微熱で鎮痛解熱剤を使うことは身体に悪い

Pocket

身体を温めることは風邪に限らずどんなときにも実行してほしい健康法

です。とくに体調がすぐれないときは身体を温めることが大切です。

 

 

ところが、多くの人はこれと対極のことをしてしまっています。

その代表が「風邪薬」です。

 

風邪気味ぐらいで薬を飲むのはかえって身体によくないので絶対に

やめるべきでしょう。

一般的な風邪薬というのは風邪の原因となるウィルスに対処するものでは

なく、諸症状を緩和する薬品成分が色々と含まれたものです。そして、

そうした薬品成分の多くは副交感神経の働きを抑え、交感神経を刺激する

ものなのです。

 

そのため、働きすぎで疲れている人が風邪薬を飲むと、血流がさらに悪く

なり、低体温を招いて、免疫力が低下してしまう危険があります。

 

風邪薬よりさらに悪いのが「鎮痛解熱剤」の服用です。

鎮痛解熱剤のほとんどは交感神経を刺激してしまいます。でも、リスクは

それだけではありません。鎮痛解熱剤が危険なのは文字どおり体温を下げ

る薬だということです。

 

 

熱に弱い人や普段から低体温の人は37℃でも熱っぽいだるさを感じる

ことがあるので、鎮痛解熱剤を服用してしまうことがあります。しかし、

その熱は身体が免疫力を高めてウィルスと闘うために必要な熱です。

 

それを鎮痛解熱剤で下げるということは免疫システムの足を引っ張る

自分の身体に対する裏切り行為となってしまうのです。

 

現在アメリカでは初期の風邪で薬を処方することはほとんどありません。

風邪の時に飲むのは薬ではなく、ビタミンCとマグネシウムぐらいです。

 

ビタミンCはカルシウム、マグネシウムと一緒に働くときが一番効率的

に力を発揮してくれます。

 

そして普段の食生活ではマグネシウムが不足しがちになるので、

ビタミンCの働きを良くするために一緒に摂る必要があるのです。

 

 

 

 


応援感謝します

Pocket

ページの先頭へ