人が「不眠症」になってしまうメカニズムとは

以前、発表された調査結果によると、日本には不眠症の人が4,5人に

1人の割合でいるという驚くべきデータが出ました。

 

つまり日本全体で、不眠症の人が2000万から2500万人いるという

ことです。

 

 

不眠症が増えている主な原因は「ストレス」「不規則な生活」「嗜好品」

の3つが考えられるのですが、やはり一番大きな要因は「ストレス」に

よるものです。

 

ちょっと古いですが、統計局が2001年から2006年の5年間の

「労働時間」と「睡眠時間」を割り出したところ、明らかに「労働時間」

が伸び、「睡眠時間」が減っていることがわかりました。

 

これは労働過多のストレスが、睡眠時間に影響したものだと思われます。

 

2008年以降、この状況が一変して、派遣切りなどが進み、逆に残業が

なくなり、失業におびえるストレスに変わることになるのです。

 

このように社会環境が変わっても、人々に与えるストレスは形を変えて

いつの時代でも存在し、われわれを悩ませるのです。

続きを読む…

愛煙家が話す「タバコはストレス解消に役立つ」は幻想

現代はストレスの多い社会です。このことに反対の人はいないでしょう。

だからいつも私たちの交感神経は活発に働いています。

 

ストレスを感じると、気持ちが落ち込むだけでなく、健康にも害を

及ぼします。

 

ストレスがかかると、交感神経が刺激されて血管が収縮し、血圧が上がる

とともに、心拍数も上がって心臓に負担がかかります。

 

この状態が続けば長寿と健康に重大な影響を及ぼします。

几帳面で、生真面目なな人ほど、責任感からイライラ、怒っている人が

多いのですが、こうゆう人ほどおおらかに考えて、ストレスを上手に解消

する方法を見つけてほしいものです。

 

しかし、イライラした時など、ストレス解消にタバコを吸うと効果的だ

という愛煙家の方々がいますが、実はこれは幻想にすぎません。

 

本人はストレスを解消したつもりになるのでしょうが、実際には神経も

血管も強く緊張してしまい、リラックスなどできません。

続きを読む…

病気の元。ストレスの正体を解明する

過度のストレスというのは死神のようなもので、取りつかれてもなかなか

気が付きません。

 

私も精神的なストレスが続くと、ある種の興奮状態になっていることに

しばらくしてから気づくということが何度がありました。

 

その状態はすでに自律神経が乱れている状態で、これが続けば病気に

付け込まれることになります。

 

 

病気の発生学の進歩によって、私たちを苦しめる病気の原因の多くが

ストレスにあることがわかってきました。しかし、ひと口に「ストレス」

といっても、その実態はさまざまです。

続きを読む…

筋トレで筋肉を増やせば、男性機能に回復効果

男性ホルモン「テストステロン」は30歳をピークに年に1%ずつ死ぬ

まで徐々に低下していきます。それに伴い、残念ながら男性機能も

低下していってしまうのです。

 

「年1%」という低下率、これは加齢による筋肉の低下率と同じな

のです。

 

じつは男性ホルモンであるテストステロンと筋肉は非常に密接な関係に

あるのです。それはテストステロンが多いと筋肉が増えやすく、筋肉が

多いほどテストステロンの分泌が促されるというものです。

 

実はここには男性機能の回復の可能性が隠されているのです。

 

 

テストステロンが多いと筋肉が増えやすいことは古くから知られていまし

たが、最近発表されたデータによると、筋肉が多い人ほどテストステロン

が増えるそうです。

 

それによれば、筋肉が増えると成長ホルモンの分泌が増えますが、この

成長ホルモンの分泌が、テストステロンの分泌を促すというのです。

続きを読む…

脳から筋肉への神経経路を鍛える健康法

アメリカで神経経路を鍛えることが注目されるようになったのは

ひとつのきっかけがありました。それは、高齢者の車の事故が急増した

ことでした。

 

 

これは加齢とともに脳から筋肉への神経経路が衰え、脳が命令を発して

から、実際に筋肉がその指令を実行するまでにかかる時間が長くなること

が原因です。また、ブレーキとアクセルを踏み間違えるなど、脳の命令を

間違えてしまうのも、同様に経路が衰えることが原因です。

 

脳が危険を察知し、ブレーキを踏むように命令を出してから、実際に足の

筋肉が動いてブレーキを踏むまでの時間を20代と65歳で比較した

データがあります。それによると、時速60キロで走行していた場合、

65歳の人は20代の人が停止した位置から20~30メートルも

オーバーした位置でやっと止まったといいます。

 

しかし、そうした神経経路の能力が衰えた人でも、脳から筋肉への神経

経路を鍛えるタイプの筋肉トレーニングを重ねると、反応の速度と精度が

アップすることがわかっています。

続きを読む…

「動脈硬化」が50代を過ぎると病気になりやすくなる本当の原因

低体温はあらゆる人にとってよくありません。なかでも、とくにリスク

が高くなるので気を付けてもらいたいのが、50代以上の人の低体温な

のです。

 

 

同じ低体温でも、20代では深刻な病気になる人はそれほど多くありま

せんが、50代になると病気を発症してしまう人が急増します。

 

脳の血流障害が原因で起こるパーキンソン病も、発症する人のほとんど

が50~60代です。パーキンソン病に限らず、多くの病気が50代を

境に発症率が急増します。

 

なぜ50代を過ぎると病気になりやすくなるのでしょう。

続きを読む…

体温上昇はたった1℃で免疫力を飛躍的にアップする健康法

体温が1℃上がると、免疫力は500~600%上昇します。

でも、体温上昇のメリットはそれだけではありません。

 

1℃体温上昇すると、身体の中の様々な場所で、劇的な変化が生じ

ます。まず、体温が上がると血行が良くなります。

 

血行が良くなるということは血液がスムーズに流れるということなので、

結果的に血流量が増えることになります。

 

 

血流量が増えると、身体を構成する細胞に充分な酸素と栄養が供給される

ので、同じ運動量でも筋肉の修復がスムーズに行われ、筋肉が増えやすく

なります。

 

さらに、筋肉の場合と同じ理由で骨も丈夫になります。つまり、体温が

1℃上がると、それだけで骨粗しょう症の予防になるということです。

続きを読む…

体温を1℃上げるにはどうすればいい?

体温を上げることのメリットは多々ありますが、では、どうすれば体温

を高くすることができるでしょうか。

 

そもそも、平熱が35℃台の人が体温を上げていくことができるのか。

そのように、疑問を持たれる方もたくさんいらっしゃることでしょう。

 

それはできます。体温を上げていくことは可能です。低体温の人でも、

体温を上げていくことで健康な人生を手に入れることができるのです。

 

体温をアップさせる方法は大きく分けて、2つあります。

1つは1日1回、体温を1℃上げる生活を送ることです。つまり、身体を

意図的に温めることを実践するのです。

 

 

例えば、朝起きてウォーキングをする、白湯を飲む、お風呂に入るなど

です。中でも毎晩のお風呂の習慣は重要です。湯船につかるという習慣は

外国ではあまり例を見ないのですが、体温を上げるという観点から見ると

これ以上有効な手段はないくらい、すばらしい習慣です。

続きを読む…

男性の更年期障害の見極め法と対処法

男性の更年期障害は女性のように劇的な身体的症状を伴わないため、

自分でも更年期障害になっていることに気付かないことがほとんどです。

 

また、女性には女性特有の病態を専門とする「婦人科」があるのに、

「男性科」がないことも男性の更年期障害を発見しにくくしてしまって

いる原因のひとつです。

 

 

では、どうすれば自分が更年期障害になっているかどうか、知ることが

できるのでしょう。

 

女性の場合、生理が遅れたり、早くなったり、周期が乱れることで、女性

ホルモンが低下してきていることを知ります。

 

実は男性にも、女性と同じように、性ホルモンの低下を教えてくれる指標

があるのです。それは「朝立ち」です

 

朝立ちというのは朝、目を覚ました時に起こっている勃起のことです。

あまり知られていないのですが、男性は寝ている間のかなりの時間帯に、

実は勃起しています。これを「夜間睡眠時勃起現象(NPT)」と

いいます。

 

NPTが起きている時間は若い時ほど長く、20代では全睡眠時間の約

半分、それが40代になると四分の一に、50代では五分の一程度まで

短縮されます。

続きを読む…

メタボが持つ本当の怖さ

厚生労働省の調査では40~74歳の男性の2人に1人が、女性では

5人に1人がメタボだという結果ですが、

実際には男性がメタボになるリスクは女性の4倍もあるといわれて

います。

 

 

メタボの原因は3つあります。

1つは「食べすぎ」、2つ目は「運動不足」、そして3つ目は男性

だけに当てはまるものなのですが、「男性の更年期障害(PADAM)」

なのです。

 

昔は更年期障害があるのは女性だけで、男性に更年期障害はないと考え

られてきました。しかし、男性でも更年期障害に苦しむ人が増えるに

従い、研究が進み、認知度も上がってきています。

 

女性の更年期障害が、女性ホルモンであるエストロゲンの低下によって

もたらされるように、男性の更年期障害は男性ホルモンである

テストステロンの低下によってもたらされます。

 

男性の更年期障害はうつ病に似た精神症状を主とします。そのため、男性

のうつ病患者の中にはかなりの数の男性更年期障害が含まれていると

いわれています。

続きを読む…

1 / 512345
 

プロフィール

●画像タイトル


ビタミン太郎

ブログランキング


応援感謝しますにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

<スポンサーリンク>




人気記事

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

ページの先頭へ