不眠症の解消健康法

g

 

体が活動する時は交感神経が働き睡眠に入ると副交感神経が働きます。

 

だからこの2つの神経支配の切り替えがうまくいかなくなると、

「眠れない」ということになるのです。

 

しかし、実は不眠を訴える人の約6割は寝つきが悪い、眠れないと

思い込んでいるにすぎず、心配のいらないケースなのです。

 

眠ることができない人はまず、寝る直前に食事をとらないようにする。

適度な運動や入浴で血液の流れを良くし緊張や興奮を鎮めることを

実践してみてください。

 

また、眠れなくとも強い疲労感がなければ心配ありませんが、眠れない

ことで疲労がたまったり、精神障害が疑われるような場合は検査や治療が

必要になるケースもあるので医師に相談してください。

 

夜中に何度も目が覚め、気分が悪くて起きられない状態が続く場合は

うつ病、夜中に何度も目が覚めるとともに頭痛やめまい、肩こり、動悸

などを伴う場合は神経症を疑ってください。

 

高齢者の中には、高血圧症や動脈硬化などが原因で眠れない人もいます。

 

さて、不眠解消のための具体的方法を説明しましょう。

 

夜の眠りと朝の目覚めをコントロールしているのが、松果体が分泌する

メラトニンというホルモン。

 

中年以降になるとメラトニンの分泌が不十分になることで不眠を生じる

場合があるのでサプリメントとしてメラトニンを補給すると効果的です。

 

ただし40歳以下の人の場合、メラトニンを常用すると免疫系統に悪影響

が出る場合があるので、5HTPを活用するほうが安全です。

 

イライラやストレスなどが不眠の原因なら、気持ちをリラクッスさせる

ためにビタミンB₆やマグネシウムが安眠に非常に有効となります。

 

更年期トラブル解決がしあわせへの第一歩

森林5

 

更年期とは閉経をはさんで前後10年間のことをいうのですが個人差

が大きい。

 

更年期に入ると、ほてり、のぼせ、発汗、肩こり、肌荒れ、不眠

いらいら、憂うつなど様々な不快な症状が現れます。

 

主な原因は女性ホルモン分泌のバランスの乱れ。加齢とともに卵巣

の機能が衰えてきて、卵胞ホルモンなどの女性ホルモンの分泌が減って

きてしまいます。にもかかわらず、ホルモン分泌の中枢の下垂体から

卵胞を刺激する卵胞刺激ホルモンの分泌は続きます。

 

下垂体から刺激が出ていても卵巣がそれに対応できないというアンバランス

な状態が続き、自律神経のバランスが崩れてしまい、不快な症状が現れる。

 

これが「更年期障害」のメカニズムなのです。

 

女性ホルモンの減少は30代半ばから徐々に始まります。30代、

40代の過ごし方も、更年期をうまく乗り切れるか否かに大きく影響します。

 

過激なダイエットやストレス、喫煙睡眠不足などでホルモン分泌の乱れが

続くと、卵巣機能の衰えを促し更年期を早める結果になります。

 

さて、更年期の症状を改善する方法を考えましょう。まず第一に女性

ホルモンの減少を補いましょう。それには大豆イソフラボンを含む豆腐

などの大豆食品や、それらを含むサプリメントを摂ることです。

 

次に、血液浄化作用のあるビタミンCや、骨密度向上の強い味方である

カルシウムも摂ったほうがいいでしょう。自律神経の乱れを整える目的で

高麗人参。ほてりや寝汗などの不快な症状にはビタミンEが良いでしょう。

 

さらに、イライラや憂うつが顕著な方にはビタミンB₆をお勧めします。

 

 

 

 


健康法ランキング

 

 

 スポンサーリンク

健康しあわせ生活で膝、腰の痛みを軽減

 

ウォーキング10

 

ある日こんな相談を受けました。

 

「2週間前くらいに、階段を下りている時に左の膝が突然痛くなった。

その日一日痛みが続いた。今までそんな経験はなかったので、どうしよう

かと思ったけれど、お医者さんに行くのも嫌なのでそのままにしていたら

痛みは引いて今は何ともない。放っておいてもいいかしら」と。

70代後半の女性の方からの相談でした。

 

膝や腰に痛みを感じるのは軟骨が長い年月の間に消耗してしまうことが

その大きな原因の一つとされています。高齢になれば多くの方々が経験

していることです。

 

対処の仕方は今まで一度もヒアルロン酸注射をしたことがなければ、

まず、お医者さんに相談をして診断をしてもらったうえで、注射を試す

ことを勧めます。ただこれで良くなる方は10人中2~3人でしょうか。

 

次に良くならなかった時の改善策を5つ提示します。

1.食事でイワシの缶詰を食べるようにする。缶詰は骨まで食べれます。

小魚をまるごと食べるのもよし。骨は骨で補うということです。

 

2.例え痛みがあってもできれば歩く努力をする。人間の体は刺激がある

部位の不足を補うようにできている。歩いて刺激を与えると不足する

軟骨を補うようにちゃんと脳から指令が出るようになっています。

 

3.グルコサミン・コンドロイチン・ヒアルロン酸のサプリメントを

摂る。上記三つの成分が最低でも入ったものが良いでしょう。

 

4.入浴のあと布団の上で足の体操をする。簡単な体操で時間にして

5分もかかりません。

 

5.痛みが出ているときや違和感を感じているときにはお煎餅やお餅

などのもち米を食べてはいけません。昔から言われていることで、

膝・腰の痛みを悪化させます。

 

上記5つの方法をなるべく同時に試してください。

 

かなりの確率で膝や腰の痛みは改善すると思います。

 

また、これだけの方法を試しても、改善しなかった場合でも諦めないで

ください。

手術をしなくてもあなたに効果のある方法は探せば必ず存在します。

大切なことはいろいろな方法を試して、あなたに合う方法を見つけ出す

ことです。

 

 

以上が相談に対するお答えの概略です。

 

 

 

4 / 41234
 

プロフィール

●画像タイトル


ビタミン太郎

ブログランキング


応援感謝しますにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

<スポンサーリンク>




人気記事

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

ページの先頭へ