とっておきの私の健康法 -食事編-

Pocket

全体的健康法とは運動、食事、ストレスを病気をしないで、元気に

長生きができるようにコントロールする考え方と方法論の総括的な

ものをいいます。

 

 

その中でも食事は私たちの身体そのものをつくるのでとても重要です。

私の健康法の食事に関する考え方と食事法を披露します。

 

私の一日の適正摂取エネルギー量は約2,114キロカロリーです。

どのように求めた数字かを説明しますね。

この数字は誰でも簡単に求めることができます。

 

まず一日の摂取エネルギーを決めるにはその人の標準体重を求める必要

があります。

標準体重=身長(m)×身長(m)×22

この標準体重を使って一日の摂取エネルギーを計算します。

 

*一日の仕事量が肉体的に軽度の場合

総エネルギー量(kcal)=標準体重×25

*一日の仕事量が肉体的に普通の場合

総エネルギー量(kcal)=標準体重×30

*一日の仕事量が肉体的に重い場合

総エネルギー量(kcal)=標準体重×35

 

これであなたの一日に摂取する適正エネルギー量を知ることができます。

 

次に私の一日の食事の目安を紹介します。

 

朝食

ニンジン半分から一本とリンゴ半分のジュースをジューサーで作り

毎日200~300ccを飲むこれにバナナを一本食べることもある。

 

昼食

ワカメそば、とろろそばもしくはかけそば

 

夕飯

白米に雑穀を入れたもの一杯~一杯半

味噌汁なるべくシンプルな具材、ワカメ、豆腐など

ご飯のおともに納豆、しらす、梅干し、キムチ、漬物など

のうちいずれかを必ず食べるようにする。

ほかにメインとして、肉や魚を約100グラム程度

野菜は旬のものを摂るようにしています。

基本的に夕飯は好きなものを食べて良いと思います。

ただ私は夕飯の前にりんご酢を大さじ一杯飲むようにしています。

こうすることで、血糖値の上昇をおだやかにすることができます。

 

ちなみに、おおよその数字として、

朝食100~200kcal

昼食400kcal

夕飯800~1000kcal

 

一日の合計摂取エネルギー最大で1600kcalとなります。

これに間食を加えても2000kcalに届かないようにコントロール

しています。これが私の健康法です。

 

私の体重は標準体重よりも約2㎏重いのですが、

標準体重をもとにした適正エネルギー量が約2114kcalなので、

この数字を守れば適正体重に自動的になっていくということです。

 

それともう一つ大事なことは摂取エネルギー量を週単位で

管理すると続けやすいということです。

一日の適正エネルギー量が2000kcalだとすると、

一週間で総エネルギー量を14000kcal以下にするように

管理するということです。

 

こうすれば、飲み会や食事会での不義理や無理な我慢をなしにできます。

その日沢山エネルギー量を摂取しても、残りの日で摂取エネルギーを

コントロールすることができます。

 

最後に面白いデータを紹介します。

それは飼われている犬や猫をはじめとする動物たちの食事の量を

普通の量よりも40%程度減らすと、どのデータでも寿命が延びる

そうです。最大で50%も寿命が延びたというデータもあります。

つまり人間も常識として言われている食事の仕方よりも食事量を

減らせばより元気で長生きができるのかもしれません。

 

 

食事は楽しみのひとつではありますが、考えて食事をすることには

大きな意味がありますよね。

 

 


応援感謝します

 

 

Pocket

ページの先頭へ