体温を1℃上げるにはどうすればいい?

Pocket

体温を上げることのメリットは多々ありますが、では、どうすれば体温

を高くすることができるでしょうか。

 

そもそも、平熱が35℃台の人が体温を上げていくことができるのか。

そのように、疑問を持たれる方もたくさんいらっしゃることでしょう。

 

それはできます。体温を上げていくことは可能です。低体温の人でも、

体温を上げていくことで健康な人生を手に入れることができるのです。

 

体温をアップさせる方法は大きく分けて、2つあります。

1つは1日1回、体温を1℃上げる生活を送ることです。つまり、身体を

意図的に温めることを実践するのです。

 

 

例えば、朝起きてウォーキングをする、白湯を飲む、お風呂に入るなど

です。中でも毎晩のお風呂の習慣は重要です。湯船につかるという習慣は

外国ではあまり例を見ないのですが、体温を上げるという観点から見ると

これ以上有効な手段はないくらい、すばらしい習慣です。

1日1回、体温を1℃上げることで得られる恩恵は1日1回、免疫力が

活性化するということです。

 

ただ、もっと望ましいのはもう1つのの方法、つまり、1日1回、体温を

一時的に上げるだけではなく、平熱が徐々に上がっていくような生活を

送ることです。

 

そんなことが本当に可能なら、いったいどうすれば良いのでしょう。

 

それは筋肉を鍛えることです。筋肉を鍛えていくことで体温が恒常的に

上がっていく仕組みが、近年わかってきたのです。

 

体温を作り出すために、より多くのエネルギーを消費する身体にする

には基礎代謝のエネルギー量をアップしなければなりません。

 

消費エネルギーの大半は基礎代謝という生命活動を維持するエネルギー

量で占められるからです。

 

 

そして、基礎代謝のエネルギー生産量は筋肉量に比例するのです

だから、筋肉を鍛えて、筋肉の能力を上げるとともに、その量を

増やしてやれば、平熱が徐々に上がっていくことを実現できるのです。

 

 

 


応援感謝します

Pocket

ページの先頭へ