加圧トレーニングに近い効果のスロートレーニングとは

Pocket

スポーツジムやテレビで効果的な筋肉トレーニング法として「加圧トレー

ニング」が紹介されています。

 

そしてさらに、スロートレーニングが加圧トレーニングに近い効果を

持っているとして注目されています。

 

まず、加圧トレーニングとはベルトなどで筋肉に流れる血液を制限した

状態でトレーニングすることによって、無酸素運動の効果を引き上げる

トレーニング法です。

 

 

無酸素状態で運動すると、筋肉には「乳酸」という疲労物質がたまり

ます。じつはこの乳酸がとてつもない威力を発揮するのです。

 

どういうことかというと、筋肉に乳酸がたまると、それに対してフィー

ドバックメカニズムが働き、脳にその情報がいくことによって、下垂体

から成長ホルモンが分泌されるのです。

 

ごく普通の筋トレを行っても成長ホルモンは出るのですが、乳酸がたま

ったという情報が脳に行くと、成長ホルモンの分泌量が何百倍という

驚くべきレベルで急増するのです。

じつはこの成長ホルモンの急増こそが、加圧トレーニングの効果の正体

なのです。成長ホルモンは筋肉の増加を促進させるホルモンなので、成長

ホルモンの量が多ければ多いほど筋肉は大きくなりやすくなります。

 

つまり加圧トレーニング血行をわざと止めることで、無酸素状態をつくり

だすとともにエネルギーの供給をストップさせ、乳酸をより効率よく出さ

せることで成長ホルモンを最大限に引き出し、筋肉を増やすのです。

 

加圧トレーニングは個人で行う場合にはデメリットもあります。

 

それは、血流を制限して行うので、専門のトレーナーについて行わないと

危険が伴うということです。血流を止めすぎると血流障害を起こしたり、

ひどいときには血栓ができたりして、命に関わる危険すらあります。

 

そこでお勧めしたいのが、加圧トレーニングに近い効果をもちながら、

家庭で一人でも安全に行える「スロートレーニング」です。

 

スロートレーニング、通称「スロトレ」とは文字どおり非常にゆっくり

としたスピードで行う筋肉トレーニング法です。

 

具体的にいうと、一回のスクワットを1分間ぐらい時間をかけて行うの

です。まず30秒ぐらいかけてゆっくり腰を落とし、また30秒ぐらい

かけてゆっくりと元の位置に戻す。これを呼吸回数を減らし、できるだけ

無酸素に近い状態で行うのです。

 

このくらいゆっくるとした速度でトレーニングを行うと、筋肉はそれを

負荷の大きな運動だと錯覚します。そして、負荷が大きいと錯覚した

筋肉は乳酸がたまったときと同じように、脳に「成長ホルモンをたくさん

出してください」とフィードバックを送るのです。

 

その結果、脳の下垂体から、乳酸がたまったときと同じくらいの成長

ホルモンが分泌されるというわけです。

 

スロトレは血流を制限しないので、一人でも安全に行うことができます。

トレーニング量の目安としては1分間一回のスクワットなら、自分の体力

に合わせて10回から15回ほど行ってもらえれば、かなりの筋肉増強に

つながります。

 

 

もし10回なんてきつくてとてもできないという人は3回でも5回でも

いいので、できる回数から徐々に増やしていくとよいでしょう。

 

 

 


健康法ランキング

Pocket

ページの先頭へ