骨粗しょう症に効果のある驚きの方法

骨のなかに多数の細かな穴があき、鬆の入った状態が骨粗しょう症

なのですが、原因は骨からカルシウムが溶け出すことにあり、腰痛や

背中の痛みが生じたり、骨折を起こしやすくなります。

 

 

骨粗しょう症の患者は1000万人くらいいると言われています。その

ほとんどが65歳以上の年配者で、4人のうち3人は女性なのです。

 

骨の中のカルシウム、リンなどのミネラル(骨塩)の量が低下すると

骨粗しょう症になりやすいのですが、女性の場合、閉経すると骨を形成

するのに重要な女性ホルモンの分泌が急激に低下してしまうという背景

があります。

 

卓球、バレーボール、テニス、バドミントン、ソフトボールなどの

陸上で行うスポーツをやっている人は何もやらない人に比べて、骨塩量

が20%以上も多く、骨粗しょう症になりにくいのですが、水泳だとやら

ない人より、骨塩量が10%程度しか多くならないので、骨粗しょう症の

予防や治療のためには大地に自分の体重で負荷をかける運動のほうが、

大切だということになります。

 

 

よく運動して骨や筋肉に刺激を与えると、血液中のカルシウムが骨に

沈着することがわかっています。

 

骨粗しょう症に起因した高齢者の四大骨折は肩の付け根、手首、背骨

太ももの付け根(大腿骨頚部)の骨折であり、その中でも大腿骨頚部

骨折は寝たきりになる確率が非常に高いものです。

 

たとえ回復しても、一度転んだ人は再三転倒を繰り返す率が高く、また

歩くスピードの遅い人は速い人に比べ4倍も転倒しやすいと言われ

ています。

 

 

歩くスピードは1秒で1メートルというのが基準で、このスピードが

2倍になると、転倒する確率は5分の1になるとされていて、足腰の

筋力の強弱に比例するのです。

 

「骨はくわえられた力に反発する」(ウォルフの法則)ことによって

強化されます。したがって、骨に重力をかけることが重要なのです。

 

片足で1分間達人、両足で焼く50分間歩いたのと同じ負荷量になると

されるので、ウォーキングや運動ができなかった日には「片足立ち」

をするとよいでしょう。

 

また大豆にはイソフラボンという女性ホルモン様物質が含まれて

いるので、豆腐、納豆、みそ汁などを摂ることが特に女性の

骨粗しょう症予防に役立ちます。

 

パーキンソン病には食事療法

パーキンソン病はドーパミンという神経伝達物質を作る脳神経細胞の

働きがなくなるために起こる病気です。

 

約1000人に1人の頻度で発症するので、決してまれな病気ではあり

ません。

 

 

パーキンソン病の3大症状は次のようなものです。

 

・振戦 手足のふるえ

・固縮 筋肉のこわばり

・無動 身体の動きが悪く、動くのに時間がかかる

 

そして、とくに歩行の一歩目がうまく出ないという特徴があります。

 

ドーパミンを合成するL-ドーパという内服薬の服用が一般的ですが、

これを服用しても悪化していく例も多く、その上、種々の神経症状

が副作用として出現することもあります。

 

アメリカの国立老化研究所のマウスの実験によると、40%程度の

食事量を減らすと、ドーパミン受容体の量が増える結果が出ている

ので、パーキンソン病の予防、治療にとって「腹六分」程度の少食

こそ一番大切ということが言えます。

 

「無表情で、手足が細かくふるえ、体全体の動きがぎこちない」

70歳のパーキンソン病の患者さんは食事に関して、「朝食は食欲が

ないが食べないと健康に悪いということで、無理やり牛乳とパンを

口の中に押し込むように食べている。昼と夕食は逆にかなり食欲が

あり、人一倍の量を食べている」とのこと。

 

この患者さんに食事の量を今の6割程度にしてもらうと、一か月後に

動きも軽やかになり表情の硬さも取れて、にこやかになるという例も

報告されています。

 

 

パーキンソン病も突き詰めてみれば「脳の血流不足」で起こる病気

なので、食べ過ぎて、血液が胃腸に集中すれば脳血流が不足して、

病気が悪化するのは当たり前ということになります。

 

少食にして、胃腸に供給される血流量がすくなくてすむように

なれば、その結果として、脳血流量が増して、短期間でも上記の

ように症状が改善されたことには納得がいきます。

なるほど納得、ボケない食事と生活術

人間の脳細胞は「20歳を過ぎると毎日10万個ずつ死滅する」と

言われているので、年齢とともに物忘れを始め、ボケの症状が始まる

のはむしろ当然のことだと言えます。

 

ただ、同じボケでも単なる老化によるものと、年齢よりずっと早くくる

ボケ(痴呆)=若年性痴呆は区別されます。

 

 

若年性痴呆というのは40~50歳台の働き盛りの人に起こるボケで、

脳血管障害(脳卒中や脳動脈硬化症)や、原因不明とされている

アルツハイマー病で起こってきます。

 

脳血管症痴呆は強度のストレスをはじめ高血圧や糖尿病、脳卒中後に

起こるもので、脳の血流が悪くなったり、脳動脈がつまったりする

ために、脳細胞の働きが低下して起こります。

 

アルツハイマー病はこれといった病気はないのに突然発症し、徐々に

悪化してボケに至るというのがその特徴です。

 

脳神経細胞の周辺にアミロイドという異常タンパクが沈着して、神経

細胞が破壊されている様子が、アルツハイマー病では確認されています。

 

最近、大阪大学医学部の研究陣が、脳血流をはかる実験を実施した

ところ、「脳内で記憶を受けつもつ海馬とその周辺の血流不足が、アルツ

ハイマー病患者には見られる」ことがわかったといいます。

 

一般的なボケの症状を列挙すると次のようになります。

 

・人の名前がなかなか出てこない

・ものをよく置き忘れる

・待ち合わせや会議の時間や日にちを忘れる

・常用薬を飲み忘れる

・計算間違いをしやすくなる

・何かするのが面倒になる

・服装にかまわなくなる

・涙もろくなったり、怒りぽくなったりする

 

 

アルツハイマー病の場合、体験した出来事そのものを忘れるという特徴が

あります。その他うつ状態や無気力、不安などの種々の精神症状が出現

することも多くあります。

 

日本には「ボケ」ている人(痴呆症)が150万人くらいいると言われて

いますが、その半分はアルツハイマー病です。

 

ボケるとやる気も失せ精神も不安定になります。精神安定化作用をする

脳内セロトニンを増やすにはその原料となる必須アミノ酸のトリプト

ファンをしっかりと摂る必要があります。

 

トリプトファンは大豆や魚介類、胚芽にたくさん含まれています。

またトリプトファンが脳内に取り込まれるにはブドウ糖が必要なので、

ハチミツや黒砂糖もしっかりと摂ってください。

 

大豆に含まれるポリフェノール一種のイソフラボンは女性ホルモンの

エストロゲンと同様の働きをし、脳の働きを活性化することがわかって

きました。1日50㎎のイソフラボンの摂取(豆腐半丁、納豆1パック)

で十分効果があると言われます。

 

運動不足や日光不足でもセロトニンの分泌は低下するので、毎日30分

以上のアウトドアライフは心掛けてください。

 

「読み」「書き」「計算」は脳細胞の活性化をしてくれるので、毎日

「新聞を読む」「日記をつける」「家計簿をつける」などの習慣づけ

も大切なことなのです。

 

ボケになりにくい睡眠時間というのもあります。

7時間半から8時間といわれていて、それより、短すぎても長すぎても

ボケは発症しやすくなります。

現代病である「うつ病」になってしまったらどうする

「心のかぜ」ともいわれる「うつ病」の生涯有病率は10%を超える

と言われているので、ありふれた病気ともいえます。

 

その年齢のピークは20~30歳台、45~55歳とされています。

 

 

うつ病になると、免疫力が低下し、老化が促進されます。またガン

をはじめ種々の病気の引き金になってしまいます。

 

さらに以下のような妄想観念に追い詰められて悪化すると自殺を

企てることも多くなります。

 

・心気妄想  ガンなどの重篤な病気にかかっているのではないか

という妄想

 

・貧困妄想  経済的に貧困に陥ってしまったという妄想

 

・罪業妄想  罪深いことをしてしまったという妄想

 

うつ病の具体的な症状を列挙すると、次のような症状になります。

内科で検査をしても異常なし、と言われたらうつ病が疑われます。

続きを読む…

動脈硬化、高血圧、血栓、結石が起こる驚きの原因

血液の汚れを浄化するために身体の自然治癒力が起こす、発疹や炎症を

薬剤で抑えた人や、発疹や炎症を起こす体力のない高齢者や虚弱者

などの血液内では老廃物を血管の内側に沈着させて、血液の中だけは

サラサラに保とうとするメカニズムが働きます。

 

これが、動脈硬化なのです。

 

 

動脈硬化の原因物質はコレステロールや脂肪とされていますが、その他

にも、尿酸をはじめ種々の老廃物、余剰物が動脈の内側に沈着して動脈

硬化が起こるのです。

 

血液は浄化されても、動脈硬化で細くなった血管内にスムーズに血液を

流すためには心臓は力を入れる必要があります。

それが、高血圧なのです。

 

 

西洋医学の問題は根本理由については思いを致さずに、心臓の力を弱

める薬や血管拡張剤を用いて、血圧を下げようとすることです。

 

その結果、一時的には脳卒中や心筋梗塞、高血圧性の脳症や腎症を

防げたとしても、生活習慣を変えない限り、また、血液は汚れます。

 

ある一定以上には血管は細くなれないので、今度は血液の汚れを固めて

血栓を作るか、出血して汚れを体外に出そうとするのです。

 

鼻血にしても、歯茎の出血、胃潰瘍の出血、脳出血にしても、すべての

出血は血液の汚れの結果の病気を治そうとしている反応だと考えられる

のです。

 

胆石は食生活の西洋化とともにピリルビン結石が減りコレステロール

結石が増えています。もともと胆石は胆汁の成分が濃すぎるために、

石という固まりを作って胆汁の流れをサラサラにしようとしている反応

なのです。

 

 

肝細胞で作られる胆汁の原料は血液なので、血液中のコレステロールが

多くなると、コレステロール系胆石ができやすくなってきます。

つまり、胆石の原因もまた、血液の汚れによるものなのです。

肩こり、冷え性そして物忘れにも効果を発揮。イチョウ葉エキス

とくに女性の方が、つらくて困っている。また、心配な症状に、「冷え

性がひどくて辛い」「肩こりひどくてしょうがない」「最近物忘れが

激しい」があります。

 

冷え性肩こりはどんな形でも体を動かして、お風呂でしっかりと

体を温めることがまず大事。

 

 

物忘れは老人性痴呆症を心配してのことだと思いますが、これは食事を

バランス良くすることが一番です。まずこの基本を押さえてください。

 

 

3つの症状に有効だと言われている共通のサプリメントを紹介します。

 

それはイチョウ葉エキスです

イチョウ葉エキスは、イチョウの葉を乾燥させて成分を抽出したもので、

血行促進や痴呆の予防改善効果があるハーブとして知られています。

 

ドイツやフランなどでは血流循環改善薬として認められており、脳梗塞

などの脳血管障害、アルツハイマー病や脳血管性痴呆などの治療に医療

現場で利用されています。

 

アメリカでは薬として認められていませんが、脳によいサプリメントと

して利用されており人気があります。

 

イチョウ葉エキスの主成分はフラボノイドとギンコライド。

フラボノイドは毛細血管を保護して強化する働きをします。

 

ギンコライドは血栓をできにくくして、血液を流れやすくします。

 

毛細血管の血流を良くして、血管全体の血流を良くすることができれば、

冷え性肩こり物忘れも改善されることが期待できるんです。

 

また、高齢者の記憶力、集中力、思考力の低下の改善、不眠、目や耳の

衰えにも効果が認められています。

 

摂取量として私が、有効だと考える量は一日当たり

約100㎎でしょうか。

 

ただしお医者様から、血をさらさらにするお薬をすでに処方されて飲ん

でいらっしゃる方はイチョウ葉エキスを使うことはやめてくださいね。

健康の大敵 便秘解消の健康法

yjimage4J90SBTR

 

一般的には、3日以上便の出ない状態を便秘といいます。

 

通常、便の7割〜8割は水分で、残りの2割強が腸内細菌や食物繊維

食べ物のかす、剥がれ落ちた腸粘膜の細胞からなっています。

 

便によって大腸が刺激を受けると、大腸の蠕動運動が活発になり、

スムーズに便が出ます。しかし、便のかさ(体積)が少ないと大腸壁が

便の刺激を受けないために、運動が起こりにくくなってしまいます。

これが便秘の原因なのです。

 

ちなみに、食物繊維が便秘にいいというのは食物繊維には水分を保ち、

便のかさ(体積)を増やす働きがあるからなのです。

 

便秘のために何日も便が出ないままだと残っている便からさらに水分が

吸収されてカチカチに固くなり、ますます排便が困難になってしまう

という悪循環に陥ってしまうのです。

 

その結果、痔や肝臓障害、肌荒れ、アレルギー、高コレステロール血症、

胆石、大腸がん、乳がんなどのリスクが高まります。

 

ちょっと想像してみてください。生ごみが湿度100%、温度36

~37度の環境の中で3日間も放置されていたらどうなるでしょう。

 

つまりこの状態で発生した毒素が、全身に回ってしまうのですから、

色々な病気になってしまうことも納得してもらえると思います。

 

便秘の予防、解消のためのアドバイスとしては、規則正しい生活をして

排便を習慣づけることが第一となります。

辛いからと便秘薬を飲むことを習慣化してしまうと、便秘薬がだんだん

効かなくなってしまうので注意が必要です。

 

起床時にコップ一杯の水を飲むと、胃結腸反射を起こして朝の排便を

促してくれます。そしてしっかりと毎日の水分補給を心掛けることです。

また、ウォーキングなどで腸の蠕動運動を促すことは非常に効果的です。

 

食事面では、食物繊維を多く摂ることが第一です。

 

ペクチン、アルギン酸、コンニャクマンナンなど水溶性の食物繊維と

セルロースやリグニンなどの難溶性食物繊維の両方を摂ることが必要です。

また、乳酸菌とその餌になるオリゴ糖を積極的に摂ることで、善玉菌を

増やして、腸の健康を保つようにして下さい。

 

 

 

冷え性を緩和するにはこうすればいい!

冷え性2

 

これといった病気もないのに、冷えを感じることを冷え性と呼びます。

 

実際に皮膚温度を調べてみると変わらない場合も多いのですが、自律神経

の働きが鈍って末梢の血管が収縮することが原因と考えられています。

 

ホルモンの働きや精神的な要因が関係しているともいわれていますが、

はっきりとした原因は解明されていません。

 

女性に多く、特に更年期になると冷え性がひどくなるケースが多く

見られます。

 

痩せた人で血圧の低い人は貧血が原因で血流が悪く、全身に十分な

血液が廻らないために、冷え性になってしまうという場合も多く

あります。

 

また、脂肪分の多い肉類や甘いものを食べすぎると血液がドロドロに

なって循環が悪くなり、冷え性になることもあるのです。

 

冷え性という病名は西洋医学にはありません。

 

冷え性そのものは病気ではなく、体質だと言えるのです。したがって

冷え性そのものに対する治療法はありません。

 

しかし、膀胱炎や腎臓の病気を引き起こしたり、不妊症などの原因に

なる場合もあるので、注意が必要です。

 

冷え性解消・予防のためのアドバイスは次の通りです。

 

冷え性の人は普段の生活の中で手足を冷やさないようにするといった

対処と同時に、体を温める食事の内容を考え毎日の入浴や適度の運動、

睡眠をしっかりとるなどの血行促進を心掛けていくことが大切なのです。

 

冬はもちろんのこと、夏でも冷たいものを飲み過ぎない。また、冷房で

体を長時間冷やさないなどの工夫がとても重要です。

 

血流を良くするサプリメントとしては血液をサラサラにする効果のある

EPA、DHCなどN-3系脂肪酸があります。

 

また、アルギニンやイチョウ葉エキス、ビタミンEには血管拡張作用が

あるので有効です。

 

さらに生姜も血液循環を促進して体を温めるので、冬などは夜寝る前

などに生姜湯などを飲んで寝ると暖かくよく眠ることができるのです。

 

 

 

 

骨を強くするための健康法

丈夫な骨

 

骨というのは、カルシウムとリンが結合したリン酸カルシウムや、

接着剤の役割を果たすコラーゲン、コンドロイチンなどから作られて

います。

 

骨の主成分であるカルシウムは加齢とともに減少し、骨がもろくなり骨折

しやすくなります。

 

その代表的なものが骨粗しょう症で症状が進むと、ちょっとした転倒や

つまずくことで骨折したり、背骨が脆くなって圧迫骨折などを起こし

やすくなるのです。

 

最近は、高齢者だけでなく若い女性にも骨粗しょう症が増えていて発症

の割合は40歳以上の女性では男性の4倍近い13%にものぼっています。

 

その理由として、女性のほうが骨が細く、食事量も少ないためカルシウム

の貯蔵量が男性より少ないことが考えられます。

 

また、出産などでカルシウムを失ったり、更年期になると女性ホルモンの

分泌が減少することも原因となっています。

 

このまま年をとって、転倒して骨を折ったりすると寝たきりになって

しまう危険が大きい。実際に、骨粗しょう症による大腿骨頚部骨折が、

寝たきり老人になる原因の第2位になっている。

 

骨折予防のためのアドバイスは次の通りです。体内の骨量を維持する

ためには一日当たり600㎎のカルシウムをとらなければなりませんが、

治療や予防効果を考えると800~1000㎎は摂取したい。

 

牛乳やチーズなどの乳製品は確かにカルシウムが豊富な食品ですが、

私個人の意見としては、これらの食品を摂ることを勧めません。

 

血中カルシウムは急激に増えると、体は元に戻そうとしてせっかくの

カルシウムをより以上排泄してしまうのです。それに乳製品の摂取には

体にダメージを与えるさまざまな理由が考えられます。

 

日本人は昔から、小魚や、海藻類、イワシの缶詰などを摂る食習慣が

あります。

 

これらの摂取は血中カルシウムの濃度を急激に上げません。食品からの

カルシウム摂取はこれらのものからにして、不足分をサプリでとること

を勧めます。

 

その際、同量のマグネシウムとビタミンD、コラーゲンも一緒に服用する

ことをお勧めします。

 

女性の方は、辛抱強く骨の弱さを克服する努力をしてください。

 

 

 

痴呆症の克服健康法

痴呆症イメージ1

 

近頃、物覚えが悪くなった。人の名前や物の置き場所を忘れてしまう。

これらは誰にでも経験があることです。原因は生理的な老化現象による

もので、加齢とともに神経伝達機能が低下してくることに由来します。

 

人間の脳細胞は約140億個あると言われていますが、40歳を過ぎる

と一日5万から10万個の脳細胞が死滅していきます。年とともに物忘れ

が多くなるのも、仕方ない面が多々あります。

 

しかし、今日わが国では65歳以上の高齢者の28%、862万人が

認知症認知症の予備軍だと推計されています。この数字で、不安に

なる人も多くいると思います。

 

単に物忘れといっても判断力や思考力はしっかりしていて、日常生活には

何の支障もない「健忘」と老人性痴呆による物忘れでは、当然その性質

は異なります。

 

痴呆の場合、今日が何曜日なのかという時間の見当や自分のいる場所が

わからないなど「見当識」に障害が現れてくるのがその特徴です。

 

老人性痴呆の場合は、これを放置しておくと進行が早まってしまします。

 

不安を感じたら、早急に専門医の診察を受けることをおすすめします。

 

老人性痴呆症には2つの種類があります。一つは脳の神経細胞を養う

末端の毛細血管が何か所も詰まり、その先の脳細胞が死んでしまうことで

脳の働きが低下する脳血管性痴呆

 

もう一つは脳全体が委縮することによって起こるアルツハイマー型痴呆

 

この両方が併発する場合もあります。

 

脳血管性痴呆の場合、症状が段階的に進み脳の働きがある部分では非常に

しっかりしているなど、痴呆がまだら状に現れます。

 

一方、アルツハイマー型痴呆は症状がなだらかに進行していくのがその

特徴です。

 

「健忘」の方が、予防のために摂るサプリメントは物忘れに特に有効だと

言われるビタミンB₆。

 

神経伝達物質のアセチルコリンを作る働きのあるホスファチジルセリン。

 

脳の毛細血管の血流を良くするイチョウ葉エキス。

 

これらを併せて摂ることが将来にわたり有効な予防策になります。

 

 

 

3 / 41234
 

プロフィール

●画像タイトル


ビタミン太郎

ブログランキング


応援感謝しますにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

<スポンサーリンク>




人気記事

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

ページの先頭へ