朝食を抜いたほうが良いという健康法

実は健康のためには朝食を抜いたほうがいいんです。

 

昔から「腹八分に病なし、腹十二分に医者足らず」という言葉が

ありますね。

 

これはお腹いっぱい食べなければ、病気にならないが、

いつでももうこれ以上食べれませんというぐらい食べていると、

病気が次から次へと襲ってくるということです。

 

そこで、このことを一日の食事のトータルバランスに当てはめてみると

「十二分-八分=四分」、つまり三回の食事のうち一回を減らせば、

私たちは病気知らずの健康体になれるということなのです。

 

そして、その一食は「朝食」を抜くことが、生理的に一番適っています。

しかし、「朝食は必ず食べなければ健康に悪い」という考え方を多くの

人が持っているのです。

 

 

人体の生理現象には「吸収は排泄を阻害する」という鉄則があります。

つまり、食べ過ぎるとそれを消化するために胃や小腸などに血液が集中

するため、排泄の臓器である大腸や腎臓への血流が少なくなり、排泄機能

が低下するということです。

続きを読む…

中高年のポッコリお腹をスッキリさせる健康法

私たち中高年者は「以前に比べて食事量が増えていなくても、なぜか体重

は増えてしまう」「体重は変わらないのにウエストがきつくなった」など

不摂生な生活を送っているわけでなくても、太りやすくなります。

 

いつの間にかポッコリお腹になってしまうのです。

 

ポッコリお腹の原因は「基礎代謝の低下」にあります。

 

 

基礎代謝とは呼吸や発汗、心臓の拍動、皮膚の新陳代謝など、生命維持の

ために必要最低限使われる消費エネルギーのことです。

 

人の一日に消費するエネルギーの6~7割は基礎代謝によるものです。

ところが基礎代謝は筋肉の量によって大きく左右されるために、運動不足

などで筋肉量が減り始める40歳を過ぎたあたりから低下が目立つように

なります。

 

その結果、以前と同じ量の食事をとっても太って、ポッコリお腹になって

しまうというのが、中年太りのメカニズムです。

 

40代に入ると、食事で摂った脂肪や糖を燃焼させてエネルギーに変える

力が衰え始めます。そのため、消化しきれなかった余剰分が脂肪として

蓄積されるのです。

 

中高年の人達は日常生活で腹筋を使う場面は少なく、筋力が低下します。

腹筋による腹部を支える力が衰え、蓄えられた脂肪が前や横に張り出し

やすくなるというのが、ポッコリお腹のメカニズムです。

 

お腹には内臓脂肪と皮下脂肪がついています。内臓脂肪は内臓の周りに

つく脂肪で、皮下脂肪は皮膚のすぐ下につく脂肪です。

続きを読む…

運動する習慣のない人の運動不足解消健康法

現代人は総じて大変に忙しく、運動不足を自覚する人が多くいます。

 

しかし、健康のために手ごろな運動をはじめたい。だけれど今まで運動

をする習慣があまりないので、きついのは嫌だし、続けられるかどうかも

わからない。

 

そんな風に何から始めればいいのか、悩んでいる人が多いようです。

 

確かに、改まって運動らしい運動をするのは大変かもしれません。

しかし、そもそも運動をそう難しく考える必要はないのです。

 

運動をいうと、ジョギングやウォーキング、フィットネスクラブの

エクササイズのようなものを思い浮かべてしまいがちですが、運動の

習慣があまりない人にとってはやはり敷居が高く感じてしまうものです。

続きを読む…

筋トレはすぐに代謝を大幅に上げてくれます

筋肉の大切さはわかっている。でも筋トレはきついし、効果が出るのが

3か月も先だとモチベーションが持たないと思っている人も多いはず。

 

 

しかし、効果の現れにくい筋トレもやればすぐに、代謝が上がった状態

になることがわかったらどうでしょうか。

 

私の健康法の運動編の中でもお話ししたように、私は毎日軽く違う部分

の筋肉のトレーニングをしてから、ウォーキングを30分しています。

 

その理由は筋トレをすれば、即、代謝が上がって有酸素運動を始めて

直ぐに脂肪の燃焼が始まるからなのです。

 

筋トレをしても、実際に筋肉がつき始めるのは少なくとも1が月後以降

になり、筋肉量が増えたことで期待できる代謝の増加も1か月後以降

なのですが、筋肉をよく動かすような運動をすると、その後、しばらく

は身体が代謝の高い状態になるのです。

続きを読む…

いまさらの青魚を食べる健康法

青魚と呼ばれるサンマやサバ、イワシなどを食べると身体によいと昔から

言われてきましたが、青魚が身体に効く効果とは何でしょう。

 

 

今さらですが、身体には大切なのでおさらいをしましょう。

 

ところで、魚のどの部分に、一番栄養があるか知っていますか。

植物の場合、外界とのバリアになっている「皮」の部分に傷を治す効果

のある成分や抗酸化物質が多く含まれています。

 

魚にも動物にも「皮」があります。しかし、この両者を比べてみると、

魚の皮に比べて動物の皮は栄養的な観点からは非常に劣っています。

 

何が違うのかというと、皮の下には必ず脂肪がついていますが、魚と動物

ではこの脂肪の質が全く違うのです。

 

それは恒温動物と変温動物の違いによります。牛や豚など、私達が食べる

動物は体温が37℃前後に一定している恒温動物です。

続きを読む…

とっておきの私の健康法 -運動編-

起きてすぐに白湯を一杯飲むことから私の健康法は始まります。身体を

温めて一日のスタートをスムーズにします。朝一番に身体を温めることは

非常に大事です。不純物が入っていない白湯は水以上に身体にやさしい

飲み物といえます。

 

 

水分補給が済んだら目を覚ますための運動です。

まず、腕を身体に巻き付けるようにして左右に大きく振る動作を左右で

一回として、20~30回行います。

 

それから上半身を延ばしたり、肩甲骨を近づけたりして、軽くストレッチ

をして、血行を良くします。

 

次に立ったままかかとを少し上げ、今度はできるだけつま先立ちになり

ます。そしてまた元のかかとを少し上げた状態に戻します。

この動作を30回繰り返します。

 

これでふくらはぎの血液ポンプ機能を向上して、血行がさらによく

なるのです。

 

それから軽い筋トレを行います。スロースクワット(30秒かけて沈み

込み、30秒かけて立ち上がる)を12回。仰向けに寝て両足を胸のと

ころに持ち上げる動作を30回繰り返す腹筋。そしてクラッチを40回

という3種類の筋トレを順番に一日ずつ交代で行います。

 

毎日同じ個所の筋トレはしません。なぜなら、筋組織に負荷をかけたら

修復する時間が必要だからです。

 

毎日これらの運動にかける時間は約10分ほどです。

この無酸素運動のあと早歩き(100メートル/分)の有酸素運動を30

分することで成長ホルモンが出て効率よく内臓脂肪を燃やしてくれる

のです。

 

 

このウォーキングは雨だろうが、雪だろうが続けています。

朝のこのウォーキングのおかげで私の体温は0.8℃ほど上昇しました。

交感神経の高まりとともに、体温を一気に高めておくと、その日一日の

体調がとても良いのです。これが私の健康法のカギです。

続きを読む…

スタイルを良くして、基礎代謝を20%もアップさせる健康法

筋肉を鍛えることは身体にいいことだといっても、女性らしい美しい

スタイルが失われるのは嫌だという人は多いでしょう。

 

そういう人も含めて是非お勧めするのが、トレーニングのときに鍛えたい

筋肉に意識を集中させるというトレーニング法です。

 

 

たとえば、通常全く意識しないでベンチプレスや腕立て伏せを行うと、

うでの筋肉が発達します。しかし、まったく同じことをしても、胸の筋肉

(大胸筋)に意識を集中して行うと、そこの筋肉が鍛えられるので、腕は

太くならずにバストアップが実現するのです。

 

同じ理由で、ウォーキングやジョギングをするときも、腹筋やお尻の筋肉

に意識を集中させれば、ウエストを引き締め、ヒップアップを実現させ

ながら、足が太くなるのを防ぐことができます。

続きを読む…

加圧トレーニングに近い効果のスロートレーニングとは

スポーツジムやテレビで効果的な筋肉トレーニング法として「加圧トレー

ニング」が紹介されています。

 

そしてさらに、スロートレーニングが加圧トレーニングに近い効果を

持っているとして注目されています。

 

まず、加圧トレーニングとはベルトなどで筋肉に流れる血液を制限した

状態でトレーニングすることによって、無酸素運動の効果を引き上げる

トレーニング法です。

 

 

無酸素状態で運動すると、筋肉には「乳酸」という疲労物質がたまり

ます。じつはこの乳酸がとてつもない威力を発揮するのです。

 

どういうことかというと、筋肉に乳酸がたまると、それに対してフィー

ドバックメカニズムが働き、脳にその情報がいくことによって、下垂体

から成長ホルモンが分泌されるのです。

 

ごく普通の筋トレを行っても成長ホルモンは出るのですが、乳酸がたま

ったという情報が脳に行くと、成長ホルモンの分泌量が何百倍という

驚くべきレベルで急増するのです。

続きを読む…

筋トレは3日に一回で充分。毎日するのは逆効果

筋肉トレが身体にいいというと、まじめめな日本人は毎日欠かさず

トレーニングを行ってしまう人が多いのですが、トレーニングの

しすぎは禁物です。

 

なぜなら、運動のしすぎも身体にとってはストレスだからです。

 

 

筋肉を鍛えるということは別の言い方をすれば筋肉細胞をわざと傷つけ

るということでもあるのです。

 

筋肉を構成している細胞は細胞の中でもとても大きく、最大のものは

10センチもの大きさがあります。そのため他の細胞のように、簡単に

つくり変えることができません。でも、そんな性質を持った細胞だから

こそ、他にはない能力も持っています。それは細胞の修復機能です。

 

じつは、筋肉を鍛えるというのはこの修復機能を利用したものなのです。

 

ある程度の負荷が加わると、筋肉は損傷します。すると傷ついた筋肉

細胞に修復機能が働くのですが、このとき再び傷つかないように、前より

も太い筋肉になるように修復されるという性質があるのです。これこそが

トレーニングによって筋肉が太く発達していく仕組みです。

続きを読む…

筋トレで筋肉を増やせば、男性機能に回復効果

男性ホルモン「テストステロン」は30歳をピークに年に1%ずつ死ぬ

まで徐々に低下していきます。それに伴い、残念ながら男性機能も

低下していってしまうのです。

 

「年1%」という低下率、これは加齢による筋肉の低下率と同じな

のです。

 

じつは男性ホルモンであるテストステロンと筋肉は非常に密接な関係に

あるのです。それはテストステロンが多いと筋肉が増えやすく、筋肉が

多いほどテストステロンの分泌が促されるというものです。

 

実はここには男性機能の回復の可能性が隠されているのです。

 

 

テストステロンが多いと筋肉が増えやすいことは古くから知られていまし

たが、最近発表されたデータによると、筋肉が多い人ほどテストステロン

が増えるそうです。

 

それによれば、筋肉が増えると成長ホルモンの分泌が増えますが、この

成長ホルモンの分泌が、テストステロンの分泌を促すというのです。

続きを読む…

1 / 3123
 

プロフィール

●画像タイトル


ビタミン太郎

ブログランキング


応援感謝しますにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

<スポンサーリンク>




人気記事

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

ページの先頭へ