二度寝は絶対にしない健康法

Pocket

とても基本的なことですが、睡眠は健康を維持するうえでとても重要

です。

 

私にも経験がありますが、睡眠不足や睡眠時間が不規則になる期間

が少し長くなるとすぐに体調が悪くなり、疲れやだるさも抜けなくなって

しまいます。

 

とくに二度寝をしてしまうと疲れやだるさをさらに助長してしまうので、

注意が必要です。

 

 

睡眠に関しては様々なレポートや治験データがありますが、どれをとって

も健康に寄与する睡眠時間は「最低7時間以上」という結果が出て

います。人間の睡眠はノンレム睡眠とレム睡眠が交互に繰り返されます。

 

このノンレム睡眠からレム睡眠に移り、再びノンレム睡眠のなるまで

1サイクルに要する時間早く90分間。自然な目覚めはこのサイクル

ごとに訪れるので、最も理想的なのは睡眠時間7時間から8時間の間で、

目覚まし時計を使わずに、自然に目覚めることといえます。

 

目覚まし時計をかける必要がある人は理想は7時間半ですが、90分の

サイクルを考慮して、眠ってから4時間半後、6時間後、7時間半後と

いった時間に目覚ましが鳴るようにセットすると、比較的スッキリと

した目覚めが得られます。

規則正しい生活をすることは自律神経を整えることにつながるので、

理想は毎日7時間から8時間程度の睡眠をとることです。

 

どうしても普段7時間以上の睡眠時間が確保できないという人は

土日など休日に充分な睡眠時間を摂るようにして下さい。

 

このときは目覚まし時計をセットせず、身体が要求するだけ寝ます。

身体が欲するなら、9時間でも10時間でも寝てかまいません。

 

ただし、一度自然に目が覚めたのに、そのままごろごろしている

うちにまた眠ってしまう「二度寝」はしないように気を付けてください。

二度寝は身体によくありません。

 

 

まとまった睡眠がとりにくいという人は二度寝をするのではなく、一度

きちんと起きてから、午後に昼寝をすることをお勧めします。

 

昼食後の昼寝は食事によって優位になった副交感神経を刺激します。

同時に肝臓を効率よく休ませることができるので、ハードな日常で

交感神経が過緊張状態になっている人が多い日本人には実はピッタリな

健康法なのです。

 

 


応援感謝します

 

 

 

Pocket

ページの先頭へ