とっておきの私の健康法 -運動編-

Pocket

起きてすぐに白湯を一杯飲むことから私の健康法は始まります。身体を

温めて一日のスタートをスムーズにします。朝一番に身体を温めることは

非常に大事です。不純物が入っていない白湯は水以上に身体にやさしい

飲み物といえます。

 

 

水分補給が済んだら目を覚ますための運動です。

まず、腕を身体に巻き付けるようにして左右に大きく振る動作を左右で

一回として、20~30回行います。

 

それから上半身を延ばしたり、肩甲骨を近づけたりして、軽くストレッチ

をして、血行を良くします。

 

次に立ったままかかとを少し上げ、今度はできるだけつま先立ちになり

ます。そしてまた元のかかとを少し上げた状態に戻します。

この動作を30回繰り返します。

 

これでふくらはぎの血液ポンプ機能を向上して、血行がさらによく

なるのです。

 

それから軽い筋トレを行います。スロースクワット(30秒かけて沈み

込み、30秒かけて立ち上がる)を12回。仰向けに寝て両足を胸のと

ころに持ち上げる動作を30回繰り返す腹筋。そしてクラッチを40回

という3種類の筋トレを順番に一日ずつ交代で行います。

 

毎日同じ個所の筋トレはしません。なぜなら、筋組織に負荷をかけたら

修復する時間が必要だからです。

 

毎日これらの運動にかける時間は約10分ほどです。

この無酸素運動のあと早歩き(100メートル/分)の有酸素運動を30

分することで成長ホルモンが出て効率よく内臓脂肪を燃やしてくれる

のです。

 

 

このウォーキングは雨だろうが、雪だろうが続けています。

朝のこのウォーキングのおかげで私の体温は0.8℃ほど上昇しました。

交感神経の高まりとともに、体温を一気に高めておくと、その日一日の

体調がとても良いのです。これが私の健康法のカギです。

そして、筋トレのあとに30分間の有酸素運動をしているので、これ

だけで、毎日約10グラムの内臓脂肪を減らすことができています。

 

ダイエットをしたいという人はウォーキングの前に私のように3分から

5分程度で充分なので、軽い筋トレをしてください。

 

私は脳から筋肉への神経経路を鍛える目的で、ウォーキングの前に

20メートルダッシュを一回一日おきに実行しています。

 

このダッシュは思いのほか効果が大きいと感じています。

50代後半の私が最後に思いっきり全力疾走したのは何時でしょう。

もう記憶にもありません。ですから、最初たった20メートルの

ダッシュが気持ちと身体の動きがバラバラで転びそうになってしまいま

した。それに驚くほどかけ足が遅くて自分でもびっくりするとともに

相当落ち込んでしましました。

 

しかし、安心してください。このトレーニングを続けるとだんだん自分

のイメージに近い走りができるようになるのです。そして少しずつ昔の

自分を身体が思い出すのです。ただし無理はいけません。私の場合毎日

は筋肉が痛くなって無理なので、二日に一度にしています。

 

ただし神経の経路を鍛えるためには全身の力を振り絞るようにするの

ですが、朝は身体が硬くなっているので、ストレッチで関節の可動域

を充分に広げておかないとケガをしてしまいます。

 

健康法を実践してケガをしてしまっては本末転倒ですので、充分に

注意してください。

 

ウォーキングをするときは背筋を伸ばし、お腹をへこまして、肛門を

引き締めるような意識を持ち、両肩を少し後ろにもっていって、

胸を張るように歩くことが大切です。

 

だらだらと歩いていたのでは効果が半減してしまします。

 

背筋を伸ばして腹筋とお尻を引き締めて歩く。最初のうちは辛くて

なかなか続けられませんが、慣れてくると自然に歩くときはそんな

感じになるから不思議です。そして、その効果は比較的早くお腹が

へこむという見た目の変化で現れました。

 

文章だと何時間も運動する内容のように見えますが、実際は

起きてからおよそ一時間弱で終了する内容です。

 

そして休日は市民センターのジムで太ももと腹筋、胸の筋肉トレーニング

を約30分ぐらい行ってから10キロ前後のジョギングを毎回楽しんで

います。

 

何ごとも習慣になってしまえば、楽しむことができるようになります。

そして、習慣にするコツははじめから頑張らずに、少しずつ始めること

だと思います。

 

私たちの身体は動かすようにできています。ところが多くの人が運動

不足でいろいろな身体の問題を抱え続けているのが現状です。

 

できることから焦らずに、少しずつだけれど続ける努力を始めることが

健康法には大切だと思っています。

 

 


応援感謝します

 

 

Pocket

ページの先頭へ