スタイルを良くして、基礎代謝を20%もアップさせる健康法

Pocket

筋肉を鍛えることは身体にいいことだといっても、女性らしい美しい

スタイルが失われるのは嫌だという人は多いでしょう。

 

そういう人も含めて是非お勧めするのが、トレーニングのときに鍛えたい

筋肉に意識を集中させるというトレーニング法です。

 

 

たとえば、通常全く意識しないでベンチプレスや腕立て伏せを行うと、

うでの筋肉が発達します。しかし、まったく同じことをしても、胸の筋肉

(大胸筋)に意識を集中して行うと、そこの筋肉が鍛えられるので、腕は

太くならずにバストアップが実現するのです。

 

同じ理由で、ウォーキングやジョギングをするときも、腹筋やお尻の筋肉

に意識を集中させれば、ウエストを引き締め、ヒップアップを実現させ

ながら、足が太くなるのを防ぐことができます。

じつは、体型を決定するのはどんな運動をするかではなく、どこの筋肉に

意識を集中させるかなのです。

 

そこで、男性にも女性にも実践してほしいのが、日常生活の中で、コア

マッスル(体幹支持筋群)を意識するということです。

 

コアマッスルとは首から肩、背中、腰に及ぶ文字どおり姿勢を保持する

のに使われる筋肉です。よく姿勢がいいとか、背筋が伸びているといい

ますが、コアマッスルを意識するというのはまさに腹筋を引き、背筋を

伸ばすということなのです。

 

私たちは普段、真っすぐ背筋を伸ばしているようで、実は伸ばしていま

せん。椅子に座っている時も腰や背中が曲がっている人がほとんどです。

歩いているときも、意識して背筋を伸ばしている人は多くないでしょう。

 

意識しないでいると、コアマッスルはどんどん衰えていきます。

コアマッスルが衰えると、猫背や肩こりといった症状が現れ、それを放

っておくと年をとったときに腰が曲がってしまいます。

 

反対に、コアマッスルが鍛えられると、姿勢がよくなるので、それだけで

若々しく見えます。実際にそう見えるだけでなく、血液の循環がよくなる

ので、新陳代謝の活発な基礎代謝の高い若々しい身体になります。

 

コアマッスルを鍛えるにはいつも姿勢をよく保つように意識すること

です。座っているときの姿勢維持のコツは両肩を少し後ろに引くような

感じで胸を張ること。歩くときのコツはそれに加え腹筋を引き、同時に

お尻の穴を引き締めるような意識を持つことです。

 

とくにお尻の穴をキュッと締めるのはとても効果的です。

 

最初はとてもつらく、ついつい筋肉を弛緩させることが多いと思い

ますが、続けていくうちにコアマッスルが鍛えられて基礎代謝も上がり、

自然とよい姿勢が保てるようになっていきます。

 

姿勢をよく保つ、たったそれだけのことで、身体には絶大な効果があり

ます。コアマッスルが鍛えられると、それだけで基礎代謝が20%も

アップするといわれています。

 

筋肉の中でも特にコアマッスルを鍛えることは健康で美しい身体を手に

いれる最も効率の良い方法であるとともに、代謝の高い、太りにくい身体

をも手に入れることができるということです。

 

 

 


健康法ランキング

 

 

 

Pocket

ページの先頭へ