健康の大敵 便秘解消の健康法

Pocket

yjimage4J90SBTR

 

一般的には、3日以上便の出ない状態を便秘といいます。

 

通常、便の7割〜8割は水分で、残りの2割強が腸内細菌や食物繊維

食べ物のかす、剥がれ落ちた腸粘膜の細胞からなっています。

 

便によって大腸が刺激を受けると、大腸の蠕動運動が活発になり、

スムーズに便が出ます。しかし、便のかさ(体積)が少ないと大腸壁が

便の刺激を受けないために、運動が起こりにくくなってしまいます。

これが便秘の原因なのです。

 

ちなみに、食物繊維が便秘にいいというのは食物繊維には水分を保ち、

便のかさ(体積)を増やす働きがあるからなのです。

 

便秘のために何日も便が出ないままだと残っている便からさらに水分が

吸収されてカチカチに固くなり、ますます排便が困難になってしまう

という悪循環に陥ってしまうのです。

 

その結果、痔や肝臓障害、肌荒れ、アレルギー、高コレステロール血症、

胆石、大腸がん、乳がんなどのリスクが高まります。

 

ちょっと想像してみてください。生ごみが湿度100%、温度36

~37度の環境の中で3日間も放置されていたらどうなるでしょう。

 

つまりこの状態で発生した毒素が、全身に回ってしまうのですから、

色々な病気になってしまうことも納得してもらえると思います。

 

便秘の予防、解消のためのアドバイスとしては、規則正しい生活をして

排便を習慣づけることが第一となります。

辛いからと便秘薬を飲むことを習慣化してしまうと、便秘薬がだんだん

効かなくなってしまうので注意が必要です。

 

起床時にコップ一杯の水を飲むと、胃結腸反射を起こして朝の排便を

促してくれます。そしてしっかりと毎日の水分補給を心掛けることです。

また、ウォーキングなどで腸の蠕動運動を促すことは非常に効果的です。

 

食事面では、食物繊維を多く摂ることが第一です。

 

ペクチン、アルギン酸、コンニャクマンナンなど水溶性の食物繊維と

セルロースやリグニンなどの難溶性食物繊維の両方を摂ることが必要です。

また、乳酸菌とその餌になるオリゴ糖を積極的に摂ることで、善玉菌を

増やして、腸の健康を保つようにして下さい。

 

 

 

Pocket

ページの先頭へ