「水の飲みすぎ」が老化を早める?

Pocket

あなたは毎日、こんなことをしていませんか。

 

身体はいつまでもみずみずしくありたい。だから、1日2ℓを目標に

してミネラルウォーターを飲んでいる」

「血液がドロドロにならないために、寝る前にコップ一杯のを飲む

のが習慣」

「朝、起き掛けに冷たいをぐいっと一杯。これで目覚めもスッキリ」

「カバンの中にはいつでも飲めるように、いつも何かのペットボトルが

入っています」

 

 

残念ながら、こうしたの飲み方はかえって、老化を促進させてしまい

ます。確かに、老化の敵は乾燥です。しかし、水さえ飲めば体内に十分

に水分が行き渡るというわけではないのです。

 

水は「両刃の剣」的な性質を持っています。

口から摂り入れられた水は胃や腸から吸収されて血液中に入り、最終的

には全身60兆個の細胞に吸収されていきます。

 

しかし、この重要な水は一方でマイナスの一面があるのです。

それは身体が雨に濡れると冷えたり、風呂上がりに十分に皮膚の水分を

拭き取らないでいると湯冷めするという「ものを冷やす」という面なの

です。

私たちの身体の中の細胞や臓器などは突きつめれば「水」と「熱」に

よって働いているのです。(代謝)

 

だから、体温が低かったり、ある臓器や組織、細胞の周辺が冷えている

と、細胞は血液の水分を吸い上げる力が低下してしまうのです。

 

こういう状態ではたとえ飲んだ水が胃腸から順調に吸収されて、全身の

細胞に血液とともに運ばれたとしても、細胞内に水分が吸収されずに、

例えば、皮下の細胞と細胞の間(細胞間質)に水が溜まってしまうの

です。これがむくみになります。

 

「みずみずしい肌」や「若々しい筋肉・骨・内臓」を保つために必要な

水分とは「細胞内の水分」のことで、胃袋、腸管、副鼻腔、肺胞、

皮下の細胞と細胞の間(細胞間質)、血液中、目の水晶体などの水分は

多く存在しても、それは害にこそなれ、若さや健康を保つ要因にはなら

ないのです。

 

私たちの身体は細胞外液が多いと、それを体外に捨てて、少しでも身体

を温めようというメカニズムが働きます。

 

胃腸や腸管に水分がたまっている場合、下痢や嘔吐の症状が出ます。

副鼻腔に水分がたまっている場合、鼻水やくしゃみが出ます。

肺胞に水分がたまっている場合、うすい水様のタンが出ます。

皮下脂肪間質に水分がたまっている場合、むくみが出ます。

血液中に水分が多く存在する場合、高血圧の症状が出ます。

 

これらの症状を緩和するためにも、また老化を防ぎ、若さを保つうえ

でも、細胞内や体内の水分を先に排泄する必要があるということです。

 

 

ではどうやったら、細胞内や体内の水分を大いに出すことができるで

しょう。

 

それは「出す」ために一番重要な臓器である腎臓の働きを促すこと

なのです。細胞内に新鮮な水分を十分に供給するのに、腎臓は大きな

働きをしているのです。

 

 

 

 


応援感謝します

Pocket

ページの先頭へ