男性の更年期障害の見極め法と対処法

Pocket

男性の更年期障害は女性のように劇的な身体的症状を伴わないため、

自分でも更年期障害になっていることに気付かないことがほとんどです。

 

また、女性には女性特有の病態を専門とする「婦人科」があるのに、

「男性科」がないことも男性の更年期障害を発見しにくくしてしまって

いる原因のひとつです。

 

 

では、どうすれば自分が更年期障害になっているかどうか、知ることが

できるのでしょう。

 

女性の場合、生理が遅れたり、早くなったり、周期が乱れることで、女性

ホルモンが低下してきていることを知ります。

 

実は男性にも、女性と同じように、性ホルモンの低下を教えてくれる指標

があるのです。それは「朝立ち」です

 

朝立ちというのは朝、目を覚ました時に起こっている勃起のことです。

あまり知られていないのですが、男性は寝ている間のかなりの時間帯に、

実は勃起しています。これを「夜間睡眠時勃起現象(NPT)」と

いいます。

 

NPTが起きている時間は若い時ほど長く、20代では全睡眠時間の約

半分、それが40代になると四分の一に、50代では五分の一程度まで

短縮されます。

人間の睡眠は身体を休める「レム睡眠」と、脳を休める「ノンレム睡眠」

が交互に繰り返されますが、NPTはレム睡眠時に起こります。

 

そして、最後のレム睡眠のときに起きたNPTが目覚めた時に認知される、

いわゆる「朝立ち」なのです。

 

このNPTはテストステロンの低下に伴い時間が短くなっていくので、

目覚まし時計を使わずに朝目覚めた時に、朝立ちが起きていなければ、

更年期障害になっている危険性があるといえます。

 

男性の更年期障害になると、たんにメタボになるだけではなく、仕事に

対するやる気が失われたり、異性に対する興味や性欲そのものも低下し

たりしていきます。最近は若い人にもED(勃起不全)によって満足の

いく性交が行えなくなっている人が増加していますが、これもストレス

によるテストステロンの急激な低下が大きく影響していると考えられ

ます。

 

調べたうえで、男性更年期障害の兆候がある場合でも、悲観する必要は

ありません。体温を上げるための努力をしていけば、その過程で男性

更年期障害も改善させることができるからです。

 

 

 

 

 


応援感謝します

Pocket

ページの先頭へ