メタボリックシンドロームの診断基準と治療

Pocket

少し前まではダイエットに関心を持つのは若い女性と相場が

決まっていました。ところが最近はダイエットに取り組む

中高年の男性が激増しています。

 

 

その背景には「メタボリックシンドローム」があるようです。

メタボリックシンドロームとはごく簡単に言うと、内臓脂肪型

肥満に加え高血糖、高血圧、高脂血症のうち2つ以上に

当てはまる、動脈硬化になりやすい状態のことを言います。

 

日本における診断の基準は次の通りです。

 

1.おへそ周りの太さが、男性85㎝以上、女性90㎝以上

2.空腹時血糖110㎎/dl以上

3.収縮期血圧130㎜Hg以上か拡張期血圧85㎜Hg以上の

いずれか、または両方

4.血清中性脂肪150㎎/dl以上か、血清HDLコレステロール

値40㎎/dl未満のいずれか、または両方

1に加え、2から4のうち2項目以上当てはまるもの

 

メタボリックシンドロームの最大の特徴は同じ肥満でも、

皮下脂肪型の肥満ではなく、内臓脂肪型の肥満の人に多く

見られることです。

 

人の体は摂取カロリーが消費カロリーを上回ると、余分なものを

脂肪として蓄積するようになっています。

 

その脂肪には皮膚のすぐ下につく「皮下脂肪」と内臓の周り

につく「内臓脂肪」の2種類がありますが、高血糖、高血圧

そして高脂血症を併発している人に、内臓脂肪型肥満の人が

圧倒的に多かったのです。

 

どうすると皮下脂肪がつき、どうすると内臓脂肪がつくのかは

未だによくわかっていません。

 

ただ統計的に内臓脂肪が多い、多くの人に言えるのは脂の

のった肉や脂肪分の多い乳製品を大量に摂っていること

はわかっています。

 

牛、豚、鶏といった人間の体温より高い体温も持つ動物の脂が

内臓脂肪の生成に関係しているのかもしれません。

 

メタボリックシンドロームの具体的な治療法は従来の「食事制限」

と「運動」という一般的なダイエット法しかないのが現状です。

 

このブログでもおすすめしたケント体ダイエット

などは参考になりますので読んでください。

 

また、一日の食べたものを全て記録しておきこちら

今日のご自分の摂取カロリーを認識しておくことは後で

非常に役に立ちます。

 

病気を患わないで元気に長生きするためにはダイエットによって、

メタボリックシンドロームを克服し、適正体重を維持することが

とても大事なのです。

 

 

 スポンサーリンク

Pocket

ページの先頭へ