運動が必要な本当の理由!

 

いつの間にか身体のあちこちが痛い、しわが増えた、

昔のように体が動かなくなった。

歳を重ねると誰でも経験することです。

 

だからといって、「もう年だからしょうがない」と

諦めてしまったら、あなたは老化の坂道を一気に下る

ことになるのです。そしてその先は・・・

もう説明する必要もないでしょう。

 

老化を予防して若さを保つための全体的健康法は存在します。

そしてその重要な要因の一部として身体を動かす、運動

あるのです。

 

なぜ運動老化を予防して若さを保つのに必要なのかを

お話しします。

 

私たちの身体のあっちこっちで、絶えず古い細胞を破壊

し続けています。目的はひとつ、新たな成長のためです。

 

新しい細胞を育てるために、疲れた細胞を破壊しているのです。

 

脾臓という臓器はもっぱら血液細胞を破壊している。

骨を破壊することだけを役目としている細胞もある。

 

ここで肝心なのは古い細胞を破壊する以上のスピードで、新しい

細胞を育てることです。

 

そして、ここに運動がかかわってくるのです。

 

筋肉が身体全体の成長を化学的にコントロールしていることは

広く知られています。

 

神経が筋肉に「働け=収縮せよ」という指令を送るときは

同時に(筋肉がすり減ることを予想して)新たな筋肉を作れ

という信号も発しています。

 

そうすることで常に、筋肉全体の育ちと衰えのバランスをとって

います。

 

この2種類の信号は次いで身体の各部にも送られます。

 

もしも育ちの信号が十分に強ければ、それは衰えの信号を圧倒し

身体はせっせと筋肉や心臓、血管、骨、関節などを

作り始めます。

 

言い換えれば、運動は信号の送信係といえます。

 

身体全体に信号が発せられる。そして体内で無数の化学反応が

起き、疲れた筋肉や関節の強化・修復作業が始まります。

 

この信号は脳にも伝わるから、運動をすればするだけ脳も

元気になります。そして、全身が若くなる。

 

免疫系統が強化され、よく眠れるようになり、贅肉が落ち、

脂肪が燃やされる。

 

しかし、筋肉をあまり使わず、運動をしていなければ、

衰えの信号が勝ってしまい、身体は加速度的に老化して

しまうのです。

 

運動すると筋肉から酵素とタンパク質が血液に流れ込み、

そこで炎症が起きます。これは猛烈な化学反応です。

 

すると白血球が現場に急行し、用済みの組織を壊し始めます。

 

実は白血球はウィルスや細菌と戦う以外に、傷ついた肉体の

一部を毎日のように破壊し、若い肉体が入り込む場所を確保

する役割もあるのです。

 

運動して、筋肉に短期のストレスを加えるとこの仕組みは

実にうまく働きます。

 

破壊が起き、すぐに成長と修復が続く。

 

運動した後に筋肉が痛むのは筋肉が炎症を起こすからで、

その炎症が自動的に修復作業のスイッチを入れるのです。

 

継続的に運動をしていくことは、身体の衰えのスピードを

超えて身体の修復・強化がなされるということで、

それはまさしく、老化を予防して若さを保つということに

つながるのです。

 

 


応援感謝します

 

 

 

本当のしあわせは健康がベース、しあわせ実現の方程式

しあわせの感じ方の基準は人それぞれ。素敵な恋人ができれば。子供が

有名校に合格できれば。今の会社で出世ができれば。宝くじが当たれば。

等々その例の多様性、豊富さにはキリがありません。

 

g

 

しかし、こうした基準を分類して突き詰めていくと最終的に4つの

要因に集約されます。1.健康2.経済3.愛情4.精神の4つです。

 

私たちはこれら4つの要素とバランスからしあわせを感じているのです。

誰でもこの4つの要素はしあわせに必要と感じています。でもその比重の

置き方の違いということが基準の多様性を作り出しているのです。

 

いつまでも若々しく健康で元気でいたい。

他の人よりも多くのお金を得て、楽しくおかしく人生を過ごしたい。

家族でも、恋人でも、友人でも、職場の仲間でも皆から愛され、愛して

人生を過ごしていきたい。

この世に生を受けて生きていく自分の使命を自覚して、何事にも挫けずに

チャレンジすることを楽しむ精神をもって生きていきたい。

これらの希望を持つことは人間として当然のことです。

 

私は考えます。

好きなことは何でもできる。好きなものは何でも買えるだけのお金が

あっても、その使い道が回復の見込みのない病気に対する高額な医療費

だけだとしたらあなたはしあわせですか。

私は考えます。

みんなからあなたがどんなに愛されていても、またあなたがどんなに

みんなを愛していても、体から自由に動くことを奪われていたとしたら

不治の病を抱えてしまったとしたら、それを乗り越えてもう一度しあわせだと

感じることができるようになるには多くの葛藤があるだろうことは容易に

想像ができます。あなたがもしそうなら必ず乗り越える力を持っています。

私は考えます。

そもそも肉体が不健康で自分の体を大切にする必要を感じることが出来ない

人に健全な精神というものは宿るのか。

 

こうして考えていくとしあわせのベースはやはり第一に健康ではと思い

当たるのです。「体の老化を受け入れなさい」と私たちは言われ続けて

きました。ただ年齢と習慣に任せて流される生き方では健康をいつまで

維持できるか、完全に運まかせになってしまいます。

好きなものを好きなだけ食べたり飲んだりしていても健康は運まかせです。

運動不足、飲酒や喫煙、ストレス、不規則な生活サイクル、睡眠不足など

健康の脅威が私たちが生きていくうえで星の数ほどもあります。

これらの脅威にたださらされているだけでは健康を確保することに何の

プラスにもなりません。健康は今や勝ち取るべきものなのです。

 

人生は理不尽なことが多いものです。生まれつき難病を抱えていたり

障害を抱えていたり、不治の病を患う方も多くいます。その方たちも

当然しあわせになって欲しい。だけれど、今の私はその回答を残念ながら

持ち合わせていません。だから余計に普通の方々が健康で元気な生活を

送る努力をするべきなのでは。と思ってしまうのです。

 

人生において今現在、希望の持てない状況の方も多くいらっしゃいます。

でも、しあわせになることは私たちに与えられた権利なのです。

お金は大切です。お金さえあれば多くの私たちが抱える問題を解決する

ことが出来るのは事実です。だからお金を稼ぐためにも、まず、健康を

手に入れることが先決なのです。

 

 

健康を手に入れることができれば、人生に前向きになれます。そしてそれは

自信になるのです。続いてあなたが所得を増やすことができれば、人生を

生きていく意義に気付くかもしれません。そしてそれも自信に繋がります。

こうなれば、きっと愛情も精神も充実したものになっていくでしょう。

 

私たちが健康をベースにしあわせになることは私たちに与えられた権利

なのです。今こそこの権利を一緒に行使しましょう。

 

 


応援感謝します

 

 

 

痴呆症の克服健康法

痴呆症イメージ1

 

近頃、物覚えが悪くなった。人の名前や物の置き場所を忘れてしまう。

これらは誰にでも経験があることです。原因は生理的な老化現象による

もので、加齢とともに神経伝達機能が低下してくることに由来します。

 

人間の脳細胞は約140億個あると言われていますが、40歳を過ぎる

と一日5万から10万個の脳細胞が死滅していきます。年とともに物忘れ

が多くなるのも、仕方ない面が多々あります。

 

しかし、今日わが国では65歳以上の高齢者の28%、862万人が

認知症認知症の予備軍だと推計されています。この数字で、不安に

なる人も多くいると思います。

 

単に物忘れといっても判断力や思考力はしっかりしていて、日常生活には

何の支障もない「健忘」と老人性痴呆による物忘れでは、当然その性質

は異なります。

 

痴呆の場合、今日が何曜日なのかという時間の見当や自分のいる場所が

わからないなど「見当識」に障害が現れてくるのがその特徴です。

 

老人性痴呆の場合は、これを放置しておくと進行が早まってしまします。

 

不安を感じたら、早急に専門医の診察を受けることをおすすめします。

 

老人性痴呆症には2つの種類があります。一つは脳の神経細胞を養う

末端の毛細血管が何か所も詰まり、その先の脳細胞が死んでしまうことで

脳の働きが低下する脳血管性痴呆

 

もう一つは脳全体が委縮することによって起こるアルツハイマー型痴呆

 

この両方が併発する場合もあります。

 

脳血管性痴呆の場合、症状が段階的に進み脳の働きがある部分では非常に

しっかりしているなど、痴呆がまだら状に現れます。

 

一方、アルツハイマー型痴呆は症状がなだらかに進行していくのがその

特徴です。

 

「健忘」の方が、予防のために摂るサプリメントは物忘れに特に有効だと

言われるビタミンB₆。

 

神経伝達物質のアセチルコリンを作る働きのあるホスファチジルセリン。

 

脳の毛細血管の血流を良くするイチョウ葉エキス。

 

これらを併せて摂ることが将来にわたり有効な予防策になります。

 

 

 

更年期トラブル解決がしあわせへの第一歩

森林5

 

更年期とは閉経をはさんで前後10年間のことをいうのですが個人差

が大きい。

 

更年期に入ると、ほてり、のぼせ、発汗、肩こり、肌荒れ、不眠

いらいら、憂うつなど様々な不快な症状が現れます。

 

主な原因は女性ホルモン分泌のバランスの乱れ。加齢とともに卵巣

の機能が衰えてきて、卵胞ホルモンなどの女性ホルモンの分泌が減って

きてしまいます。にもかかわらず、ホルモン分泌の中枢の下垂体から

卵胞を刺激する卵胞刺激ホルモンの分泌は続きます。

 

下垂体から刺激が出ていても卵巣がそれに対応できないというアンバランス

な状態が続き、自律神経のバランスが崩れてしまい、不快な症状が現れる。

 

これが「更年期障害」のメカニズムなのです。

 

女性ホルモンの減少は30代半ばから徐々に始まります。30代、

40代の過ごし方も、更年期をうまく乗り切れるか否かに大きく影響します。

 

過激なダイエットやストレス、喫煙睡眠不足などでホルモン分泌の乱れが

続くと、卵巣機能の衰えを促し更年期を早める結果になります。

 

さて、更年期の症状を改善する方法を考えましょう。まず第一に女性

ホルモンの減少を補いましょう。それには大豆イソフラボンを含む豆腐

などの大豆食品や、それらを含むサプリメントを摂ることです。

 

次に、血液浄化作用のあるビタミンCや、骨密度向上の強い味方である

カルシウムも摂ったほうがいいでしょう。自律神経の乱れを整える目的で

高麗人参。ほてりや寝汗などの不快な症状にはビタミンEが良いでしょう。

 

さらに、イライラや憂うつが顕著な方にはビタミンB₆をお勧めします。

 

 

 

 


健康法ランキング

 

 

 スポンサーリンク

中高年女性のためのしあわで健康チェックポイントは?

ウォーキング1

 

多くの中年女性が健康上の問題でまず突き当たるのは更年期障害です。

 

更年期についてはまた詳しく説明するので詳細は省きますが、多くの不快

な症状が現れるのが特徴です。

 

卵胞(なんぽう)ホルモンをはじめとする女性ホルモンはコレステロール

値や血圧の上昇を抑える働きがあるので、女性は男性に比べて生活習慣病

にかかりにくいと言われています。

 

しかし、更年期に入るとこれらのホルモンの分泌が減少するので、女性

も生活習慣病に以前よりもかかりやすくなってしまうのです。

 

したがって、体の不調があっても「更年期障害だ」と安易に自己判断

するのは危険です。

 

卵胞ホルモンは毛髪の寿命を延ばす働きを持っていて、更年期に入ると

その減少とともに抜け毛が増える傾向にあります。

 

髪の毛を美しく保つにはプロテイン、ビタミンB₅,A,E亜鉛

グルコサミンの摂取が効果的です。

 

また、卵胞ホルモンにはコラーゲンの合成を促進する作用もあるので、

分泌が減るとコラーゲンの量も減少し、肌のしわやたるみが気になるように

なってしまいます。

 

そこで、コラーゲンの合成に必要なプロテインやビタミンⅭ、鉄などを

積極的に摂ることが肌のハリを保つコツになります。

直接コラーゲンのサプリメントをとってもいいでしょう。

ビタミンA,C,Eはシミの改善に効果があります。

 

骨がもろくなる骨粗しょう症は、中年以上の女性に非常に多い病気。

これも、卵胞ホルモンの分泌量の低下が原因なのです。

予防のためには若いうちからカルシウムをはじめとする栄養素をたっぷり

摂っておくことが一番。しかし、すでに骨密度が低下してしまった人は

カルシウムを摂取することが一番重要なのですが、カルシウムの吸収を

促進するビタミンDやK、さらにマグネシウムも併せて摂ってください。

とっても重要ですよ。

 

健康しあわせ生活で膝、腰の痛みを軽減

 

ウォーキング10

 

ある日こんな相談を受けました。

 

「2週間前くらいに、階段を下りている時に左の膝が突然痛くなった。

その日一日痛みが続いた。今までそんな経験はなかったので、どうしよう

かと思ったけれど、お医者さんに行くのも嫌なのでそのままにしていたら

痛みは引いて今は何ともない。放っておいてもいいかしら」と。

70代後半の女性の方からの相談でした。

 

膝や腰に痛みを感じるのは軟骨が長い年月の間に消耗してしまうことが

その大きな原因の一つとされています。高齢になれば多くの方々が経験

していることです。

 

対処の仕方は今まで一度もヒアルロン酸注射をしたことがなければ、

まず、お医者さんに相談をして診断をしてもらったうえで、注射を試す

ことを勧めます。ただこれで良くなる方は10人中2~3人でしょうか。

 

次に良くならなかった時の改善策を5つ提示します。

1.食事でイワシの缶詰を食べるようにする。缶詰は骨まで食べれます。

小魚をまるごと食べるのもよし。骨は骨で補うということです。

 

2.例え痛みがあってもできれば歩く努力をする。人間の体は刺激がある

部位の不足を補うようにできている。歩いて刺激を与えると不足する

軟骨を補うようにちゃんと脳から指令が出るようになっています。

 

3.グルコサミン・コンドロイチン・ヒアルロン酸のサプリメントを

摂る。上記三つの成分が最低でも入ったものが良いでしょう。

 

4.入浴のあと布団の上で足の体操をする。簡単な体操で時間にして

5分もかかりません。

 

5.痛みが出ているときや違和感を感じているときにはお煎餅やお餅

などのもち米を食べてはいけません。昔から言われていることで、

膝・腰の痛みを悪化させます。

 

上記5つの方法をなるべく同時に試してください。

 

かなりの確率で膝や腰の痛みは改善すると思います。

 

また、これだけの方法を試しても、改善しなかった場合でも諦めないで

ください。

手術をしなくてもあなたに効果のある方法は探せば必ず存在します。

大切なことはいろいろな方法を試して、あなたに合う方法を見つけ出す

ことです。

 

 

以上が相談に対するお答えの概略です。

 

 

 

美容とアンチエイジングの健康しあわせビタミンサプリ

 

りんご1

 

体を元気にする一つの方法は食べたものから

体を動かすエネルギーを

上手に作り、細胞の作り替えを上手に行う。

 

抗酸化力を向上させながら体の免疫力を上げ、

体を温めて正常な排泄をする。

 

コラーゲンの産生を促して、しっかりした体を作る。

 

自分の体をこうゆう状態にする助けになるのが、

ビタミンB₁・ビタミンB₂・ビタミンB₆

などのビタミンB群と

ビタミンⅭとビタミンEの摂取です。

 

もちろん健康を増進するための生活習慣の修正、

例えば睡眠不足や生活の乱れの改善努力

過度のストレスや不安、心配、恐れの解決努力

食べ過ぎや偏食でカロリー過多の

栄養不足状態になっている食事の是正

は前提条件として必要です。

 

しかし、現代社会においてこの条件を

100%満足させることはなかなか難しい。

 

ビタミン摂取は健康回復、

健康増進に有効なのです。

 

私は疲れの予防、免疫力アップ、末端血液流の改善、

肌の艶向上の目的にビタミンB群、ビタミンⅭ、

ビタミンEの摂取を2年半続けていますが、

毎日元気に風邪も全く引きません。

 

エネルギー代謝の向上で体力も

アップしたように思います。

 

私のビタミン処方を参考にお伝えします。

 

ビタミンB₁ 80㎎

ビタミンB₂ 60㎎

ビタミンB₆ 60㎎

ビタミンⅭ  1200㎎

ビタミンE  400IU

 

ビタミンⅭ  1200㎎

 

夕方

ビタミンⅭ  1200㎎

 

これはあくまでも私個人の意見です。

 

ビタミンⅭの大量摂取は健康と免疫力アップに

非常に有効だと私は感じています。

 

ビタミンBやビタミンⅭは水溶性なので、

多くとってもおしっことして

排泄されてしまうので安心です。

 

ビタミンEは油溶性ですが

これくらいの分量なら問題になりません。

 

この2年半の間、これらのビタミン類が

間違いなく私自身の老化の遅延と

健康増進に寄与していると実感

しています。

 

 

 

 

 

元気長生きを実現するサプリメントの有効活用

サプリメントというものは食事を補うもので、食事そのものに取って

代わるものではありません。適切な食事をした上で、足りない栄養素を

補うのがサプリメントです。つまり、サプリメントはあなたの健康法の

全体ではなく一部であるということです。

しかし、サプリメントを摂ることの重要度が減ることはありません。

Runner athlete running on sunset grass seaside

 

 

そもそも栄養素は単独で働くことはありません。他のビタミン、ミネラル

酵素、たんぱく質、脂質、糖質などと全体として働くので、一部の精製

された栄養素を摂っても人間の体はその栄養素を使えないということなの

です。基本的に、食事で三大栄養素である炭水化物、脂肪、たんぱく質を

バランスよく摂りサプリメントは三大栄養素を補うものなのです。

 

例えば、肉中心で食物繊維の少ない欧米食、ジャンクフード多い食生活

までサプリメントで正すことは出来ません。また、食事でまんべんなく

栄養素が摂れればいいのですが、最近はかってのように作物自体の栄養素

も十分とはいえません。そこで健全な食生活になるように気をつけながら

サプルメントも利用するというのが、自分の健康回復、健康増進に非常に

役立つことになるのです。

 

漫然と不健全な食生活を続けながら、サプリメントで帳尻を合わせよう

としても、土台無理な話なのだということを分かっていただけたで

しょうか。サプリメントは薬ではありません。

それだけで、あなたの健康を根本的に改善することは出来ないのです。
また、病院から薬が出ているのに、自己判断でその薬を中止して、

サプリメントに変えるなどありえないことです。

 

テレビや雑誌では司会者や記者が医学的な実験結果を、飛躍的に解釈して

いることが多いのです。例えば、にんじんを摂ったら視力が良くなった

という実験結果があったとしましょう。そこでにんじんにはベータカロチン

が多い。だから、サプリメントでベータカロチンを摂れば目が良くなると

司会者が言ったとすると、その解釈には飛躍があります。
ベータカロチンを単独で摂ったら視力にどんな影響があるのかということは、

改めてそういう実験をしないとなんともいえないことなのです。

 

ただ一つの栄養素だけを摂って、健康になるということはナンセンスだし、
ありえないことだということはしっかりと必ず認識しておいてください。

サプリメントは単独、それだけで効き目が現れるということのほうが

稀なのです。

 

 

サプリメントは効くものではなく自分の生活や習慣を総合的に考えて、

自分自身が効果を発揮させるものだと考えるべきでしょう。

 


応援感謝します

 

 

 

元気でしあわせな老後人生を目指す

太陽と雲1

 

理想のシニア世代を生きるために必要なことは健康で生き生きとする

ため、また老化の影響を遅らせたり、そもそも病気にかかるのを防い

だりするために必要なことは積極的に行動することです。

 

病気を予防し、より健康になりたいという健康増進への欲求は私達の生活

における選択をすでに大きく左右している。朝どんな歯磨きやシャンプー

を使うかにはじまり、一日を通じて何を食べるか、夜どんな寝具や化粧品

を使うかということにいたるまで私たちは、製品に更なる安全性と更なる

予防効果を求めているのです。

 

人間にとっての理想はいっさい薬を飲む必要がなくて、いっさい病気に

かからないこと。朝は元気いっぱいに満ち足りた気分でさわやかに

目覚める。日中は気力に満ちて足取りも軽く笑顔ですごす。ストレスや

不安を感じたり憂鬱な気分になったりしない。疲労感や頭痛、体の痛み

もない。風邪やインフルエンザにかからず、体調を崩すこともない。
食欲は適当で、強い空腹感を感じたり、がつがつ食べたりしない。
好きなものを食べても体重は適正に保たれている。夜は一晩中ぐっすり

眠れる。健康的で強い性欲があり、性的快感を与えることも受けることも

出来る。肌、髪、爪は健康的でつやつやしている。筋肉も強くて張り

がある。肉体は引き締まってしなやかで、活力にあふれていて気分も

晴れ晴れとしている。

 

これが本来の健康な人間の姿なのです。

 

ほとんどの人は、人間の体が本来どれほど快適に感じるように作られて

いるかをまるで分かっていない。薬を飲むのが「自然」で健康のために

「必要」だと考えていないだろうか?あなたにはよく考えてほしい。
野生の動物は薬など飲まなくても病気にはかからない。つまり人間

だって本来は病気にならなくてすむということ。病気になるのは「正常」

なことではない。自分を健康だと思っている人たちも本当はもっと爽快な

気分で生きられることを全く知らずにいる。

 

病気にならず、常に前向きに生きることができる、そして晴れ晴れと爽快

でいられる生き方をする。こんな幸せな人生を誰でも手に入れたいはず。

 

そのためには考えること。準備をすること。勉強をすること。行動する

こと。専門家の意見を聞くこと。素直になること。

それでも人間本来の健康を回復することは今や難しいことなのかも

知れない。

 

だけれど大丈夫

3年間あれば、そして諦めさえしなければ人生変えることは誰にでも

可能なのだから。

 

 

 

2 / 212
 

プロフィール

●画像タイトル


ビタミン太郎

ブログランキング


応援感謝しますにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

<スポンサーリンク>




人気記事

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

ページの先頭へ