「ストレス」に勝つための健康法

日々私たちは様々なストレスを感じながら、生きています。

誰もそれから逃げることはできません。生きている限り、ストレス

なくすことはできないのです。

 

ストレスというと、私たちはすぐに仕事のプレッシャーや人間関係の

トラブルなど精神的なものをイメージしがちですが、痛みや痒み、

寝不足や疲労、空腹やのどの渇き、暑さや寒さなどもストレスです。

 

私たちの脳は心身が不快に感じることはみんな、「ストレス」と認識

します。

 

つまり、仕事の忙しい人、悩みを抱えている人はもちろん、ストレスとは

無縁に見えるような人、誰もが羨むような幸せで満ち足りた生活を送って

いる人でも何らかのストレスを感じて生きているということです。

 

無くすことができないこのストレスに、私たちが勝つためにはどうすれば

いいのでしょうか。

続きを読む…

人が「不眠症」になってしまうメカニズムとは

以前、発表された調査結果によると、日本には不眠症の人が4,5人に

1人の割合でいるという驚くべきデータが出ました。

 

つまり日本全体で、不眠症の人が2000万から2500万人いるという

ことです。

 

 

不眠症が増えている主な原因は「ストレス」「不規則な生活」「嗜好品」

の3つが考えられるのですが、やはり一番大きな要因は「ストレス」に

よるものです。

 

ちょっと古いですが、統計局が2001年から2006年の5年間の

「労働時間」と「睡眠時間」を割り出したところ、明らかに「労働時間」

が伸び、「睡眠時間」が減っていることがわかりました。

 

これは労働過多のストレスが、睡眠時間に影響したものだと思われます。

 

2008年以降、この状況が一変して、派遣切りなどが進み、逆に残業が

なくなり、失業におびえるストレスに変わることになるのです。

 

このように社会環境が変わっても、人々に与えるストレスは形を変えて

いつの時代でも存在し、われわれを悩ませるのです。

続きを読む…

塩は「身体に悪い」という常識のウソ

私たち中高年者にとって、「」というと健康にとっての大敵だという

固定観念が強くあります。

 

「自分は血圧が高いからはダメだ」と思っている人は私たちの年代では

数えきれないほどいるはずです。

 

 

我々の常識では塩は人間にとって必要不可欠なミネラルではあるけれど、

摂りすぎてしまっては高血圧を招く非常に危険なものであるという認識

があります。

 

しかし、が高血圧を誘発するというのは「精製塩」、いわゆる「食塩」

を摂った場合であって、自然海塩を高温で焼いた還元作用のある塩では

精製塩を摂ったときのような血圧の上昇が起きない臨床データもあるの

です。

 

海水から水分だけを蒸発させた自然海塩には塩化ナトリウム、マグネ

シウム、カルシウム、ヨウ素といった海のミネラルが非常にバランス良く

含まれています。

 

しかし、「食塩」という名で売られている精製塩は海水からほぼ塩化

ナトリウムだけを取り出したものなので、その99%は純粋な化学物質

である塩化ナトリウムなのです。

続きを読む…

病気発生のメカニズム2 ホルモンバランスの乱れ

病気発生のメカニズムの中でもう一つの重要な要因であるホルモン

バランスについて見ていきましょう。

 

 

脳の視床下部でストレスが認識されると、視床下部はストレスによって

身体が受けたダメージを回復するため、「下垂体」と呼ばれる場所に

指令を出します。視床下部から指令を受けた下垂体はダメージ回復の実働

部隊ともいうべき副腎にストレス軽減に役立つホルモンを出すように指令

を出します。

 

これによって副腎から出るのが「コルチゾール」というホルモンなのです。

続きを読む…

病気発生のメカニズム1 自律神経のバランスの乱れ

人間の身体は交感神経と副交感神経という二つの自律神経が交互に支配

することでバランスをとっています。

 

 

手や足は自分の意志で自由に動かすことができますが、心臓の動きや腸

の動きといった臓器の動きを意識的にコントロールすることはでき

ません。そうした意識的にコントロールできない身体の様々な働きを

コントロールしているのが自律神経です。

続きを読む…

病気の元。ストレスの正体を解明する

過度のストレスというのは死神のようなもので、取りつかれてもなかなか

気が付きません。

 

私も精神的なストレスが続くと、ある種の興奮状態になっていることに

しばらくしてから気づくということが何度がありました。

 

その状態はすでに自律神経が乱れている状態で、これが続けば病気に

付け込まれることになります。

 

 

病気の発生学の進歩によって、私たちを苦しめる病気の原因の多くが

ストレスにあることがわかってきました。しかし、ひと口に「ストレス」

といっても、その実態はさまざまです。

続きを読む…

熱中症を避けるための抜群の対処法

夏場の熱中症は誰もが気を付けなければいけないことです。

 

一度熱中症になってしまうともとの体調に戻るまで、年齢が高ければ

高いほど、多くの時間がかかります。

 

体温を上げることは身体にとって絶対的に良いことなのですが、夏場の

ように外気温が高いときに運動すると、大量の汗をかくために、水分と

ミネラル分が身体から失われすぎてしまい、熱中症をおこす危険性が高く

なるのです。

 

 

熱中症は対処が遅れると命にもかかわる危険な病態です。

ただ、ここできちんと理解してほしい問題は体温を上げることではなく、

水分とミネラル分が失われてしまうということなのです。

 

夏場の水分はのどが渇いたと自覚する前に摂ることが必要です。のどが

渇いたと感じてから水を飲むのでは遅すぎます。ある程度、時間を決めて

定期的に水分摂取をすることが必要です。

続きを読む…

筋肉を鍛えて「冷え性」を改善する健康法

多くの女性が苦しんでいる「冷え性」は低体温とは少し違います。

低体温は体温そのものが36℃以下に低くなっている状態をいいます。

 

これに対して冷え性というのは身体の中心部の体温はそれほど低く

ないのに、手先や足先といった身体の末端の血行が悪く、異様なほど

冷たくなってしまうという病態のことです。

 

低体温は実際には男女の区別なく起こりますが、冷え性で苦しむのは

ほとんどが女性です。

 

 

ではなぜ女性ばかりが冷え性になるのか。

原因はいくつか考えられますが、その中でも大きな要因となっているのは

低血圧と運動不足です。

 

まず血圧が低いと、身体のすみずみまで血液を行き渡らせることができ

なくなるので、どうしても末端の血行が悪くなります。

 

また、女性はただでさえ筋肉量が男性より少ないので、運動が不足すると

筋肉の絶対量が足りなくなり、末端から血液を身体の中心部へ送り返す

力が弱くなってしまうのです。

続きを読む…

「動脈硬化」が50代を過ぎると病気になりやすくなる本当の原因

低体温はあらゆる人にとってよくありません。なかでも、とくにリスク

が高くなるので気を付けてもらいたいのが、50代以上の人の低体温な

のです。

 

 

同じ低体温でも、20代では深刻な病気になる人はそれほど多くありま

せんが、50代になると病気を発症してしまう人が急増します。

 

脳の血流障害が原因で起こるパーキンソン病も、発症する人のほとんど

が50~60代です。パーキンソン病に限らず、多くの病気が50代を

境に発症率が急増します。

 

なぜ50代を過ぎると病気になりやすくなるのでしょう。

続きを読む…

微熱で鎮痛解熱剤を使うことは身体に悪い

身体を温めることは風邪に限らずどんなときにも実行してほしい健康法

です。とくに体調がすぐれないときは身体を温めることが大切です。

 

 

ところが、多くの人はこれと対極のことをしてしまっています。

その代表が「風邪薬」です。

 

風邪気味ぐらいで薬を飲むのはかえって身体によくないので絶対に

やめるべきでしょう。

続きを読む…

1 / 41234
 

プロフィール

●画像タイトル


ビタミン太郎

ブログランキング


応援感謝しますにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

<スポンサーリンク>




人気記事

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

ページの先頭へ