老化に「待った!」をかける腎臓を強化する方法 2

Pocket

必要な水分を細胞に取り込ませるために腎臓を強化することが必要

です。腎臓強化に抜群の効果を発揮する飲み物もう一つあります

それは生姜紅茶です。

 

 

漢方には2000年を超える歴史がありますが、その中で、日ごろ使わ

れている百数十種類の漢方薬の70~80%には生姜が使用されて

います。

 

生姜は身体を温め(血流を良くして)すべての臓器の働きを活発化

させ、体内の余分な体液(水の滞り)を取り除くといわれています。

 

現代の薬理学でも、生姜の有効成分はジンゲロール、ショウガオール

などの辛み成分であると特定されています。これらの成分には血流を

促進して、利尿を促し、身体を温め、発汗させる作用が認められて

います。

生姜を日常的に摂れば、腎臓の血流が良くなって排尿が高まり、汗を

かきやすくなるなどの効果が現れるのです。その結果、身体から余分な

水分がどんどん取り除かれ、逆に必要な水分が細胞に取り込まれて、細胞

はみずみずしく若返るのです。

 

生姜の効果を簡単にまとめると

 

1身体を温め、発汗を促して血液、体液の流れを良くする

2尿の出を良くして身体の余分な水分を排出

3気力を高め、抑うつ気分を取り去る

4血小板の凝集力を弱めて、血栓の予防と改善

などがあげられます。

 

いずれも、老化防止には欠かせないことがらばかりです。

 

 

生姜紅茶はこれらの生姜の効能に、紅茶の身体を温める作用、カフェイン

による利尿作用が加わった強力な老化防止飲料なのです。

さらに、ミネラル豊富な黒砂糖(もしくはハチミツ)が加わり、

滋養強壮作用も促進されます。

 

生姜紅茶はこれを飲んでいれば再び潤い、乾燥と老化から脱却できる

これ以上ない飲み物なのです。

 

全身にたまった水分を一掃する「生姜紅茶」

 

(用意するもの)

紅茶、すりおろし生姜、黒砂糖(もしくはハチミツ)適量。自分が一番

美味しいという味にする。

 

(作り方)

熱い紅茶にすりおろした生姜を適量加えて、黒砂糖もしくはハチミツを

入れて甘みをつける。

一日3~6杯ほど飲むとよい。紅茶はティーバックでもよい。

 

 

 

 


応援感謝します

Pocket

ページの先頭へ