健康づくりに不可欠の食べ物の話

ある程度のお歳になられた方々でよく聞くのは「私は食事を野菜中心

にして健康には充分注意をしている」ということ。

 

もちろん野菜を多く食事に取り入れることは良いことだし、当然健康に

留意していることもわかる。しかし、だから健康増進に十分なビタミン、

ミネラルを摂ることができているかというと話は別になる。

 

そもそも、現代食は十分なカロリーは取れてもそのカロリーをエネルギー

に変えるための栄養素であるビタミン、ミネラルが不足しがちなのです。

 

そこで皆さん一生懸命に野菜を食べようとするのですが、実はこの野菜

昭和50年代前半のものと比べるとほとんどすべての野菜でビタミン、

ミネラルを極端に減らしているのです。

 

例えば、人参もほうれん草も当時のものに比べてビタミン、ミネラル

ともに1/20~1/80に減っています。つまり、昭和50年代の野菜と

同じだけのビタミン、ミネラルを摂ろうとするならその量を、20倍~

80倍にしなければならない計算になるのです。

これは非常に難しい数字です。現在の人参やほうれん草は人参みたいな

ものやほうれん草みたいなものなのです。

 

なぜこんなことになってしまったのかというと経済効率の過剰な優先が

農業にもたらされた結果なのです。

ミネラルをしっかりと育む休みの時間を与えられずに、化学肥料や農薬漬け

にされた土壌からまだ熟す前に収穫された野菜たちには十分な栄養素が

含まれていません。

輸送中や店に陳列している間にも栄養素は失われますし、調理の仕方に

よっても失われます。

こうして私たちの口に入るこれら野菜たちには日々の活動に十分な栄養素

が含まれているとは言い難いのです。

 

健康に気を使って「野菜中心の食事」をなさっているあなた。

あなたにこそサプリメントで足りない栄養素を補うことが必要であり、

大切なことなのです。

 

野菜たくさん


応援感謝します

美容とアンチエイジングの健康しあわせビタミンサプリ

 

りんご1

 

体を元気にする一つの方法は食べたものから

体を動かすエネルギーを

上手に作り、細胞の作り替えを上手に行う。

 

抗酸化力を向上させながら体の免疫力を上げ、

体を温めて正常な排泄をする。

 

コラーゲンの産生を促して、しっかりした体を作る。

 

自分の体をこうゆう状態にする助けになるのが、

ビタミンB₁・ビタミンB₂・ビタミンB₆

などのビタミンB群と

ビタミンⅭとビタミンEの摂取です。

 

もちろん健康を増進するための生活習慣の修正、

例えば睡眠不足や生活の乱れの改善努力

過度のストレスや不安、心配、恐れの解決努力

食べ過ぎや偏食でカロリー過多の

栄養不足状態になっている食事の是正

は前提条件として必要です。

 

しかし、現代社会においてこの条件を

100%満足させることはなかなか難しい。

 

ビタミン摂取は健康回復、

健康増進に有効なのです。

 

私は疲れの予防、免疫力アップ、末端血液流の改善、

肌の艶向上の目的にビタミンB群、ビタミンⅭ、

ビタミンEの摂取を2年半続けていますが、

毎日元気に風邪も全く引きません。

 

エネルギー代謝の向上で体力も

アップしたように思います。

 

私のビタミン処方を参考にお伝えします。

 

ビタミンB₁ 80㎎

ビタミンB₂ 60㎎

ビタミンB₆ 60㎎

ビタミンⅭ  1200㎎

ビタミンE  400IU

 

ビタミンⅭ  1200㎎

 

夕方

ビタミンⅭ  1200㎎

 

これはあくまでも私個人の意見です。

 

ビタミンⅭの大量摂取は健康と免疫力アップに

非常に有効だと私は感じています。

 

ビタミンBやビタミンⅭは水溶性なので、

多くとってもおしっことして

排泄されてしまうので安心です。

 

ビタミンEは油溶性ですが

これくらいの分量なら問題になりません。

 

この2年半の間、これらのビタミン類が

間違いなく私自身の老化の遅延と

健康増進に寄与していると実感

しています。

 

 

 

 

 

元気長生きを実現するサプリメントの有効活用

サプリメントというものは食事を補うもので、食事そのものに取って

代わるものではありません。適切な食事をした上で、足りない栄養素を

補うのがサプリメントです。つまり、サプリメントはあなたの健康法の

全体ではなく一部であるということです。

しかし、サプリメントを摂ることの重要度が減ることはありません。

Runner athlete running on sunset grass seaside

 

 

そもそも栄養素は単独で働くことはありません。他のビタミン、ミネラル

酵素、たんぱく質、脂質、糖質などと全体として働くので、一部の精製

された栄養素を摂っても人間の体はその栄養素を使えないということなの

です。基本的に、食事で三大栄養素である炭水化物、脂肪、たんぱく質を

バランスよく摂りサプリメントは三大栄養素を補うものなのです。

 

例えば、肉中心で食物繊維の少ない欧米食、ジャンクフード多い食生活

までサプリメントで正すことは出来ません。また、食事でまんべんなく

栄養素が摂れればいいのですが、最近はかってのように作物自体の栄養素

も十分とはいえません。そこで健全な食生活になるように気をつけながら

サプルメントも利用するというのが、自分の健康回復、健康増進に非常に

役立つことになるのです。

 

漫然と不健全な食生活を続けながら、サプリメントで帳尻を合わせよう

としても、土台無理な話なのだということを分かっていただけたで

しょうか。サプリメントは薬ではありません。

それだけで、あなたの健康を根本的に改善することは出来ないのです。
また、病院から薬が出ているのに、自己判断でその薬を中止して、

サプリメントに変えるなどありえないことです。

 

テレビや雑誌では司会者や記者が医学的な実験結果を、飛躍的に解釈して

いることが多いのです。例えば、にんじんを摂ったら視力が良くなった

という実験結果があったとしましょう。そこでにんじんにはベータカロチン

が多い。だから、サプリメントでベータカロチンを摂れば目が良くなると

司会者が言ったとすると、その解釈には飛躍があります。
ベータカロチンを単独で摂ったら視力にどんな影響があるのかということは、

改めてそういう実験をしないとなんともいえないことなのです。

 

ただ一つの栄養素だけを摂って、健康になるということはナンセンスだし、
ありえないことだということはしっかりと必ず認識しておいてください。

サプリメントは単独、それだけで効き目が現れるということのほうが

稀なのです。

 

 

サプリメントは効くものではなく自分の生活や習慣を総合的に考えて、

自分自身が効果を発揮させるものだと考えるべきでしょう。

 


応援感謝します

 

 

 

元気でしあわせな老後人生を目指す

太陽と雲1

 

理想のシニア世代を生きるために必要なことは健康で生き生きとする

ため、また老化の影響を遅らせたり、そもそも病気にかかるのを防い

だりするために必要なことは積極的に行動することです。

 

病気を予防し、より健康になりたいという健康増進への欲求は私達の生活

における選択をすでに大きく左右している。朝どんな歯磨きやシャンプー

を使うかにはじまり、一日を通じて何を食べるか、夜どんな寝具や化粧品

を使うかということにいたるまで私たちは、製品に更なる安全性と更なる

予防効果を求めているのです。

 

人間にとっての理想はいっさい薬を飲む必要がなくて、いっさい病気に

かからないこと。朝は元気いっぱいに満ち足りた気分でさわやかに

目覚める。日中は気力に満ちて足取りも軽く笑顔ですごす。ストレスや

不安を感じたり憂鬱な気分になったりしない。疲労感や頭痛、体の痛み

もない。風邪やインフルエンザにかからず、体調を崩すこともない。
食欲は適当で、強い空腹感を感じたり、がつがつ食べたりしない。
好きなものを食べても体重は適正に保たれている。夜は一晩中ぐっすり

眠れる。健康的で強い性欲があり、性的快感を与えることも受けることも

出来る。肌、髪、爪は健康的でつやつやしている。筋肉も強くて張り

がある。肉体は引き締まってしなやかで、活力にあふれていて気分も

晴れ晴れとしている。

 

これが本来の健康な人間の姿なのです。

 

ほとんどの人は、人間の体が本来どれほど快適に感じるように作られて

いるかをまるで分かっていない。薬を飲むのが「自然」で健康のために

「必要」だと考えていないだろうか?あなたにはよく考えてほしい。
野生の動物は薬など飲まなくても病気にはかからない。つまり人間

だって本来は病気にならなくてすむということ。病気になるのは「正常」

なことではない。自分を健康だと思っている人たちも本当はもっと爽快な

気分で生きられることを全く知らずにいる。

 

病気にならず、常に前向きに生きることができる、そして晴れ晴れと爽快

でいられる生き方をする。こんな幸せな人生を誰でも手に入れたいはず。

 

そのためには考えること。準備をすること。勉強をすること。行動する

こと。専門家の意見を聞くこと。素直になること。

それでも人間本来の健康を回復することは今や難しいことなのかも

知れない。

 

だけれど大丈夫

3年間あれば、そして諦めさえしなければ人生変えることは誰にでも

可能なのだから。

 

 

 

貴女が、飲めば飲むほど元気に、きれいになるビタミンC

ビタミンⅭと聞くと、貴女は

「よく聞くし、体にいいんでしょ。」と

今更あまり興味を持たないかもしれませんが、

実はすごいんです。

まず第一に、どこでも安く入手できます。

 

食べ物からも比較的豊富に

摂取することもできますが、今日の話は

大量に摂取することを前提としていますので、

サプリメントで摂取することにしましょう。

 

第二に、コラーゲンを産生します。

 

体をくっつけておくのに絶対に必要な物質です。

 

第三に抗酸化力があげられます。

 

活性酸素の害から体を守ってくれます。

 

上記コラーゲンと抗酸化力の効力で、

女性のお肌のしわやたるみを無くします。

 

第四は自然の抗生物質の

インターフェロンの産生を促進します。

 

第五は、細菌やウィルスから守る

抗体を産生します。

さらに白血球の活動を

活発にして、第四と第五の二つで、

免疫力を向上させてくれるのです。

 

常に体を守り、良い健康状態を維持するのに、

私は一日ビタミンⅭの摂取量を

3000㎎から6000㎎と

することが望ましいと思います。

 

基本、余分なビタミンⅭは水溶性なので、

尿と一緒に体外へ排泄されます。

 

したがって、とても安全なビタミンだと言えます。

 

もっと大量のビタミンⅭ摂取で起こる

体の不都合は、多少お腹が緩くなる程度です。

 

それは摂取量を減らすべきというサインです。

 

実際一日3000㎎以上のビタミンⅭの摂取は

体を元気にして、風邪やインフルエンザに

かかることもありません。

 

このことは私が実際に体験したことです。

 

お医者さんの多くは無人島にただ一つの

サプルメントだけしか持っていけないとしたら、

ビタミンⅭを選ぶ方が圧倒的に

多かったということもこのビタミンの有効性の

証明になるでしょう。

 

ありきたりのビタミンⅭではありますが、

その有効性は全く色あせていません。

 

健康のために何かを始めたいけれど、

何を始めてよいのかわからないとしたら、

ビタミンⅭをとり始めてみるのも

悪くないと思います。

 

健康サプリメント


応援感謝します

おすすめ記事はこちらです 

 

 

 スタイルを良くして、基礎代謝を20%もアップさせる方法 

 

 筋肉は量を増やすことより、質を高めることが一番大事

 

 どうして50代を過ぎると病気になりやすくなるのか

 

 体温が1℃上がると免疫力は500~600%アップします 

 

 食塩を摂ると病気が減るという衝撃的データ

 

 貴女が、飲めば飲むほど元気に、きれいになるビタミンC 

      

 


応援感謝します

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

 

中高年のジョギングは本当に体に毒なんですか?

中高年者はジョギングのような

激しい運動は体に負担がかかりすぎるので、

やらないほうが良い。

 

ウォーキングのような低負荷の運動を

長く続けるほうが

健康には良いとお医者さんは

口をそろえるが、それは本当なのか?

 

結論から言うと半分正解で、半分は不正解といえます。

 

そもそも、体を動かすことの根本理由は、

健康を回復する・健康を維持する・健康を増進する

ことで自分自身の健康寿命を

長くしていくというこのとのはずです。

 

そして、自分が健康の回復・維持・増進のどの位置に

いるかによって体の動かし方は当然違ってきます。

 

また、今までの人生における運動の

履歴や生活習慣によっても、

体にかける負担が違ってきます。

 

例えば、脊柱管狭窄症で腰が痛くても、

その痛みの程度にもよりますが、

お医者さんとタッグを組んで

という条件のもと、

無理をしてでも歩く努力が必要な場合もあります。

 

そこまでではなくても、

膝・腰の痛みを我慢して歩くことは

必要な場合のほうが圧倒的に多いのです。

 

体調を崩したり、病気で入院していたりで、

これから体調を回復しなければならない時も、

できる範囲からのウォーキングは

とても有効な運動です。

 

今は特に健康上の問題はないけれど、

5年・10年先もこの状態を保ちたいと思えば、

ウォーキングは有効です。

 

しかし、より確実に将来も健康上の

問題を抱えたくないと思えば、

より体に負担をかけるジョギングを

今始めたほうが、あなたには良いかもしれません。

 

人間とは本能的に現状維持ではなく

進歩や成長を好むものです。

 

もしあなたが、もっと健康になりたい、

もっと体力をつけたいと思えば、

ジョギングは大変有効な運動です。

 

今日よりも明日を目指して、距離を伸ばしたり、

タイムを短縮したり、

マラソン大会を目標にしたり、あるいはトライアスロンを

目指すのもいいかもしれません。

 

自分の限界に挑み、肉体的に負担をかけていく気力が

あれば精神的若さの証明にもなります。

 

結局のところ自分の健康寿命を延ばす方法というのは、

精神的若さをいつまでも失わずに

いられるかということです。

 

それはいつまでもしっかりと動く体を

手に入れるということに他ならないのだと思います。

 

奔る2

 

 

 

今タバコを止めるのは、とっても簡単なんですよ!

喫煙怖い

 

お客様のお宅を訪問すると、

ものすごいタバコの匂いがしていました。

しばらくしてから、タバコの話を切り出してみると、

息子さんを含め、ご家族全員が、

タバコを吸っているとのこと。

 

旦那様は、お医者さんに肺気腫と言われて、

タバコを止めるように忠告されているようです。

 

「辞めることができるならとっくの昔にタバコなどやめている」という

奥さんの言葉に、

喫煙の問題が隠されています。

 

というのも、実は私自身も、

タバコを止めてまだ5年しか経っていなのです。

 

だから奥さんの言う、「やめたいのだけれど、やめられない」

という言葉は非常によくわかるのです。

 

そもそもタバコ依存症の人は、

タバコを吸えなくなることに過大な恐怖感を持っています。

だから、「ストレスを紛らわすのにやめられない」とか、

「好きなことは体にどんなに悪くてもやめないのが自分のポリシー」

などとうそぶいて、

やめなければならないタバコから逃げてしまっているのです。

 

偉そうなことを言っていますが、

自分もそうだったから良くわかるのです。

 

ですが、残念ながら、喫煙は健康に対して

非常に大きなリスクとなっています。

 

どんな風に、タバコの有意さを語ったところで、

健康被害の前では、無意味なのです。

 

タバコは活性酸素を大量に発生します。

 

タバコは人間を慢性的な

一酸化炭素中毒にしてしまいます。

 

タバコは人間の肺をボロボロにしてしまいます。

 

これらの状況下では重大かつ深刻な

疾病をいつ発症してもおかしくはないのです。

 

お客様には私からお願いをさせていただきました。

 

「どうか、禁煙を実行してください」と。

 

「あなたが考えるほど禁煙は、

実は難しくはありません。

禁煙外来を利用すれば、

80%もの高い確率で禁煙に成功できるのです」

 

「もし昔のように禁煙が難しいものだとしたら、

この高い成功率は考えられない」と。

 

何かを始めるのに遅すぎるということは

何事にもありはしません。

 

だから、このお客様にも私と同じように

本当の健康とは

こうゆうことなのかという経験を

心の底からしてほしいと思ったのです。

 

健康寿命を延ばす。

健康増進を図るために禁煙は

避けて通れない関門なのです。

 

貴女が風邪を引かないようにこんな方法を提案します。

 

この冬、私のお客様は残念ながらたくさんの方が、

風邪を引いてしまいました。

 

風邪がお腹に来てしまい、

2~3日下痢が止まらなかったり、

のどが痛くなって、その後咳が出て、

一か月以上収まらなかったりとか、

なかなか厄介な症状だったようです。

 

私の意見としては、

やはり風邪は初期の段階で食い止めないと、

後々面倒なことになってしまうと思います。

 

それではどうすれば良いのか。

「風邪を引いたかな?」と思ったら、

その段階で葛根湯を飲んでください。

もちろん葛根湯を飲んで

効くには条件があります。

 

それは風邪の初期に、背中がガチガチに凝っていて、

なおかつ汗をかかずに悪寒がする場合です。

 

この状態だと葛根湯は非常に効くと思います。

 

葛根湯は眠くならない風邪薬です。

 

また、薬局で市販されている総合感冒薬は

熱が出るとか、咳が出る、

頭が痛いなどの症状を緩和するだけで、

風邪を引く原因のウイルスに攻撃はしません。

 

葛根湯は間接的ではありますが、体を温めて、

血流をよくして、一時的に自己免疫力を上げて

自分の白血球で風邪ウイルスに

攻撃をすることができるのです。

 

薬ですから、すべての人に効くとは限りませんが、

風邪の初期の有効な薬であることは間違いありません。

 

どうしても風邪を引くことができない場合は

どうすればいいのか。

 

まず、外出から帰ったら必ず、

ウガイ、手洗いを忘れないこと。

 

そして、不規則な生活で寝不足や、

過労にならないこと。

 

また、栄養のバランスの取れた食事を

心掛けることなどです。

 

そうはいっても、なかなかそれが難しい場合、

私はビタミンⅭの大量摂取を進めます。

 

大量摂取といっても一回に1000㎎から

1200㎎のビタミンⅭを一日に

三~五回摂取をします。

 

一日3000~6000㎎のビタミンⅭの

摂取を続けると本当に風邪を引きません。

 

何を隠そう去年の11月から私自身が、

試してみた方法です。

その間、家族は全員、

風邪を引いてしまいましたが、私は大丈夫でした。

 

私だけ冬の時期にもかかわらず元気ハツラツに

過ごすことができたのです。

 

興味があれば是非お試しあれ。

5 / 512345
 

プロフィール

●画像タイトル


ビタミン太郎

ブログランキング


応援感謝しますにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

<スポンサーリンク>




人気記事

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

ページの先頭へ