骨を強くするための健康法

Pocket

丈夫な骨

 

骨というのは、カルシウムとリンが結合したリン酸カルシウムや、

接着剤の役割を果たすコラーゲン、コンドロイチンなどから作られて

います。

 

骨の主成分であるカルシウムは加齢とともに減少し、骨がもろくなり骨折

しやすくなります。

 

その代表的なものが骨粗しょう症で症状が進むと、ちょっとした転倒や

つまずくことで骨折したり、背骨が脆くなって圧迫骨折などを起こし

やすくなるのです。

 

最近は、高齢者だけでなく若い女性にも骨粗しょう症が増えていて発症

の割合は40歳以上の女性では男性の4倍近い13%にものぼっています。

 

その理由として、女性のほうが骨が細く、食事量も少ないためカルシウム

の貯蔵量が男性より少ないことが考えられます。

 

また、出産などでカルシウムを失ったり、更年期になると女性ホルモンの

分泌が減少することも原因となっています。

 

このまま年をとって、転倒して骨を折ったりすると寝たきりになって

しまう危険が大きい。実際に、骨粗しょう症による大腿骨頚部骨折が、

寝たきり老人になる原因の第2位になっている。

 

骨折予防のためのアドバイスは次の通りです。体内の骨量を維持する

ためには一日当たり600㎎のカルシウムをとらなければなりませんが、

治療や予防効果を考えると800~1000㎎は摂取したい。

 

牛乳やチーズなどの乳製品は確かにカルシウムが豊富な食品ですが、

私個人の意見としては、これらの食品を摂ることを勧めません。

 

血中カルシウムは急激に増えると、体は元に戻そうとしてせっかくの

カルシウムをより以上排泄してしまうのです。それに乳製品の摂取には

体にダメージを与えるさまざまな理由が考えられます。

 

日本人は昔から、小魚や、海藻類、イワシの缶詰などを摂る食習慣が

あります。

 

これらの摂取は血中カルシウムの濃度を急激に上げません。食品からの

カルシウム摂取はこれらのものからにして、不足分をサプリでとること

を勧めます。

 

その際、同量のマグネシウムとビタミンD、コラーゲンも一緒に服用する

ことをお勧めします。

 

女性の方は、辛抱強く骨の弱さを克服する努力をしてください。

 

 

 

Pocket

ページの先頭へ