コーヒー・エネマは危険の心配がなく、健康効果が高い

若さを保ち、病気を予防する健康効果の高いコーヒー・エネマとは。

 

 

コーヒー・エネマ」はドイツとアメリカの医師であるマックス・

ゲルソンという人が行った「ゲルソン療法」と称される治療法の

中の一つです。

 

「ゲルソン療法」は独自の食事療法とコーヒー・エネマを二大柱

とするもので、多くの末期がん患者がこの方法で救われました。

 

コーヒー・エネマ」はコーヒーを肛門から入れ、大腸の肛門に

近い部分を洗浄するというものです。

 

なぜガンの治療で腸の洗浄をしたかというと、腸を洗浄し停滞便

を排泄させると腸全体の働きが良くなり、それが肝臓の働きを

良くすることにつながり、肝臓の働きを良くすればガンの治療に

効果的だと考えてのことでした。

 

腸と肝臓はとても密接な関係にあります。

 

肝臓の機能というと、脂肪の吸収を助ける胆汁の分泌と、体内に

取り込んだ栄養素を体内で使える形に作り変えたり貯蔵する

「代謝機能」が知られていますが、実は全身の毒素や老廃物を

すべて引き受けて解毒してくれるのも肝臓なのです。

 

アルコールはもちろん様々な化学薬品、食品添加物、腸内の

腐敗によって生じた毒素は肝臓で解毒されるのです。

 

解毒された毒素や老廃物は胆汁とともに胆管から腸へと

排出され、最終的に便として排泄されます。

 

コーヒー・エネマはこの排泄の過程をスムーズにします。

いくら処理した毒素を腸へ送り排泄しようとしても、腸内環境が

悪く、便が停滞していては思うように体外へ出すことが

出来ません。

 

ですからコーヒー・エネマで腸を洗浄し、停滞便を無くしておく

ことが大切なのです。

 

コーヒー・エネマで洗うのは大腸の中でも肛門に近い左側の

部分が主です。

 

この場所は便がたまりやすく、悪玉菌が繫殖しやすい場所でも

あるので、ここをきれいにしておけば腸内での毒素の発生を防ぐ

とともに、肝臓で処理された毒素も素早く体外へ出すことが

できるようになります。

 

口から飲むと体にあまりよくないコーヒーがなぜ下から

入れるといいのかというと、口からではコーヒーに含まれる殺菌

成分が腸の上部に多くいる善玉菌の活動を阻害してしまうのに

対し、浣腸として用いると腸の中でも悪玉菌の多いところ

までしか届かないので、善玉菌に影響を与えず悪玉菌だけを

殺菌し、洗い流すことができるからです。

 

 

機械を使う「腸内洗浄」は何度も反復して腸内を洗うため、

体内のミネラルを必要以上に排出してしまったり、小腸まで

洗ってしまい栄養素の吸収を阻害してしまう危険性を含んで

います。

 

その点、コーヒー・エネマは機械などで外圧を加えずに注入

するので、腸を洗いすぎることはありません。

 

毒素の溜まりやすい大腸の左側の部分だけを洗うので、

毎日でも行うことができるほど安全です。

 

便秘の方、肥満の方、ガスのにおいが気になる方、頻繁に下痢を

起こす方などは健康効果がすこぶる高く、家庭で無理なく、自分

のペースで実践できるコーヒー・エネマは是非とも

試していただきたいデトックス法なのです。

 

 

 

デトックスをしよう。40代以上の方必見

腸内環境の悪化は肝臓の活動を弱めるので、毒素の解毒は

もちろん、日々の代謝機能も低下し、体内環境をさらに悪化

させてしまいます。

 

こうした悪循環を断ち切るためには溜まってしまった毒素を

排出するための人為的努力「デトックス」が必要となります。

 

 

デットクス2つの方法

 

1.食べてデトックス

一度体内に入ってしまうとなかなか排泄されない「有害ミネラル」

の排出には有害ミネラルを挟み込んで体外へと出してくれる

「キレート成分」を豊富に含む食品をとると効果的です。

 

ミネラルの中の水銀や鉛、カドミウム、ヒ素などが有害ミネラルで

これらは水道水、排気ガス、タバコの煙、食品添加物、汚染された

海でとれた魚など様々なものに含まれ、体内へと侵入します。

 

キレート成分はそうした分解できない有害ミネラルをカニの爪の

ようにガッチリ挟んで体外へ出してくれます。タマネギ、ニンニク、

ニラ、ショウガ、玄米、ブロッコリー、アスパラガスにはキレート

成分が豊富に含まれています。

 

また有害物質と結合し無毒化する働きを持つ、セレンや亜鉛を含んだ

食品もお勧めです。高野豆腐、ゆば、ゴマ、緑黄色野菜、イワシ

イカ、アサリ、ホタテ、ナッツ類、納豆等です。

 

もう一つ毎食忘れずに摂ってもらいたいのが食物繊維を含む食品です。

これは消化されずにそのまま便として排泄されるのですが、その際

そのネットのような構造が腸壁にこびりついた老廃物や毒素をからめ

とってくれるのです。

 

食物繊維が豊富な食べ物は玄米、ゴボウ、こんにゃく、昆布、ひじき、

わかめ、アボカド、大豆、納豆、枝豆レンコンなどです。

 

2.便でデトックス

健康な人の場合、食べたものが消化・吸収され、最後に「便」として

排泄されるまでにかかる時間は約24時間です。ところが現代人には

排泄までに2日以上かかるような「便秘」の人がたくさんいます。

 

腸に便をため込むことは体にとっても悪いことです。

なぜなら便秘をするということは食べ物のカスや老廃物、そして

有害ミネラルなどの毒素を長期間体内にとどめることだからです。

 

私たちの腸内は真夏の気温より高い36.5度。そんな中にカスや老廃物

が長時間とどまるのですから当然「腐敗」が進みます。

 

腐敗便から生み出された有毒ガスをはじめとする毒素、それに体内に

とどまっている有害ミネラルは大腸で水分が吸収される際に、

再び体内へ取り込まれるのです。

 

こうした便秘や停滞便による体内環境の汚染を防ぐ方法として、通常は

薬品を使います。

 

しかしこれだと薬害の心配があると同時に、薬で刺激してしまうと、

その刺激をどんどん強くしていかないと反応しなくなるという性質が

あります。便秘薬をお使いの方はよくご存じだと思います。

 

やはりもっともよいのは食物繊維の豊富な食べ物をとり、水分を十分に

とる。お腹をマッサージしたり、腹筋を鍛えて腸を刺激することが

大切です。

 

それでも便通が整わない場合、「コーヒー・エネマ(コーヒー浣腸)」

といって、コーヒーの入った水で腸を洗うことをお勧めします。

 

「コーヒー・エネマ」は40代以上の方に特におすすめする体に無理なく、

優しく停滞便も宿便も掃除してくれる簡単なデトックス法なのです。

 

 

 

 

ゴボウ茶は若さを保ち、元気モリモリの美味しいお茶

40代以上の私たちが、元気で若さを保つのに最適なお茶があります。

それがご紹介するゴボウ茶です。

 

 

ゴボウ茶にはカフェインが入っていません。

中に入っているサポニンには脂を中和する作用があります。

体に必要なでんぷんやたんぱく質はちゃんと消化吸収し、余分な

コレステロールだけは中和して体外に排出してくれます。あるいは

血液中に入った時血液中の悪玉コレステロールだけを中和して体外に

排出する非常に理想的な飲み物でといえます。

 

病人にも育ち盛りの子供にも安心で、なおかつメタボな大人が

飲んでも効用に富んだお茶だというわけです。

 

ゴボウ茶の主成分は「ポリフェノール」です。今でこそポリフェノール

といえば赤ワインに豊富な成分で、健康にも良いことが知られています。

もともと赤ワインが注目されるようになったのはフランス人が肉や

乳製品などの高脂肪な食事をたくさん撮っているにもかかわらず、

心臓病になる確率が低いという「フレンチ・パラドックス」と呼ばれる

現象に端を発しています。

 

調べていくと赤ワインを作るときに使われるブドウの川の中に含まれる

ポリフェノールの一種、抗酸化作用である「レスベラトロール」が体に

大変いいということが判明しました。

 

一方で研究結果からゴボウのポリフェノールはあらゆる植物の中で

最強のものであることが証明されました。何故なら、例えば同じ

ポリフェノールを持つブドウやリンゴを土の中に埋めたとしたら、

たちどころに腐ってしまいます。

けれど、ゴボウは土の中という非常に過酷な環境で育つにもかかわらず

そこで腐ることはありません。

 

それだけゴボウの皮の中に含まれるポリフェノールは非常に強力な

防菌防虫作用、大変優れた抗酸化作用、そして土の中でも傷を治す

創傷治癒作用を持っているのです。

 

ゴボウ茶のつくり方)

 

1.ゴボウを良く水洗いして泥を落とし、皮付きのままささがきにする

 

2.水にさらさず、そのまま新聞紙の上に広げて半日ほど天日干しする

 

3.フライパンで油は使わずに10分ほどゆっくりカラ煎りする

 

4.煙が出てくる寸前で止め、そのまま急須に入れて沸騰した

お湯を注げば出来上がり

 

香ばしくて、美味しいお茶を召し上がってください。

 

 

ケトン体ダイエットをお勧めする理由

ケトン体ダイエットとは。

 

 

炭水化物ダイエットのひとつで、これまで提唱されてきた物を

総括し、すべての医学研究データを検証したうえで、日本人向けに

考案されたダイエット法です。

 

ダイエットで難しいのは減量した体重を維持することです。

多くの流行したダイエットが廃れていくのは、一時的な減量には

成功しても、そのあと結局リバウンドしてしまうからです。

 

ケトン体ダイエットには次のような特徴があり、継続することで

リバウンドを防ぐことができます。

 

・食欲を抑える

・基礎代謝を上げる

・筋肉を減らさないように維持する

・体脂肪をエネルギー源として利用する

・血液中の中性脂肪を減らし動脈硬化を予防する

 

ケント体ダイエットは2スッテプからなります。次にそれぞれを

説明します。

 

1「ケトーシス期間」(体質改善⁺減量期間)

ケント体ダイエットでは目標体重に達するまでの間、炭水化物の摂取を

少なくします。具体的には1日あたりの炭水化物を5%以内に制限して

ください。(1日あたり1600kcal摂っている人は炭水化物の摂取量が

20g以下にするということです)ちなみに炭水化物1gは4kcalです。

 

最初の2週間~数週間程度(目標体重になるまで)「超低炭水化物食」

を続けることがこのダイエットで最も重要な「ケトーシス期間」です。

この間に、体質が変化し体脂肪がエネルギー源として利用されるように

なります。

 

2「体重維持機関」(体重を維持)

目標体重に到達した後は少しずつ炭水化物の量を増やしていきます。

具体的には、総カロリーに占める炭水化物由来のカロリーを

1週間当たり1%ずつ増やします。

最初の週は6%、次は7%という具合です。

体重維持期間のポイントは最終的にリバウンドしない量の炭水化物

摂取量を見出すことにあります。つまり、ケント体ダイエットによって

せっかく体質を変えても、炭水化物を摂りすぎてしまうとリバウンド

してしまいます。そこで体脂肪を燃焼させ、リバウンドしない体質を

維持するためには自分の体に合った炭水化物の量を決める必要が

あるのです。

 

なお、炭水化物の量を増やしていくといっても、一般的には20%を

超えないほうがリバウンドを防ぐ点では効果的です。

 

このダイエット法は現在特に健康に問題はないけれど肥満気味で

今まで他のダイエット法を試してみたけれど、うまくいかなかった。

痩せたけれどリバウンドしてしまったという人に最適です。

更に体脂肪をエネルギーにして減量するこの方法は筋肉を落とす

ことなく減量が可能なので、に特におすすめ

出来るのです。

 

今日最後にお伝えするのが、そもそも「ケトン体」とは何か

ということです。

ケトン体とは体脂肪が分解されて生じる物質です。

ケトン体にはアセトン、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸の3種類

があり、肝臓で作られ血液中に放出されます。

そうして、エネルギー源として骨格筋や心筋、腎臓などの様々な

臓器で利用されるのです。

 


応援感謝します

 

 

 

40代以上の若さを保つ活性酸素への対処の秘訣

私たちを悩ませる老化の原因は主に活性酸素によるものです。

だとすれば、いつまでも若さを保ち、元気に長生きするために

私たちには何ができるでしょう。

その簡単な秘訣をお話しします。

 

 

 

正常な代謝の過程で体は、小さな高エネルギー分子を作り出します。

これが活性酸素と呼ばれるものです。

 

活性酸素とは文字通り活性化された酸素のことで、その特徴は

酸化力が非常に強いことです。簡単に言えば体の細胞を強力に

錆びつかせて若さを奪い、病気にしてしまうのです。

 

空気中の酸素はO₂で安定していますが、活性酸素はマイナスの

電子を持っているため、自らを安定させようとして、プラスの

電子を持ったものと反応しようとします。

 

相手の電子を無理やり引っこ抜いてしまうのですから、

引っこ抜かれた方は錆びついて、死んでしまうか片輪になって

しまいます。

 

皮をむいたリンゴを放っておくとすぐ茶色になります。

空気中の酸素でもこのように酸化力はありますが、活性酸素の場合

その数十倍は強力です。

 

空気中の酸素から派生することが最も多い通常の活性酸素は

エネルギーの生産やウィルスやバクテリアを攻撃する武器として

使われているのですが、必要以上に生産されると今度は

正常細胞にも攻撃を加えてしまい、DNAにもダメージを与え

深刻な問題を引き起こす可能性を高くします。

 

活性酸素の問題はそれだけではありません。

私たちは環境毒の被ばくで生み出される活性酸素にも晒されて

いるのです。

 

例えばタバコの煙、空気の汚染、高度に加工された

食品や食品添加物、紫外線と放射能、市販の植物油、マーガリン

ショートニング、加工食品に含まれる重金属(鉛、カドミウム、

アルミニュウム、水銀)、殺虫剤、水道水に含まれる化学物質など。

 

私たちはこれらの毒によって破壊された栄養素や異質な化学物質の

有害な効果を防ぐのに役立つ栄養素を余計に摂る必要があるのです。

 

特にビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ベータカロチン、

微量ミネラルのセレンと亜鉛、それにビオフラボノイドや

コエンザイムQ10などはみな、その強力な抗酸化作用で活性酸素

を掃除して、あなたを若く保ちます。

 

抗酸化物質と呼ばれるものはみな老化の過程を遅らせて、がんと

心臓病の危険を減らし、年による皮膚のしわを減少させ、タバコの煙

を含む環境汚染物質を解毒し、X線や紫外線の有害効果からあなたを

守ります。

 

ですから、今から栄養サプリメントを使うということは、

若さを保つとともに、病気の予防をしながら健康を増進するのに

最も安全で、最も効果が見込める対処法を選ぶということなのです。

 

 

サプリメントが40代以上の方に効果があるこれだけの理由

40代以上の方が健康でいることの目的は老化による

影響を極力小さくして、健康で長生きができる可能性を

高めることです。

 

 

ガン、心臓病糖尿病、脳卒中などの人々を死に至らしめる

ような病気の85%は生活習慣の選択に関連するものです。

 

影響を与える習慣としては、食事、喫煙、飲酒運動、

休息、ストレスなどが考えられます。

 

サプリメントは、これらの厄介な生命をも脅かす問題

すべての発生と救済に、強力な効果を持っているのです。

症状から解放されることもあるし、再発を防ぐ働きもある。

 

ガン、心臓病、糖尿病といった、致命的な病気に対しても

死ぬ率やかかるリスクを減少させることができるのです。

 

長年の研究や論文からとりわけ健康と長寿に効果が高い

栄養素がビタミンⅭ、ビタミンE、ベータカロチン、セレン

亜鉛、マグネシウムなどであることが示されています。

 

あなたがこれから、健康な食事と体を動かすこと、睡眠や

ストレス処理に注意を向けて、それに組み合わせる形で、

上手にサプリメントの選択の情報を得ることを心掛けて

いくことはあなたの人生に非常に大きなプラスを

もたらすことになるでしょう。

 

それでもあなたは、サプリメントをとることは自然なこと

ではないと躊躇するかもしれません。

 

しかし、私たちを取り巻く環境はすでに自然ではありません。

しっかりした食事を毎食とればサプリメントは必要ないと

考えますか?

 

実は現代社会において私たちの食べ物は私たちが信じて

いた程の栄養素を持っていないのです。

 

効率と経済性を優先した結果、空気を汚染し、水道水も

水以外のものを大量に含み、土壌の質は低下し、農薬の

問題も含みながら、私たちに供給される食物の質は

本当に貧弱になってしまったのです。

 

これらの理由から私たちは、毒によって破壊された栄養素や

化学物質の有害効果を防ぐのに役立つサプリメントを余計に

取る必要が生じているのです。

 

 

 

骨を強くするための健康法

丈夫な骨

 

骨というのは、カルシウムとリンが結合したリン酸カルシウムや、

接着剤の役割を果たすコラーゲン、コンドロイチンなどから作られて

います。

 

骨の主成分であるカルシウムは加齢とともに減少し、骨がもろくなり骨折

しやすくなります。

 

その代表的なものが骨粗しょう症で症状が進むと、ちょっとした転倒や

つまずくことで骨折したり、背骨が脆くなって圧迫骨折などを起こし

やすくなるのです。

 

最近は、高齢者だけでなく若い女性にも骨粗しょう症が増えていて発症

の割合は40歳以上の女性では男性の4倍近い13%にものぼっています。

 

その理由として、女性のほうが骨が細く、食事量も少ないためカルシウム

の貯蔵量が男性より少ないことが考えられます。

 

また、出産などでカルシウムを失ったり、更年期になると女性ホルモンの

分泌が減少することも原因となっています。

 

このまま年をとって、転倒して骨を折ったりすると寝たきりになって

しまう危険が大きい。実際に、骨粗しょう症による大腿骨頚部骨折が、

寝たきり老人になる原因の第2位になっている。

 

骨折予防のためのアドバイスは次の通りです。体内の骨量を維持する

ためには一日当たり600㎎のカルシウムをとらなければなりませんが、

治療や予防効果を考えると800~1000㎎は摂取したい。

 

牛乳やチーズなどの乳製品は確かにカルシウムが豊富な食品ですが、

私個人の意見としては、これらの食品を摂ることを勧めません。

 

血中カルシウムは急激に増えると、体は元に戻そうとしてせっかくの

カルシウムをより以上排泄してしまうのです。それに乳製品の摂取には

体にダメージを与えるさまざまな理由が考えられます。

 

日本人は昔から、小魚や、海藻類、イワシの缶詰などを摂る食習慣が

あります。

 

これらの摂取は血中カルシウムの濃度を急激に上げません。食品からの

カルシウム摂取はこれらのものからにして、不足分をサプリでとること

を勧めます。

 

その際、同量のマグネシウムとビタミンD、コラーゲンも一緒に服用する

ことをお勧めします。

 

女性の方は、辛抱強く骨の弱さを克服する努力をしてください。

 

 

 

不眠症の解消健康法

g

 

体が活動する時は交感神経が働き睡眠に入ると副交感神経が働きます。

 

だからこの2つの神経支配の切り替えがうまくいかなくなると、

「眠れない」ということになるのです。

 

しかし、実は不眠を訴える人の約6割は寝つきが悪い、眠れないと

思い込んでいるにすぎず、心配のいらないケースなのです。

 

眠ることができない人はまず、寝る直前に食事をとらないようにする。

適度な運動や入浴で血液の流れを良くし緊張や興奮を鎮めることを

実践してみてください。

 

また、眠れなくとも強い疲労感がなければ心配ありませんが、眠れない

ことで疲労がたまったり、精神障害が疑われるような場合は検査や治療が

必要になるケースもあるので医師に相談してください。

 

夜中に何度も目が覚め、気分が悪くて起きられない状態が続く場合は

うつ病、夜中に何度も目が覚めるとともに頭痛やめまい、肩こり、動悸

などを伴う場合は神経症を疑ってください。

 

高齢者の中には、高血圧症や動脈硬化などが原因で眠れない人もいます。

 

さて、不眠解消のための具体的方法を説明しましょう。

 

夜の眠りと朝の目覚めをコントロールしているのが、松果体が分泌する

メラトニンというホルモン。

 

中年以降になるとメラトニンの分泌が不十分になることで不眠を生じる

場合があるのでサプリメントとしてメラトニンを補給すると効果的です。

 

ただし40歳以下の人の場合、メラトニンを常用すると免疫系統に悪影響

が出る場合があるので、5HTPを活用するほうが安全です。

 

イライラやストレスなどが不眠の原因なら、気持ちをリラクッスさせる

ためにビタミンB₆やマグネシウムが安眠に非常に有効となります。

 

更年期トラブル解決がしあわせへの第一歩

森林5

 

更年期とは閉経をはさんで前後10年間のことをいうのですが個人差

が大きい。

 

更年期に入ると、ほてり、のぼせ、発汗、肩こり、肌荒れ、不眠

いらいら、憂うつなど様々な不快な症状が現れます。

 

主な原因は女性ホルモン分泌のバランスの乱れ。加齢とともに卵巣

の機能が衰えてきて、卵胞ホルモンなどの女性ホルモンの分泌が減って

きてしまいます。にもかかわらず、ホルモン分泌の中枢の下垂体から

卵胞を刺激する卵胞刺激ホルモンの分泌は続きます。

 

下垂体から刺激が出ていても卵巣がそれに対応できないというアンバランス

な状態が続き、自律神経のバランスが崩れてしまい、不快な症状が現れる。

 

これが「更年期障害」のメカニズムなのです。

 

女性ホルモンの減少は30代半ばから徐々に始まります。30代、

40代の過ごし方も、更年期をうまく乗り切れるか否かに大きく影響します。

 

過激なダイエットやストレス、喫煙睡眠不足などでホルモン分泌の乱れが

続くと、卵巣機能の衰えを促し更年期を早める結果になります。

 

さて、更年期の症状を改善する方法を考えましょう。まず第一に女性

ホルモンの減少を補いましょう。それには大豆イソフラボンを含む豆腐

などの大豆食品や、それらを含むサプリメントを摂ることです。

 

次に、血液浄化作用のあるビタミンCや、骨密度向上の強い味方である

カルシウムも摂ったほうがいいでしょう。自律神経の乱れを整える目的で

高麗人参。ほてりや寝汗などの不快な症状にはビタミンEが良いでしょう。

 

さらに、イライラや憂うつが顕著な方にはビタミンB₆をお勧めします。

 

 

 

 


健康法ランキング

 

 

 スポンサーリンク

中高年女性のためのしあわで健康チェックポイントは?

ウォーキング1

 

多くの中年女性が健康上の問題でまず突き当たるのは更年期障害です。

 

更年期についてはまた詳しく説明するので詳細は省きますが、多くの不快

な症状が現れるのが特徴です。

 

卵胞(なんぽう)ホルモンをはじめとする女性ホルモンはコレステロール

値や血圧の上昇を抑える働きがあるので、女性は男性に比べて生活習慣病

にかかりにくいと言われています。

 

しかし、更年期に入るとこれらのホルモンの分泌が減少するので、女性

も生活習慣病に以前よりもかかりやすくなってしまうのです。

 

したがって、体の不調があっても「更年期障害だ」と安易に自己判断

するのは危険です。

 

卵胞ホルモンは毛髪の寿命を延ばす働きを持っていて、更年期に入ると

その減少とともに抜け毛が増える傾向にあります。

 

髪の毛を美しく保つにはプロテイン、ビタミンB₅,A,E亜鉛

グルコサミンの摂取が効果的です。

 

また、卵胞ホルモンにはコラーゲンの合成を促進する作用もあるので、

分泌が減るとコラーゲンの量も減少し、肌のしわやたるみが気になるように

なってしまいます。

 

そこで、コラーゲンの合成に必要なプロテインやビタミンⅭ、鉄などを

積極的に摂ることが肌のハリを保つコツになります。

直接コラーゲンのサプリメントをとってもいいでしょう。

ビタミンA,C,Eはシミの改善に効果があります。

 

骨がもろくなる骨粗しょう症は、中年以上の女性に非常に多い病気。

これも、卵胞ホルモンの分泌量の低下が原因なのです。

予防のためには若いうちからカルシウムをはじめとする栄養素をたっぷり

摂っておくことが一番。しかし、すでに骨密度が低下してしまった人は

カルシウムを摂取することが一番重要なのですが、カルシウムの吸収を

促進するビタミンDやK、さらにマグネシウムも併せて摂ってください。

とっても重要ですよ。

 

4 / 512345
 

プロフィール

●画像タイトル


ビタミン太郎

ブログランキング


応援感謝しますにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

<スポンサーリンク>




人気記事

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

ページの先頭へ