食事制限ダイエットは筋肉を減らしてしまうのでダメ!

Pocket

筋肉を増やす最大のメリットは基礎代謝が上がることにより、食べても

太らない身体になることです。

 

ダイエットの正しい知識として、まず知っていてほしいのは食事制限ダイ

エットはよほど頑張らないかぎり内臓脂肪は減らないということです。

 

 

食事制限ダイエットは真っ先に減るのはじつは脂肪ではなく、筋肉と水分

なのです。ですから、食事制限をして1~2キロやせたからといって喜ん

ではいけません。それは脂肪ではなく、筋肉と水分が減っているのです。

 

もちろんダイエットをする場合、ある程度のカロリー制限は必要です。

でもそれはあくまでも過剰なカロリー摂取を控えることが必要なので

あって、最低限必要な栄養素とカロリーは摂取しなければなりません。

 

そうしないと、脂肪ではなく筋肉が落ちてしまうので、かえってやせ

にくい脂肪だらけの身体をつくることになってしまいます。

カロリーを抑えるダイエットで最も怖いのはやせるときは筋肉が落ち、

リバウンドするときはその分が「脂肪」として増えてしまうということ

です。

 

例えば、カロリー制限で体重を3キロ落とし、その後リバウンドで3キロ

体重が増えたとしましょう。そんなとき、多くの人は「もとに戻って

しまった」といいますが、それは違います。身体の中では劇的な変化が

起きています。

 

なぜなら、最初に減った3キロは筋肉ですが、リバウンドで増えた3キロ

は脂肪だからです。

 

体重は同じなのに基礎代謝が低下したということにほかなりません。

それに、筋肉と脂肪では脂肪のほうが軽いので、体重では同じ3キロで

もサイズは太くなってしまいます。

 

体重はもとに戻っただけなのに、どうも服のサイズが合わない、そう

感じたらそれは筋肉が脂肪に変化した証拠です。

 

 

さらに、筋肉が減るということは熱をつくりだす器官がそれだけ少なく

なるということですから、低体温になりやすくなってしまいます。

 

そして、低体温になると、身体の機能が低下するので、やせにくく太り

やすい身体になってしまうのです。

 

過剰なカロリー摂取さえ抑えれば、本来ダイエットにはそれ以上の

カロリー制限は必要ありません。食事制限ダイエットというのは

その意味で非常に危険なのです。

 

そんなことをしなくても、筋肉を鍛え、基礎代謝を上げていけば、

身体は自然とやせていくものなのです。

 

 

 


応援感謝します

Pocket

ページの先頭へ