脳から筋肉への神経経路を鍛える健康法

Pocket

アメリカで神経経路を鍛えることが注目されるようになったのは

ひとつのきっかけがありました。それは、高齢者の車の事故が急増した

ことでした。

 

 

これは加齢とともに脳から筋肉への神経経路が衰え、脳が命令を発して

から、実際に筋肉がその指令を実行するまでにかかる時間が長くなること

が原因です。また、ブレーキとアクセルを踏み間違えるなど、脳の命令を

間違えてしまうのも、同様に経路が衰えることが原因です。

 

脳が危険を察知し、ブレーキを踏むように命令を出してから、実際に足の

筋肉が動いてブレーキを踏むまでの時間を20代と65歳で比較した

データがあります。それによると、時速60キロで走行していた場合、

65歳の人は20代の人が停止した位置から20~30メートルも

オーバーした位置でやっと止まったといいます。

 

しかし、そうした神経経路の能力が衰えた人でも、脳から筋肉への神経

経路を鍛えるタイプの筋肉トレーニングを重ねると、反応の速度と精度が

アップすることがわかっています。

そして、神経経路が鍛えられた筋肉と、神経経路を鍛えず、ただ大きく

しただけの筋肉では神経経路を鍛えたほうが、基礎代謝の増加量があきら

かに大きいこともわかってきました。

 

さらに、脳から筋肉への神経経路を鍛えるということは筋肉のパフォー

マンスを向上させると同時に、脳のパフォーマンスを上げるトレーニング

になるのです。筋肉をつけるトレーニングをすることが、同時に脳トレ

になるということです。

 

1980年代のアメリカでは運動といえば有酸素運動が主流でした。

25分間運動すれば脂肪が燃焼されるということで、若い人から高齢者

まで、健康促進のためにと、さかんに有酸素運動が行われたのです。

 

しかし、有酸素運動をいくらしても、高齢者の車の事故は一向に減りま

せんでした。そこで運動効果が新たな側面から検証されることになり、

90年代半ばごろから、無酸素運動で筋肉を強化することが、事故防止と

同時に、老化防止にもつながるという研究結果がではじめたのです。

 

アメリカではこうした研究成果を踏まえて、筋肉を鍛えることが国家

レベルで推奨されました。その結果、今では筋肉を鍛えることが、身体に

とっては体温アップにつながり、脳にとってはボケ防止になり、日常生活

では事故防止につながるという知識が一般の人達にまで広く浸透して

きています。

 

 

日本でも「脳トレ」ゲームがヒットしましたが、室内で一人静にゲームを

繰り返すより、筋肉トレーニングをする方が、脳の受ける刺激ははるかに

大きいものとなるのです。

 

 

 


健康法ランキング

Pocket

ページの先頭へ