中高年のポッコリお腹をスッキリさせる健康法

私たち中高年者は「以前に比べて食事量が増えていなくても、なぜか体重

は増えてしまう」「体重は変わらないのにウエストがきつくなった」など

不摂生な生活を送っているわけでなくても、太りやすくなります。

 

いつの間にかポッコリお腹になってしまうのです。

 

ポッコリお腹の原因は「基礎代謝の低下」にあります。

 

 

基礎代謝とは呼吸や発汗、心臓の拍動、皮膚の新陳代謝など、生命維持の

ために必要最低限使われる消費エネルギーのことです。

 

人の一日に消費するエネルギーの6~7割は基礎代謝によるものです。

ところが基礎代謝は筋肉の量によって大きく左右されるために、運動不足

などで筋肉量が減り始める40歳を過ぎたあたりから低下が目立つように

なります。

 

その結果、以前と同じ量の食事をとっても太って、ポッコリお腹になって

しまうというのが、中年太りのメカニズムです。

 

40代に入ると、食事で摂った脂肪や糖を燃焼させてエネルギーに変える

力が衰え始めます。そのため、消化しきれなかった余剰分が脂肪として

蓄積されるのです。

 

中高年の人達は日常生活で腹筋を使う場面は少なく、筋力が低下します。

腹筋による腹部を支える力が衰え、蓄えられた脂肪が前や横に張り出し

やすくなるというのが、ポッコリお腹のメカニズムです。

 

お腹には内臓脂肪と皮下脂肪がついています。内臓脂肪は内臓の周りに

つく脂肪で、皮下脂肪は皮膚のすぐ下につく脂肪です。

続きを読む…

運動する習慣のない人の運動不足解消健康法

現代人は総じて大変に忙しく、運動不足を自覚する人が多くいます。

 

しかし、健康のために手ごろな運動をはじめたい。だけれど今まで運動

をする習慣があまりないので、きついのは嫌だし、続けられるかどうかも

わからない。

 

そんな風に何から始めればいいのか、悩んでいる人が多いようです。

 

確かに、改まって運動らしい運動をするのは大変かもしれません。

しかし、そもそも運動をそう難しく考える必要はないのです。

 

運動をいうと、ジョギングやウォーキング、フィットネスクラブの

エクササイズのようなものを思い浮かべてしまいがちですが、運動の

習慣があまりない人にとってはやはり敷居が高く感じてしまうものです。

続きを読む…

いまさらの青魚を食べる健康法

青魚と呼ばれるサンマやサバ、イワシなどを食べると身体によいと昔から

言われてきましたが、青魚が身体に効く効果とは何でしょう。

 

 

今さらですが、身体には大切なのでおさらいをしましょう。

 

ところで、魚のどの部分に、一番栄養があるか知っていますか。

植物の場合、外界とのバリアになっている「皮」の部分に傷を治す効果

のある成分や抗酸化物質が多く含まれています。

 

魚にも動物にも「皮」があります。しかし、この両者を比べてみると、

魚の皮に比べて動物の皮は栄養的な観点からは非常に劣っています。

 

何が違うのかというと、皮の下には必ず脂肪がついていますが、魚と動物

ではこの脂肪の質が全く違うのです。

 

それは恒温動物と変温動物の違いによります。牛や豚など、私達が食べる

動物は体温が37℃前後に一定している恒温動物です。

続きを読む…

アンチエイジングには低体温対策が必須の健康法

私は年齢に負けず、見た目もより若く、元気な人生を送ることを目標に

しています。

 

いわゆるアンチエイジングです。日本語にすると「抗加齢」ですが、

実際にはほぼ同じ意味で「抗酸化」という言葉が使われます。

 

これは老化の正体が「身体の酸化」であることを意味しているのです。

そして、老化を進める最大の敵が「活性酸素」です。

 

 

活性酸素というのはごく簡単にいうと「非常に酸化力の強い酸素」と

いうことです。

 

人間の身体はこの活性酸素の強い酸化力を殺菌に利用しているので、ある

程度の量であれば、身体にとって有益なものといえます。

 

しかし、その必要なものも増えすぎてしまうと様々な弊害が出てきます。

活性酸素が細胞内の遺伝子を壊し、ガンの原因をつくるなど、皆さんも

ご存知だと思います。

 

ではどうして活性酸素は増えすぎるのでしょうか。

 

残業続きで寝不足の人、ハードな仕事が続いている人、仕事のプレッ

シャーや人間関係で精神的ストレスを抱えて悩んでいる人はどうして

も交換神経が過剰に緊張してしまいます。

続きを読む…

身体を元気にするお風呂の入り方健康法

皆さんはいつお風呂に入っているでしょうか。

 

 

私は朝の運動のあとにシャワーを浴びて、夜食事の後にお風呂に入って

います。身体を温めた状態で寝ると睡眠中の成長ホルモンの分泌が

よくなるといわれています。

 

でも、入浴する時間帯は朝でも夜でもどちらでもいいと思います。

自分の生活リズムに合わせて、都合の良い時間帯に入りましょう。

 

睡眠中の成長ホルモンを最大限に引き出して、若返りや美容に役立て

たいという人はお風呂に入る前に5分程度の筋トレをすると、さらに

効果的です。

 

お風呂湯船に10分程度浸かれば、だいたい体温が1℃くらい上がり

ます。これは健康にとって大きなことです。体温が1℃上がると免疫

力は500~600%アップします。

続きを読む…

二度寝は絶対にしない健康法

とても基本的なことですが、睡眠は健康を維持するうえでとても重要

です。

 

私にも経験がありますが、睡眠不足や睡眠時間が不規則になる期間

が少し長くなるとすぐに体調が悪くなり、疲れやだるさも抜けなくなって

しまいます。

 

とくに二度寝をしてしまうと疲れやだるさをさらに助長してしまうので、

注意が必要です。

 

 

睡眠に関しては様々なレポートや治験データがありますが、どれをとって

も健康に寄与する睡眠時間は「最低7時間以上」という結果が出て

います。人間の睡眠はノンレム睡眠とレム睡眠が交互に繰り返されます。

 

このノンレム睡眠からレム睡眠に移り、再びノンレム睡眠のなるまで

1サイクルに要する時間早く90分間。自然な目覚めはこのサイクル

ごとに訪れるので、最も理想的なのは睡眠時間7時間から8時間の間で、

目覚まし時計を使わずに、自然に目覚めることといえます。

 

目覚まし時計をかける必要がある人は理想は7時間半ですが、90分の

サイクルを考慮して、眠ってから4時間半後、6時間後、7時間半後と

いった時間に目覚ましが鳴るようにセットすると、比較的スッキリと

した目覚めが得られます。

続きを読む…

スタイルを良くして、基礎代謝を20%もアップさせる健康法

筋肉を鍛えることは身体にいいことだといっても、女性らしい美しい

スタイルが失われるのは嫌だという人は多いでしょう。

 

そういう人も含めて是非お勧めするのが、トレーニングのときに鍛えたい

筋肉に意識を集中させるというトレーニング法です。

 

 

たとえば、通常全く意識しないでベンチプレスや腕立て伏せを行うと、

うでの筋肉が発達します。しかし、まったく同じことをしても、胸の筋肉

(大胸筋)に意識を集中して行うと、そこの筋肉が鍛えられるので、腕は

太くならずにバストアップが実現するのです。

 

同じ理由で、ウォーキングやジョギングをするときも、腹筋やお尻の筋肉

に意識を集中させれば、ウエストを引き締め、ヒップアップを実現させ

ながら、足が太くなるのを防ぐことができます。

続きを読む…

熱中症を避けるための抜群の対処法

夏場の熱中症は誰もが気を付けなければいけないことです。

 

一度熱中症になってしまうともとの体調に戻るまで、年齢が高ければ

高いほど、多くの時間がかかります。

 

体温を上げることは身体にとって絶対的に良いことなのですが、夏場の

ように外気温が高いときに運動すると、大量の汗をかくために、水分と

ミネラル分が身体から失われすぎてしまい、熱中症をおこす危険性が高く

なるのです。

 

 

熱中症は対処が遅れると命にもかかわる危険な病態です。

ただ、ここできちんと理解してほしい問題は体温を上げることではなく、

水分とミネラル分が失われてしまうということなのです。

 

夏場の水分はのどが渇いたと自覚する前に摂ることが必要です。のどが

渇いたと感じてから水を飲むのでは遅すぎます。ある程度、時間を決めて

定期的に水分摂取をすることが必要です。

続きを読む…

紫外線にあたる健康法はとくに女性におすすめ

紫外線はお肌に有害だといわれて、美肌のためには紫外線を避けなければ

ならないと、まるで強迫観念のように紫外線を怖がる女性がたくさん

います。もちろん紫外線のデメリットは存在するし、危険もあります。

しかし、ここには一つの問題があります。

 

 

それはカルシウムというのはいくら食事で摂っても、それだけでは血中

カルシウム濃度があまり上がらないということです。

 

食事に含まれるカルシウムが腸から吸収され、血液に取り込まれるため

には「活性化されたビタミンD」が必要です。さらに活性型ビタミンD

は血中カルシウムが骨に定着するのにも必要となるのです。

続きを読む…

運動をすれば骨も丈夫になる健康法

近年、子供の骨折率が増加していますが、これは家の外で運動をする

ことで改善させることができます。

 

子供の骨折率が高くなった理由はいくつか考えられますが、もっとも大き

な要因は運動不足です。

 

 

運動をするとなぜ骨は丈夫になるのでしょう。

運動によって骨に力がかかると骨に弱いマイナスの電気が発生し、それに

よってカルシウムが骨に呼び寄せらるからなのです。

 

また、運動をすると血行がよくなるとともに体温が上がります。すると骨

をつくる細胞の働きがよくなるので、さらに骨密度の高い丈夫な骨がつく

られやすくなります。

続きを読む…

2 / 3123
 

プロフィール

●画像タイトル


ビタミン太郎

ブログランキング


応援感謝しますにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

<スポンサーリンク>




人気記事

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

ページの先頭へ