ケトン体ダイエットを上手に成功させる秘訣

 

ケトン体ダイエットをあなたが上手に効率よく成功させるのに

絶対に知っておいてもらいたい追加知識の話をします。

 

「ケトーシス期間」、「体質維持期間」を通じて高タンパク

高脂質の食事ですので、満腹感を得やすく「腹持ちがいい」

という特徴があります。

 

他のダイエットに比べればそこは安心していいと思います。

 

ただ、意外と野菜不足になることが多いのでその点は注意が

必要です。

ケトーシス期間で推奨される野菜を紹介します。

キャベツ、レタス、セロリ、ナス、カリフラワー、ブロッコリー

ピーマン、タマネギ、ニンニク、ホウレンソウ

 

ちょっと注意が必要な野菜

ジャガイモ、サツマイモ、コーン、ニンジン、キュウリ、

豆類、ナッツ類

 

ケトン体ダイエットでは肝臓の働きが重要です。肝臓は色々な

栄養素の代謝を行う臓器で、脂肪を分解してケトン体を作り出す

のも肝臓です。

 

肝臓の働きを維持、保護ずることは心掛けて下さい。

 

そこでこのダイエットをより安全に確実にするためにも、

肝臓を助けるためにも、次に紹介するサプリメントの補給をして

下さい。

 

1脂質、糖質代謝の促進

ビタミンB群、カルシウム、クロム、亜鉛

 

2抗酸化作用

ビタミンC、ビタミンE

 

3肝臓の保護

ウコン、マリアアザミ

 

4肝臓での代謝を助ける

コエンジムQ10、レシチン

 

5脂質の合成や吸収を抑える

ガルニシア、キトサン

 

これと並行して、ケトン体ダイエットは高たんぱく食に

なりますので水分を一日あたり、1.5~2.0ℓ以上は最低でも

摂るようにお願いします。

 

お茶やコーヒーはカフェインを含むため利尿作用があり、

摂る量よりも出てしまい、水分補給になりません。

 

基本的には砂糖は吸収が速いので特に注意が必要です。

どうしても甘みが欲しい場合はアスパルテームやステビアなどの

人工甘味料を利用することもできます。

 

適量であれば医学上問題はありません。

 

最後にこのダイエット法のポイントを整理します。

1目標とするベスト体重の設定

2適切な一日の摂取総カロリーの設定

3超低炭水化物食

4ファイトケミカルの豊富な野菜の十分な摂取

5適切な運動

6基本的サプリメントの利用

7充分な水分をとる

以上7つのポイントを守ることが非常に重要です。

 

 


応援感謝します

 

 

 

ケトン体ダイエットをお勧めする理由

ケトン体ダイエットとは。

 

 

炭水化物ダイエットのひとつで、これまで提唱されてきた物を

総括し、すべての医学研究データを検証したうえで、日本人向けに

考案されたダイエット法です。

 

ダイエットで難しいのは減量した体重を維持することです。

多くの流行したダイエットが廃れていくのは、一時的な減量には

成功しても、そのあと結局リバウンドしてしまうからです。

 

ケトン体ダイエットには次のような特徴があり、継続することで

リバウンドを防ぐことができます。

 

・食欲を抑える

・基礎代謝を上げる

・筋肉を減らさないように維持する

・体脂肪をエネルギー源として利用する

・血液中の中性脂肪を減らし動脈硬化を予防する

 

ケント体ダイエットは2スッテプからなります。次にそれぞれを

説明します。

 

1「ケトーシス期間」(体質改善⁺減量期間)

ケント体ダイエットでは目標体重に達するまでの間、炭水化物の摂取を

少なくします。具体的には1日あたりの炭水化物を5%以内に制限して

ください。(1日あたり1600kcal摂っている人は炭水化物の摂取量が

20g以下にするということです)ちなみに炭水化物1gは4kcalです。

 

最初の2週間~数週間程度(目標体重になるまで)「超低炭水化物食」

を続けることがこのダイエットで最も重要な「ケトーシス期間」です。

この間に、体質が変化し体脂肪がエネルギー源として利用されるように

なります。

 

2「体重維持機関」(体重を維持)

目標体重に到達した後は少しずつ炭水化物の量を増やしていきます。

具体的には、総カロリーに占める炭水化物由来のカロリーを

1週間当たり1%ずつ増やします。

最初の週は6%、次は7%という具合です。

体重維持期間のポイントは最終的にリバウンドしない量の炭水化物

摂取量を見出すことにあります。つまり、ケント体ダイエットによって

せっかく体質を変えても、炭水化物を摂りすぎてしまうとリバウンド

してしまいます。そこで体脂肪を燃焼させ、リバウンドしない体質を

維持するためには自分の体に合った炭水化物の量を決める必要が

あるのです。

 

なお、炭水化物の量を増やしていくといっても、一般的には20%を

超えないほうがリバウンドを防ぐ点では効果的です。

 

このダイエット法は現在特に健康に問題はないけれど肥満気味で

今まで他のダイエット法を試してみたけれど、うまくいかなかった。

痩せたけれどリバウンドしてしまったという人に最適です。

更に体脂肪をエネルギーにして減量するこの方法は筋肉を落とす

ことなく減量が可能なので、に特におすすめ

出来るのです。

 

今日最後にお伝えするのが、そもそも「ケトン体」とは何か

ということです。

ケトン体とは体脂肪が分解されて生じる物質です。

ケトン体にはアセトン、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸の3種類

があり、肝臓で作られ血液中に放出されます。

そうして、エネルギー源として骨格筋や心筋、腎臓などの様々な

臓器で利用されるのです。

 


応援感謝します

 

 

 

 

プロフィール

●画像タイトル


ビタミン太郎

ブログランキング


応援感謝しますにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

<スポンサーリンク>




人気記事

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

ページの先頭へ