神経伝達物質のセロトニンは95%が腸に存在

Pocket

うつ病の原因はセロトニンという神経伝達物質の不足と大いに関係する

のですが、実はセロトニンの95%は腸に存在するのです。

 

ストレスで胃腸が不調になったり、逆に飲食過多で胃腸が不調になる

と気分がすぐれなくなるというのも、この腸に存在するセロトニン

介して行われていると思われます。

 

 

腸には神経や血管がたくさん存在し、各種ホルモンの産生以外にも、

免疫とも大いに関係しています。

 

腸内には「パイエル版」というリンパ節をはじめ、身体全体のリンパ

組織のうち、およそ70%が存在して、身体の中の免疫力の中心と

なっているのです。

 

この腸をおおって保護しているのが腹筋であり、腹筋が弱く、冷えて

いると、腸も冷えて、今話した精神作用や免疫力も低下してしまいます。

 

逆に、腹筋が強くて温かければ、腸も温まり血行も良くなり、精神状態

や免疫力も良好に保てるといえるのです。

 

昔母親に「お腹を冷やしてはいけない」とよくい言われたのも、腹筋を

冷やすと胃腸、精神、免疫などすべての調子を狂わせることを、昔の

人々は体験的にわかっていたのでしょう。

日ごろから腹巻をしたり、ウォーキングやスクワット、腹筋運動でお腹

を温めたり、腹筋を鍛えて強くすることを心掛けることが、心身の健康

に極めて重要だと思われます。

 

しかし、両足首をひもで縛り、上半身を起こしたり、後ろに倒したり

する一般の「腹筋運動」は相当疲れるし、そもそもその運動自体が

出来ない人も多いのです。

 

そこで、比較的誰にもできる「腹筋運動」の方法をお伝えします。

 

ベッドまたは布団に仰向けで寝た姿勢から、両下肢をそろえて、両膝を

曲げながら、胸の方に近づけて、またもとの位置に戻すという運動なら、

負担も少なく、続けられると思います。

 

10~20回を1セットとして、3~4セット行い、だんだん楽になって

きたら、その回数やセット数を増やしていけばよいでしょう。

 

 

 

 


応援感謝しています

Pocket

ページの先頭へ