筋肉量を増やして、体温を上げる健康法

Pocket

体温を上げるもっともよい方法は基礎代謝を上げることです。

基礎代謝というのは何もせずにじっとしていても、身体が消費する

エネルギーのことです。

 

私たちの身体は生命を維持するだけでかなりのエネルギーを消費して

います。

 

成人が1日に必要とするエネルギー量は男性で2000~2200キロ

カロリー、女性で1800~2000キロカロリー程度といわれています

が、1日に必要とするエネルギー量の約60~70%はじつは基礎代謝

なのです。

 

つまり、私たちの身体はエネルギーの大半を基礎代謝として消費して

いるということです。

 

 

食べても太らない人というのはもともと食べても太らない体質なの

ではなく、「基礎代謝が大きい」という体質を後天的に獲得してきた

人なのです。基礎代謝が大きいと、何もしなくてもより多くのエネルギー

を消費するので、同じカロリーを摂取しても太りにくくなるという

ことです。

体温と基礎代謝は正比例の関係にあります。これは基礎代謝の多くが

体温維持に使われているからです。同じ体系の人の場合、体温が高い人

のほうが、基礎代謝は多く、体温が低い人ほど基礎代謝は少なくなり

ます。

 

ではどのくらい違うかというと、なんと体温が1℃低下しただけで、基礎

代謝は約12%も低下してしまうのです。

 

これは1℃体温を上げると、寝ていても毎日30分間ウォーキングする

以上のカロリーを消費する身体になれるということです。

 

では、どうすれば基礎代謝を上下て体温を上げることができるでしょう。

ヒントは基礎代謝は同じ体重の場合でも女性より男性の方が多いという

ことにあります。

 

じつはこの差は男女の筋肉量の差なのです。男性は女性より筋肉の量が

多いため、自然と基礎代謝も多くなるのです。

 

 

筋肉量と基礎代謝量は体温と基礎代謝量と同じく正比例の関係に

あります。なぜなら、私たちの身体の中で「熱(=体温)」を

もっとも多くつくりだしているのが筋肉だからです。

 

つまり、ごく簡単に言えば、筋肉を増やせば基礎代謝は自然と上がり、

基礎代謝が上がれば体温も自然と上がるということです。

 

 

 


応援感謝します

Pocket

ページの先頭へ