体温上昇と筋肉の関係について

Pocket

人間の体内で行われるあらゆる代謝や化学反応、つまり健康と生命を

保つための反応は熱で行われています。

 

ですから人間の身体は「一種の熱機関」として働いているといって

いいでしょう。

 

 

強い寒さに襲われると体温が低下して、死に至ることがあります。

体温が一度低下すると、免疫力が30%以上低下することがわかっている

のですが、体温が下がると次のような様々な症状が出現します。

36.5~37.0度 健康体、免疫力旺盛

 

36.0度 震えることで、熱産生を増加させようとする(寒気を感じる)

 

35.5度 恒常的に続くと

・排泄機能の低下

・自律神経失調症の出現

・アレルギー症状の出現

 

35.0度 がん細胞が最も増殖する温度

 

34.0度 水に溺れた人を救出後、生命の回復ができるどうかの

ギリギリの体温

 

33.0度 凍死する前に幻覚が出てくる体温

 

この体温の40%以上を作り出しているのが、筋肉なのです。

 

体温の9/1を産生している心臓や、赤血球が集まっていて、体温が高い

脾臓にはガンが発生しない理由はこのことによります。

 

逆に周りにしか細胞が存在せず、中空になっているため体温の低い食道

、胃、大腸、子宮、気管支、肺、それに体幹から突出しているために

体温が低い乳房にガンは発生しやすいのです。

 

発熱する前に、身体に寒気(悪寒)を感じ、そのあと身体が震えて体温

が上がり始める。

 

身体が震えるということは筋肉を収縮させて体温を上げようとする身体

のメカニズムなのです。いかに、体温上昇に筋肉が重要かを理解しても

らえる反応だと思います。

 

 

 

 

 


応援感謝します

Pocket

ページの先頭へ