筋肉は量より、筋肉の質を上げる方が大事

Pocket

体温を上げるためにはどの程度の無酸素運動をすればいいのでしょう。

 

「腹筋30回、腕立て伏せ30回、スクワット50回、これを3セット

ずつ」というよな具体的な回数を知りたいと思っていた方には期待はずれ

になってしまいますが、じつは筋肉を鍛えるうえで最も大切なのは回数や

負荷ではないのです。

 

筋肉を鍛えるうえで最も大切なのは「脳から筋肉への神経の経路を

鍛える」ことで、筋肉の質を上げるようにすることです。

 

 

確かに回収を増やしたり、徐々に負荷を増していけば、筋肉は太く発達

していきます。でもそれは「見せかけだけの筋肉」にすぎません。

 

本当の意味での高いパフォーマンスを発揮できる筋肉を身につけるため

には筋肉への神経の経路を鍛えて筋肉の質を上げることがとても重要

なのです。

脳から筋肉への神経の経路を鍛える。それは脳が指令を出してから筋肉

が反応するまでの速度を上げるトレーニングをするということです。

 

具体的にいえば、負荷は軽くていいので、自分の筋肉が発揮できる最大の

スピードで筋肉を動かすということです。

 

例えば、ベンチプレスなら負荷は30~40キロ程度(これは自分が楽に

あげられる重さでいいので、もっと軽くてもかまいません)でいいので、

とにかくそれを最大限のスピードでプッシュアップするのです。

 

このトレーニングはマシンが無くてもできます。

距離は10メートルでも20メートルでも、短くていいので、とにかく

ゴールまで1秒でも早く到達するように全力でダッシュする。

 

これでも神経経路は鍛えられて、筋肉の質を上げることはできます。

 

 

回数は一回でもかまいません。二回、三回と回数を重ねれば、それだけ

効果も高まりますが、回数を行うことによってスピードが落ちるくらい

なら、回数は少なくてもいいので、とにかく今の筋肉がもてる最大限

の能力を引き出すことを心掛けてください。

 

このトレーニングでもっとも重要なのは回数でも負荷でもなく

「クオリティー」です。

 

たんに筋肉を鍛えるだけでなく、ダイエットも行いたい人はこのように

全速力で20メートル走ってから、30分間のウォーキングなり、

ジョギングなりをすると最小限の運動で、最大の結果を得ることが

できるのです。

 

 

 


応援感謝します

Pocket

ページの先頭へ