紫外線にあたる健康法はとくに女性におすすめ

Pocket

紫外線はお肌に有害だといわれて、美肌のためには紫外線を避けなければ

ならないと、まるで強迫観念のように紫外線を怖がる女性がたくさん

います。もちろん紫外線のデメリットは存在するし、危険もあります。

しかし、ここには一つの問題があります。

 

 

それはカルシウムというのはいくら食事で摂っても、それだけでは血中

カルシウム濃度があまり上がらないということです。

 

食事に含まれるカルシウムが腸から吸収され、血液に取り込まれるため

には「活性化されたビタミンD」が必要です。さらに活性型ビタミンD

は血中カルシウムが骨に定着するのにも必要となるのです。

ここで注意してほしいのはただのビタミンDではなく「活性化された

ビタミンD」でなければダメだということです。

 

ビタミンDは食事やサプリメントで摂ることができますが、それらは

すべて不活性なビタミンDです。カルシウムの吸収をするためには

この不活性のビタミンDを身体の中で活性化させなければいけないの

ですが、この活性化に必要不可欠なのが「紫外線」なのです。

 

つまり、いくらカルシウムの豊富な食事をしても、陽に当たらなければ

ビタミンDが活性化しないので、せっかくカルシウムの豊富な食事をして

も骨は丈夫にならないということなのです。

 

丈夫にならないどころか、腸から吸収されないカルシウムはそのまま体外

に排出されてしまうため、カルシウムの豊富な食事をしても、血中カル

シウム濃度が上がらず、正常値を保たなければならない身体は結局骨を

溶かしてカルシウムを補充しなければならなくなり、骨がどんどんスカ

スカになっていってしますのです。

 

ですから特に女性の場合、成長期の子供と同じくらいに、充分な紫外線が

必要なのです。

 

女性はホルモンの関係から、更年期になると男性よりも骨粗しょう症に

なりやすいので、それを防ぐためにも若いときから充分陽に当たり、強い

骨をつくっておくことが必要です。

 

女性はシミができるといって、紫外線に当たることを極端に嫌う人が多い

のですが、どれほど美しい肌をしていても、骨が弱くなって杖を使わな

ければ歩けないようでは台なしです。

 

 

いくらカルシウムを摂っても、ジムなど室内だけでトレーニングをして

いたのでは骨は丈夫になりません。

 

 

日焼けやシミが気になるという方はサングラスをかけたり、帽子をかぶる

など気になる部分のUVケアをなさってください。その状態でも陽に当た

れば、ビタミンDを活性化させることが充分にできます。

 

 


健康法ランキング

 

 

 

Pocket

ページの先頭へ