ダイエットといえば食事制限という常識の危険性

Pocket

 

健康を意識して痩せるためには単に、食事量を減らして脂肪を

減らそうというようなダイエットの考え方ではダメなのです。

 

脂質をエネルギーとして使う筋肉を増やす、少しでも増やす。

そのことによって代謝を上げることが、健康のためのダイエット

には必要なのです。

 

そうと分かっていても、筋肉を増やすというのはやさしいこと

ではありません。私を含め楽をしたいと誰でも思いますから、

摂取エネルギーの減少のほうに目がいってしまいます。

 

悪くはありません。摂取エネルギーに対し、消費エネルギーの

赤字をつくるにはまず摂取分を減らすというのは当然、

考えられることですし、理にかなっています。

 

しかし、食事制限だけのダイエットは、思惑通りに脂肪を落とす

ことができても、同時に筋肉も落としてしまうという点が最大の

問題です。

 

筋肉が減るということは基礎代謝が減ることにつながるからです。

 

基礎代謝は最低でも運動することの2倍のエネルギーを消費する

大きな要素ですから、結果的に筋肉を減らしてしまうダイエット

代謝の低い身体にすること、つまり、「痩せにくい身体をわざわざ

つくり出している」ということになります。

 

それでは、食事制限で筋肉は減るメカニズムを簡単に説明します。

まず、食事を厳しく制限すると、血糖値が下がります。

 

血糖値が下がると、今度は糖質を供給しようとして、コルチゾール

というホルモンが、副腎から分泌されます。これは血糖値を上げる

という働きがありますから、減った糖質は補給されます。

 

どこから補給されるかといえば、主として肝臓と筋肉です。

筋肉の中のたんぱく質を分解して、エネルギーを補給するのです。

 

筋肉をエネルギーの材料としてしまうのです。

 

摂取するエネルギーが少ないのなら、最大のエネルギー消費者

である筋肉を減らして、食事制限によって不足してしまった糖質を

供給するというのは一番理にかなっています。

 

さらに厳しい食事制限を行うと、場合によっては骨まで弱くして

しまいます。骨を分解してエネルギーにするのです。

 

厳しい食事制限は確かに脂肪を減らしてくれます。しかし、

このような乱暴なやり方をしてしまいますと、身体にとって大事

なものも一緒に壊してしまうことにもなりかねません。

 

その結果、もしも食事制限だけで、例えば6㎏体重を落としたと

すると、そのうち3㎏が脂肪で、3㎏が筋肉という配分に

なります。

 

つまり、脂肪の最大の消費者でもある筋肉が、3㎏も減って

しまったということです。

 

一生懸命に食事制限のダイエットを続けても、いつか体重は

減らなくなります。そればかりか、筋肉が減った分の代謝が

低下してしまい、かえって太ってしまう危険性がどんどん

高くなってしまうのです。

 

Pocket

ページの先頭へ