たったの2日間で1歳老けてしまう筋肉の危険

Pocket

 

リバウンドせず、生活習慣病を予防して健康的にダイエットする

方法は筋肉の量を維持、できれば増やして、基礎代謝を向上させ

ながら、脂肪を恒常的に燃やすことです。

 

しかし、その筋肉を増やすというのはとくにこれまで運動をする

習慣のなかった方の場合、それなりの時間がかかります。

 

最低でも2~3ヵ月は筋力トレーニングを続けることが必要です。

 

ところが、逆に筋肉を減らすのは実に簡単です。

大げさでもなんでもなく、それこそ「あっ」という間です。

 

筋肉は30歳位から減り始め、70歳代で約2/3になります。

 

ところが、大腿部、お尻、お腹、背中の筋肉は特に減少が著しく

70歳で、なんと半分になってしまいます。つまり、年に約1%

という速度で減っていくことになります。それでも、5年、10年

が経過して、はじめて、「ああ筋肉が落ちたかな」と感じる

くらいのゆっくりした速度かもしれません。

 

普通に生活していればこの程度なのですが、健康な人に寝た

きりの生活をしてもらうと、実に驚くような結果が出るのです。

 

食事も寝たまま、排泄も寝たまま。すると、わずか1日で0.5%

も筋肉が細くなるのです。2日なら1%も細くなります。

たった2日1年分の筋肉が減ってしまうのです。

 

決して脅かしているわけではなく、筋肉というのはそれだけ

「反応性が高い器官」ということなのです。

 

なぜこのようなことになるかというと、人間の身体はなかなか

うまくできていて、筋肉を使わないのなら、筋肉を減らす

ことで、エネルギー的に有利になろうとするからです。

 

エネルギーの最大消費者である筋肉を減らすことで、省エネ

で過ごせるようにしようという方向へ作用するわけです。

 

年配の人の場合、ただでさえ筋肉が落ちています。

 

その段階で入院してしまったり、手術などをして、数日でも

ベッドに寝かされることになると、足が動かなくなり、

車いすの生活をしなければならなくなることがあります。

 

これも身体のしくみとしては当然のことなのです。

 

実は、20歳代の若い人でも同じようなものです。やはり

手術などで1か月くらいベッドで寝たきりの生活になって

しまうと、簡単には立てなくなります。

 

つまり、老若問わず、それほど、身体のシステム上筋肉は

急激に衰えるものだということなのです。

Pocket

ページの先頭へ