わることによって、活動するときと休む

とき、それぞれに適した状態に身体を変化させているのです。

 

自律神経の働きを司っているのはストレス認知も行っている「視床下部」

です。ストレス状態が続くと自律神経のバランスが崩れるのはこのため

です。

 

自律神経にはもともと「日内リズム」というものがあります。

これは簡単にいえば、朝起きてから夕方陽が沈むころまでは交感神経が

優位に働き、夜に身体を休めたり寝ている間は副交感神経が優位に働く

というリズムです。

 

一応こうした日内リズムはあるのですが、自律神経はその時々の刺激

や行動によっても、その都度敏感に反応して切り替わります。

 

例えば眠気が襲ってきたときに身体を動かすと目が覚めます。また、

日中でも食後に眠くなるのは胃腸が動くからです。

 

ですからたとえ夜でも、仕事をしていれば交感神経が優位に働き、

日中でもごろごろしていれば副交感神経が優位に働きます。

 

そして実はこうした日内リズムに反した生活をすることがストレス

となり、自律神経のバランスを崩し、病気をつくりだしてしまう

のです。

 

 

 


応援感謝します

 

 

 <スポンサーリンク>


Pocket

ページの先頭へ