骨密度を上げるのに牛乳飲んでも無駄ですよ!

Pocket

骨密度が低いと、お医者さんの薬と一緒に

牛乳を頑張って飲む人多いですよね。

 

 

牛乳はカルシウムが豊富だから

というのがその理由。

 

でもそれが理由ならちょっと待って。

 

人間には血液中のカルシウムを

一定にするシステムがもともと

備わっているのです。

 

カルシウムをとるのに牛乳を飲むと

結果として、血液中のカルシウム

濃度が急上昇することになります。

 

すると体は急上昇したカルシウムの

濃度をもとの濃度に戻そうとして、

カルシウムを体外へ排泄してしまいます。

 

その時、余分に排泄が進んでしまい、

元のカルシウム濃度よりも

低くなってしまうのです。

 

カルシウムを摂るために牛乳を

飲んだはずなのに、

カルシウムを減らしてしまう結果

となってしまうのです。

 

じゃあどうすれば良いのか?

日本人は昔から、小魚や海藻、

そして野菜をたくさん食べていました。

 

これらカルシウム豊富な食べ物は

血液中のカルシウム濃度を牛乳のように

急激に上げることはありません。

 

ゆっくりとカルシウムは

体に吸収されていきます。

 

これが昔、日本人に骨密度が

低い人が少なかった理由です。

 

骨密度を上げたければ牛乳を

飲むと逆効果になる。

 

これが本当のことです。

 

かっての日本食を心掛けて摂るようにしましょう。

 

実は牛乳の問題は骨密度だけではありません。

 

ちょっと考えてみてください。

 

自然界の動物で、人間以外に赤ん坊の

ための乳を飲む動物が

他にいますか?

 

どの動物の乳でもその成分は

あくまでも赤ちゃんを成長させるのものであり、

大人の動物を健康にする成分ではないのです。

 

基本的に、乳は大人の動物の

健康増進には役に立たないのです。


応援感謝します

Pocket

ページの先頭へ