貴女が風邪を引かないようにこんな方法を提案します。

Pocket

 

この冬、私のお客様は残念ながらたくさんの方が、

風邪を引いてしまいました。

 

風邪がお腹に来てしまい、

2~3日下痢が止まらなかったり、

のどが痛くなって、その後咳が出て、

一か月以上収まらなかったりとか、

なかなか厄介な症状だったようです。

 

私の意見としては、

やはり風邪は初期の段階で食い止めないと、

後々面倒なことになってしまうと思います。

 

それではどうすれば良いのか。

「風邪を引いたかな?」と思ったら、

その段階で葛根湯を飲んでください。

もちろん葛根湯を飲んで

効くには条件があります。

 

それは風邪の初期に、背中がガチガチに凝っていて、

なおかつ汗をかかずに悪寒がする場合です。

 

この状態だと葛根湯は非常に効くと思います。

 

葛根湯は眠くならない風邪薬です。

 

また、薬局で市販されている総合感冒薬は

熱が出るとか、咳が出る、

頭が痛いなどの症状を緩和するだけで、

風邪を引く原因のウイルスに攻撃はしません。

 

葛根湯は間接的ではありますが、体を温めて、

血流をよくして、一時的に自己免疫力を上げて

自分の白血球で風邪ウイルスに

攻撃をすることができるのです。

 

薬ですから、すべての人に効くとは限りませんが、

風邪の初期の有効な薬であることは間違いありません。

 

どうしても風邪を引くことができない場合は

どうすればいいのか。

 

まず、外出から帰ったら必ず、

ウガイ、手洗いを忘れないこと。

 

そして、不規則な生活で寝不足や、

過労にならないこと。

 

また、栄養のバランスの取れた食事を

心掛けることなどです。

 

そうはいっても、なかなかそれが難しい場合、

私はビタミンⅭの大量摂取を進めます。

 

大量摂取といっても一回に1000㎎から

1200㎎のビタミンⅭを一日に

三~五回摂取をします。

 

一日3000~6000㎎のビタミンⅭの

摂取を続けると本当に風邪を引きません。

 

何を隠そう去年の11月から私自身が、

試してみた方法です。

その間、家族は全員、

風邪を引いてしまいましたが、私は大丈夫でした。

 

私だけ冬の時期にもかかわらず元気ハツラツに

過ごすことができたのです。

 

興味があれば是非お試しあれ。

Pocket

ページの先頭へ