塩分が高血圧、脳卒中の最大の元凶となった理由

Pocket

1950年代に、日本に調査研究に来た米国の学者L・K・ダール博士は

「1日13~14gの食塩摂取をする南日本の人々の高血圧の発症率が

約20%、27~28gと焼く2倍もの食塩摂取をする秋田や青森などの

東北地方の人々の発症率が約40%」という調査結果を得て、「塩分

こそ、高血圧や脳卒中元凶である」という論文を1960年に発表

しました。

 

 

それによって、1960年ごろから秋田県を中心に減塩運動が始まって、

全国に普及し、高血圧と脳卒中が減少していったことから、医学者

や栄養学者たちは「塩分こそ、高血圧や脳卒中元凶である」と

いう確信を持つにいたることになったのです。

 

しかし、よく考えてみれば、東北地方の人々は何も高血圧や脳卒中

になりたくて、塩分を多くとっていたわけではなく、当時まだ

暖房施設が充分ではなかった厳寒の冬を乗り切るための塩分摂取

だったわけです。なぜなら、塩分には身体を温める効果があるから

です。

 

仮にもし、当時充分な塩分を東北地方の人達が摂っていなかったら

高血圧や脳卒中にかかるすっと以前に、風邪や肺炎、リウマチ、

うつ病、ガンなどの「冷え」による病気で、若くして人々は

死に絶えていたかもしれないのです。

 

ダール博士は東北は「寒冷であるために血管が収縮して、血圧が

上昇する」「寒い冬は戸外での労働や運動が不足し、運動不足で

血圧が上昇する」ということを考慮に入れなかったのかも

しれません。

 

こうした理由による減塩運動の結果、東北地方の人達の高血圧と

脳卒中が減少したかに見える点については次のように考えることが

出来ると思います。

 

昭和35(1960)年を境に、高度経済成長が始まり、暖房設備も

普及し、厳寒の冬でも、東北地方の人々は寒さや運動不足から

免れるようになったので、高血圧や脳卒中が減少したのだと考え

られます。

 

Pocket

ページの先頭へ