セロトニン神経の達人になって人生の質を向上させよう!

Pocket

あなたの周りに毎日ハードなスケジュールで忙しく仕事をしているのに、

いつも元気な人はいませんか。また、普通の人よりも多くのストレスを

受けているはずなのに、そんな様子は全く見せない人はいませんか。

 

 

社会全般で、活躍している人の多くは朝、ジョギングをしたりジムに

通ったりしています。なかには座禅や瞑想を習慣にしているという人も

珍しくありません。

 

彼らはみな、セロトニン神経の達人なのです。

セロトニン神経の活性化を実践し、その恩恵を自分の身体で実感している

人たちなのです。

 

セロトニン神経を活性化させる効果は絶大です。

 

しかし、決して難しいことではありません。私たちも、セロトニンを高

める秘訣を学びましょう。

 

セロトニン神経を活性化させる秘訣。それはズバリ「太陽の光」

「リズム運動」です。

太陽に合わせた生活はそれが良いことだとおわりいただけるでしょう。

しかし、現代社会の中で生きる私たちには様々な事情でそれができない

ことも数多くあるものです。

 

たとえ太陽の光を浴びる環境が難しくても、諦める必要はありません。

セロトニン神経を高めるもう一つの秘訣、「リズム運動」を行う習慣を

身につければよいのです。

 

リズム運動を取り入れることができれば、ストレスは解消され、生活は

大きく変わります。

 

リズム運動には様々なものがあります。「一定のリズムを刻みながら体を

動かすこと」がリズム運動なので、ウォーキング、水泳、ジョギング、

サイクリング、スクワット、ダンス等々、多岐にわたります。

 

 

セロトニン神経を活性化させるという点では激しい運動のほうがより効果

が高いというようなことはありません。

 

リズム運動は最低5分間行えば、脳の中でセロトニン神経が活性化し、

セロトニンの放出量が増えることがわかっています。

 

リズム運動を行う時間は5~30分で充分です。大切なことは「長時間」

ではなく「長期間」続けて行うことです。

 

リズム運動自体は何を行ってもいいので、自分で楽しみながら続けられる

ものを選んでください。一生続けられる、そういうものを選ぶのがベスト

です。

 

私たちはこんな簡単な方法で、今よりももっと健康で元気な身体を手に

入れるだけでなく、多少のストレスなら、上手に受け流す心身の準備を

整え、ストレスに対して冷静な判断や対処のできる「抗ストレス能力」

を備えることができるようになるのです。

 

 

 

 

 

 


応援感謝します

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

 

Pocket

ページの先頭へ