体温を36.5℃以上に保ったの身体は病気を治してくれる

Pocket

あなたは風邪の時お風呂に入りますか?

昔は熱を測って37℃あったら入らないほうがいいといわれました。

ところが今では逆のことがいわれるようになりました。

 

つまり、寒気を伴うような高熱のときの入浴は控えた方が安全ですが、

37℃を少し超えるくらいであれば、お風呂に入ってじっくり身体を

温めたほうが風邪は早く治るというのです。

 

 

なぜ身体を温めると風がはやく治るのでしょうか。

それは体温を上げることによって、免疫力が高まるからなのです。

 

私たちの身体を守っている免疫システムは体温と密接に関係して

いるのです。

 

体温が1℃下がると免疫力は30%低下し、逆に体温が1℃上がると

免疫力はなんと500~600%もアップするのです。

計算が合わないと思うかもしれませんが、免疫力が上がるというのは

白血球の数が増えるということではなく、1つの白血球が持つ能力と

精度がアップするということなので、こうしたことが成立するのです。

 

体温が高いと免疫力が高まる理由は2つあります。1つは血液の流れが

良くなること。もう1つは酵素の活性が高まることです。

 

血流が良くなると免疫力が高まるのはそもそも免疫機能を持った白血球

が血液の中に存在しているからです。

 

血液が身体を構成する約60兆個もの細胞に栄養と酸素を送り届け、

かわりに老廃物を持ち帰る働きを担っていることはよく知られています

が、もう1つとても重要な働きがあります。それが免疫システムです。

 

健康な身体の白血球は身体に侵入した細菌やウィルスを駆除して、健康

を保っているのです。

 

でもこのとき、血液の流れが悪かったらどうなるでしょう。

 

白血球は血液の中に存在しているので、血流が悪いと、十分な働きが

できずに免疫機能がウィルスや細菌に負けて、結果的な発病して

しまいます。

 

ですから、体温を上げ、いつも血流を良くしておくことが、免疫力の

向上につながるのです。

 

もう1つの理由、酵素を活性化することも重要です。

ご存知のように、私たちの身体は何をするにも酵素が必要です。

 

酵素とは何かをひと言でいうと、体内で化学反応が起きるときに必要な

「触媒」なのです。

 

細胞が新陳代謝するのも、エネルギーを作り出すのも、突き詰めれば

すべて酵素という触媒を必要とする化学反応なのです。

 

その大切な酵素が活性化するのが、実は体温が37℃台のときなのです。

体温が高ければ高い程、酵素の働きはよくなります。

 

まさに体温が高くなった時に白血球の能力と精度がアップする最大の

理由も、酵素が活性化するからなのです。

 

酵素が壊れ始めるのは最低でも48℃以上なので、人間の体温がどんなに

上がったとしても、酵素が壊れることはありえません。

 

風邪を引いたときに発熱するのも、血行を良くするとともに酵素活性を

高めることで、免疫力を高め、ウィルスを撃退しようとしているから

なのです。

 

ですから風邪のひきはじめにお風呂に入ることは免疫システムが

ウィルスと戦いやすい環境を外から整えてあげることになるので、

風邪がはやく治るというわけなのです。

 

 

 

 


応援感謝します

Pocket

ページの先頭へ