内臓脂肪を落とす効果的なダイエット法

Pocket

内臓脂肪はたんにスタイルを悪くするだけのものではありません。

アディポサイトカインという、身体にさまざまな悪影響を及ぼす悪玉

ホルモンをつくりだすのです。

 

そんなの内臓脂肪を落とすには脂肪を消費する有酸素運動を定期的に

継続して行うことが必要です。しかし、有酸素運動だけではなかなか

結果が出ないと感じている人が多いのも事実だと思います。

 

 

私たちが1日に消費しているエネルギーの約70%は基礎代謝です。

ということは運動で消費されるのは多く見積もっても全体の30%だと

いうことです。じつはここに、運動だけではなかなかやせない理由が

あるのです。

 

運動によって消費されるエネルギーは30分間のウォーキングをした

場合、約140キロカロリーです。しかも、この140キロカロリーが

すべて脂肪の燃焼につながるわけではありません。

有酸素運動をした場合、糖と脂肪の消費される割合は一対一なので、

脂肪が燃焼されるのは140キロカロリーの半分、70キロカロリーだけ

です。

 

70キロカロリーを脂肪の量にすると、脂肪1グラム約9キロカロリー

なので、わずか8グラムです。

 

さらに、その脂肪もすぐに燃焼されるわけではありません。有酸素運動

で脂肪が燃焼するには時間がかかります。なぜなら、脂肪の脂肪酸とグリ

セロールに分解されてからでないと燃焼されないからです。

 

有酸素運動は30分以上継続して行わないと脂肪燃焼効果がないといわれ

るのは「分解」が行われるまでに時間がかかってしますからなのです。

 

じつはこの分解を速める秘策が一つだけあります。

それは「成長ホルモン」を出すことなのです。

 

成長ホルモンとは脳の下垂体から分泌される人間の成長を促すホルモン

です。そしてこのホルモンは脂肪を分解する働きをも持っているのです。

成長ホルモンの分泌が最も多い10代のころに比べると、50代の分泌量

は1/5以下にまで低下してしまいます。

 

年をとるとやせにくくなるのはこの成長ホルモンの減少が関係している

のです。

 

だからといって、あきらめる必要はありません。

なぜなら、成長ホルモンの分泌量を増やす方法があるからです。

その答えは「無酸素運動」なのです。

 

 

無酸素運動だけでは脂肪は消費されません。しかし、無酸素運動をする

と、成長ホルモンが分泌されるので脂肪の分解が進みます。そして、

一度成長ホルモンが出ると、その分解効果は6時間も持続するのです。

 

筋トレのような無酸素運動を行ってから、有酸素運動を行うと始めてから

わずか5分~10分程度で脂肪燃焼の段階に入ることができるので、燃焼

効率を飛躍的に高めることができるのです。

 

有酸素運動だけを行った場合と、無酸素運動を行ってから有酸素運動を

行った場合では結果にどれくらいの違いが出るのでしょうか。

30分間のウォーキングを例に考えてみましょう。

 

30分間ウォーキングをした場合、消費される脂肪の量は約8グラムで

した。この運動を3日に一度、1年間続けると、約1キログラムの内臓

脂肪を消費することができます。

これに対し、無酸素運動を有酸素運動の前に行った場合は有酸素運動と

時間と回数が同じでも、1年間でなんと約3.5倍、3.5キログラムもの

脂肪を消費することができるのです。

 

 

これほどの違いが出るのは筋トレのような無酸素運動を行うと、3ヵ月目

ごろからは脂肪燃焼効率がよくなるのに加え、筋肉が増え始めることに

より、基礎代謝も上がるからなのです。

 

有酸素運動の前に、ちょっとした筋トレをやるだけで、内臓脂肪を含めた

ダイエット効果にこれだけの差がつくことはよく覚えておいてください。

 

 

 

 


応援感謝します

Pocket

ページの先頭へ