熱中症を避けるための抜群の対処法

Pocket

夏場の熱中症は誰もが気を付けなければいけないことです。

 

一度熱中症になってしまうともとの体調に戻るまで、年齢が高ければ

高いほど、多くの時間がかかります。

 

体温を上げることは身体にとって絶対的に良いことなのですが、夏場の

ように外気温が高いときに運動すると、大量の汗をかくために、水分と

ミネラル分が身体から失われすぎてしまい、熱中症をおこす危険性が高く

なるのです。

 

 

熱中症は対処が遅れると命にもかかわる危険な病態です。

ただ、ここできちんと理解してほしい問題は体温を上げることではなく、

水分とミネラル分が失われてしまうということなのです。

 

夏場の水分はのどが渇いたと自覚する前に摂ることが必要です。のどが

渇いたと感じてから水を飲むのでは遅すぎます。ある程度、時間を決めて

定期的に水分摂取をすることが必要です。

また、身体の中の水分が足りているかどうかをチェックする際の目安と

なるのが、尿の色です。

 

身体に充分な水分があれば、尿は透明に近いごく薄い黄色になります。

そして、体内の水分が減少すればするほど色が濃くなっていきます。朝、

寝起きの尿の色が日中のものより濃いことにお気づきだと思いますが、

あれは睡眠中は水分補給ができないため、体内の水分量が減少した結果

なのです。

 

ですから、尿に色がついているなと思ったら、充分な水分を摂って

ください。

 

でも、熱中症を予防するためには水分の補給だけでは不十分です。

 

汗がしょっぱいことからもわかるように、汗には大量のミネラルが含ま

れています。この汗として失われるミネラル分を水分と一緒に補わなけ

れば、水分を充分に摂っていても熱中症になってしまいます。

 

汗で失われる水分とミネラル分を一緒に補うのに最も適しているのは

「アイソトニック飲料」つまりスポーツドリンクといわれるものです。

 

しかし、市販のスポーツドリンクには糖分が大量に含まれているという

問題があります。

 

そこで、お勧めしたいのが水の摂取に加えて「梅干し」と「バナナ」を

摂るということです。

 

 

熱中症につながるナトリウムとカリウムの欠乏を、効果的に補うことが

できるのです。梅干しはナトリウムを、バナナはカリウムを豊富に含み

ます。

 

夏に外に出る前や運動をする前に、梅干しとバナナ、そして充分な水を

摂っていれば、熱中症を予防することができるのです。

 

熱中症になってしまってから、水分や梅干を口に入れても効果は全く

ありませんので、念のため。

 

 


健康法ランキング

 

 

Pocket

ページの先頭へ