40歳を過ぎると太りだす本当の理由とその危険性

Pocket

 

代謝は40歳を過ぎたあたりから目立って落ちてきます。

同時に目立って脂肪が増えてくるのです。

 

その直接的な原因は摂取エネルギーに対し、消費エネルギーが

少ないからなのですが、もとをたどれば、加齢とともに代謝、

すなわち、消費エネルギーが少なくなることに起因しています。

 

それではなぜ、代謝が落ちるのか。消費エネルギーが少なく

なるのか。

 

その根本的な原因のひとつは、意外なほど知られていないよう

ですが、「筋肉量の減少」にあるのです。

 

40歳を過ぎると筋肉量が落ちるため、それによって基礎代謝が

落ち、徐々に体内にため込まれる脂肪が増えるのです。

 

基礎代謝は筋肉量に正比例しています。

 

人間が消費するエネルギーで、もっとも大きな割合を占めている

のが基礎代謝です。その割合は消費エネルギー全体の60%から

75%におよびます。

 

運動などの活動によって消費されるエネルギーは、20%から

30%程度にすぎません。

 

基礎代謝とは生命を維持するために最低限必要なエネルギーのこと

です。つまり、何もしなくても、「普通に生きていれば消費する

エネルギー」のことを言います。

 

「瘦せるためには、運動しましょう」とよく言われます。

 

そのためか、エネルギーを消費するというと、ついつい運動に

よってエネルギーを消費することを思い浮かべてしまうかも

しれません。

 

しかし、実際には私たちが毎日消費しているエネルギーのうち

の、6割以上は基礎代謝が占めているのです。

 

その基礎代謝の6割は、筋肉による熱生産のためのエネルギー

消費にあてられます。基礎代謝が筋肉量に正比例するといったのは

こういった理由からです。

 

ちょっと複雑になったので、ここで一度整理しましょう。

エネルギー消費全体の6割が基礎代謝によるもので、その基礎代謝

の6割が筋肉によるもの。

 

すなわち、0.6×0.6=0.36。 つまりエネルギー消費の36%が筋肉

によるものなのです。

 

40歳を過ぎると代謝に最も大きな比率を占める、筋肉量が目立って

減ってくるのですから、代謝量が落ちるのは当然のこと。

 

そして、この結果脂肪が増えるのも当然のことといえるのです。

 

脂質を消費してくれる一番の消費者は筋肉であり、その筋肉が

減ってしまい、ちゃんと働かなくなったから内臓脂肪が増えるの

たという、根本的な原因を理解したうえでないとその解決策は

見出すことができないと認識してください。

 

Pocket

ページの先頭へ