セロトニンが身体も心も健康にする

Pocket

セロトニンというと、「うつ病に効く物質」とばかり考えがちですが、

それは大きな間違えです。

 

 

今回はセロトニンが私たちの健康に果たす役割について少し詳しく説明

していきたいと思います。

 

セロトニン神経には全部で五つの機能があります。

1.静かな覚醒

2.平常心の維持

3.交感神経の適度な興奮

4.痛みの軽減

5.よい姿勢の維持

 

一つ目の「静かな覚醒」ですが、セロトニン神経は一秒間に二~三回の

間隔でインパルスという電気信号を出しています。この電気信号により

セロトニン神経からセロトニンが放出されます。

 

目覚めとともに、脳がセロトニン神経の働きで、静かな覚醒状態にスムー

ズに移行した状態、それが「爽快な目覚め」になるのです。

 

人間の脳にとって理想的な覚醒状態をもたらす働きです。これでいつでも

脳をフル回転させることができる準備が整うのです。

 

二つ目の「平常心の維持」というのは心の状態を整える機能です。

セロトニン神経はノルアドレナリン神経とドーパミン神経という、時には

暴走してしまう仏つの神経に働きかけ、暴走を抑え適度な興奮状態にとど

めることができます。

 

そのため、セロトニン神経がきちんと働いていれば、精神的なストレスの

コントロールがしやすくなり、多少のストレスがあっても、それに負けて

イライラしたりキレやすくなったりすることもなければ、逆に嬉しいこと

があっても、はしゃぎすぎたり舞い上がってしまうこともなくなります。

 

もちろんつらいことはつらいし、嬉しいことは嬉しいと感じているのです

が、そうした自分を冷静にコントロールできている状態が平常心です。

平常心は適度な緊張をもって、その人の能力をもっとも発揮させることが

できる心の状態を指すのです。

 

 

三つ目は「交感神経の適度な興奮」です。

私たちの身体は「交感神経」と「副交感神経」という二つの自律した神経

の働きによって支えられています。

 

副交感神経から交感神経へのスイッチイングにはセロトニン神経の規則的

なインパルスが重要な働きをします。

 

そのため、セロトニン神経が弱まりインパルスに乱れが出ると、自律神経

のスイッチングにも乱れが生じ、自律神経失調症になってしまうのです。

 

ここで注目してほしいのはセロトニンが交感神経を「適度に」興奮させる

という点です。

 

交感神経が非常に強く活性化した状態というのは簡単にいうと

「ストレス状態」ということです。

 

それに対して、適度な興奮状態というのは例えていえば、すっきりとした

朝の目覚めの状態です。

 

寝ているとき、私たちの心拍数は一分間に五十回程度しかありません。

それが目覚めると、七十回~八十回ぐらいまで上昇します。

 

この状態は穏やかだけれど、活動する準備の整ったものです。これが

交感神経の「適度」な興奮なのです。

 

四つ目の機能は「痛みの軽減」です。

実はセロトニンというのは脳内で鎮痛剤の役目を果たすのです。

 

歯の治療などをするときに痛みを無くすために麻酔薬が使われますが、

あれはその部分の神経を一時的に薬で麻痺させて、脳に痛みの情報が

伝わらないようにするので痛みが感じられなくなるのです。

 

でも、セロトニン神経を活性化させると痛みが軽減されるのは神経が

麻痺するからではありません。そのため、痛みがあることははっきりと

認知されます。痛みはあるのですが、それほど辛くは感じないで済む、

というのがセロトニン神経による痛みの軽減の特徴です。

 

大した怪我でもないのにひどく痛みを感じたり、自分は他の人より痛みに

弱いのではないかと思う人はセロトニン神経が弱っている可能性があり

ます。

 

最後の五つ目の機能は「よい姿勢の維持」ができるようになることです。

抗重力筋というのは姿勢を維持するのに重要な、文字通り重力に逆らって

働く筋肉です。

 

首筋、背骨の周りを支える筋肉や下肢の筋肉、そしてまぶたや顔の筋肉も

抗重力筋に含まれます。

 

抗重力筋は寝ているときは弛緩して休み、目覚めると持続的に収縮を続

け、姿勢を整えるとともに引き締まった表情をつくりだします。

 

セロトニン神経が弱ると、抗重力筋の緊張も弱まるので、きちんとした

姿勢を維持するのがつらくなり、ついついゴロゴロしてしまうことが多く

なります。

 

また、表情も目元に力がなくなり、何となくダラッとした印象になって

しまいます。

 

このように、セロトニン神経の働きは私たちの心身に多くの影響を及ぼし

ているのです。

 

セロトニン神経が活性化していれば、頭がクリアになり、元気がみなぎり、

心は安定し、ストレスや痛みに強く、姿勢も表情も引き締まるのです。

 

 

反対にセロトニン神経が弱まると、これとまったく逆の症状が表れてしま

うので、仕事はもちろん生活のクオリティまで下げてしまうことになる

のです。

 

 


応援感謝します

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

 

Pocket

ページの先頭へ