動脈硬化、高血圧、血栓、結石が起こる驚きの原因

Pocket

血液の汚れを浄化するために身体の自然治癒力が起こす、発疹や炎症を

薬剤で抑えた人や、発疹や炎症を起こす体力のない高齢者や虚弱者

などの血液内では老廃物を血管の内側に沈着させて、血液の中だけは

サラサラに保とうとするメカニズムが働きます。

 

これが、動脈硬化なのです。

 

 

動脈硬化の原因物質はコレステロールや脂肪とされていますが、その他

にも、尿酸をはじめ種々の老廃物、余剰物が動脈の内側に沈着して動脈

硬化が起こるのです。

 

血液は浄化されても、動脈硬化で細くなった血管内にスムーズに血液を

流すためには心臓は力を入れる必要があります。

それが、高血圧なのです。

 

 

西洋医学の問題は根本理由については思いを致さずに、心臓の力を弱

める薬や血管拡張剤を用いて、血圧を下げようとすることです。

 

その結果、一時的には脳卒中や心筋梗塞、高血圧性の脳症や腎症を

防げたとしても、生活習慣を変えない限り、また、血液は汚れます。

 

ある一定以上には血管は細くなれないので、今度は血液の汚れを固めて

血栓を作るか、出血して汚れを体外に出そうとするのです。

 

鼻血にしても、歯茎の出血、胃潰瘍の出血、脳出血にしても、すべての

出血は血液の汚れの結果の病気を治そうとしている反応だと考えられる

のです。

 

胆石は食生活の西洋化とともにピリルビン結石が減りコレステロール

結石が増えています。もともと胆石は胆汁の成分が濃すぎるために、

石という固まりを作って胆汁の流れをサラサラにしようとしている反応

なのです。

 

 

肝細胞で作られる胆汁の原料は血液なので、血液中のコレステロールが

多くなると、コレステロール系胆石ができやすくなってきます。

つまり、胆石の原因もまた、血液の汚れによるものなのです。

Pocket

ページの先頭へ