冷え性を緩和するにはこうすればいい!

Pocket

冷え性2

 

これといった病気もないのに、冷えを感じることを冷え性と呼びます。

 

実際に皮膚温度を調べてみると変わらない場合も多いのですが、自律神経

の働きが鈍って末梢の血管が収縮することが原因と考えられています。

 

ホルモンの働きや精神的な要因が関係しているともいわれていますが、

はっきりとした原因は解明されていません。

 

女性に多く、特に更年期になると冷え性がひどくなるケースが多く

見られます。

 

痩せた人で血圧の低い人は貧血が原因で血流が悪く、全身に十分な

血液が廻らないために、冷え性になってしまうという場合も多く

あります。

 

また、脂肪分の多い肉類や甘いものを食べすぎると血液がドロドロに

なって循環が悪くなり、冷え性になることもあるのです。

 

冷え性という病名は西洋医学にはありません。

 

冷え性そのものは病気ではなく、体質だと言えるのです。したがって

冷え性そのものに対する治療法はありません。

 

しかし、膀胱炎や腎臓の病気を引き起こしたり、不妊症などの原因に

なる場合もあるので、注意が必要です。

 

冷え性解消・予防のためのアドバイスは次の通りです。

 

冷え性の人は普段の生活の中で手足を冷やさないようにするといった

対処と同時に、体を温める食事の内容を考え毎日の入浴や適度の運動、

睡眠をしっかりとるなどの血行促進を心掛けていくことが大切なのです。

 

冬はもちろんのこと、夏でも冷たいものを飲み過ぎない。また、冷房で

体を長時間冷やさないなどの工夫がとても重要です。

 

血流を良くするサプリメントとしては血液をサラサラにする効果のある

EPA、DHCなどN-3系脂肪酸があります。

 

また、アルギニンやイチョウ葉エキス、ビタミンEには血管拡張作用が

あるので有効です。

 

さらに生姜も血液循環を促進して体を温めるので、冬などは夜寝る前

などに生姜湯などを飲んで寝ると暖かくよく眠ることができるのです。

 

 

 

 

Pocket

ページの先頭へ