有酸素運動をもっと効果的にする㊙の方法

 

ダイエットのための運動というと、誰もが、それこそ異口同音に

有酸素運動といいます。

 

ある面では正解です。

 

運動で体脂肪を消費するには、有酸素運動しかないからです。

これは間違いありません。

 

しかし、一方で、筋トレで代謝の高い身体を作ってから、有酸素

運動をした方が効果的という事実があります。

 

アメリカの研究グループが、行った実験によると、一般の人に

3か月間、提示したメニューに従って筋肉トレーニングをして

もらった結果、例外なく安静時の代謝量が増えました。

 

平均すると7.5%代謝量が増えたのです。

 

何もしていない安静時代謝量が7.5%増えるということはとくに

運動などしなくても、1日あたり100kcalから150kcal代謝量が

増えるということです。早足でウォーキングを約45分間するのと

同等のエネルギー消費量です。

 

言い換えれば、毎日欠かさずウォーキングを45分間するのと

3ヵ月間筋トレをした後、特に運動をしない状態が、1日の消費

エネルギーが同じということです。

 

それでは、筋トレをした人が、さらに45分間ウォーキングも

したらどうでしょうか。

 

3か月間頑張って筋トレをした身体で、無理なく3日に一度、45

分間のウォーキングを1年間続けたとすると、理論上はなんと

体脂肪を4㎏落とすことができるのです。体重ではありません。

体脂肪だけです。

 

ちなみに、筋トレをせずに毎日45分間のウォーキングを1年間

した場合だと約2㎏の体脂肪しか減らせません。

 

いうまでもなくこの差は安静時代謝の差なのです。

 

しかし、3か月間の筋トレはつらい、とくに今まで何も運動を

してこなかった人にはなおさらだと思います。ですが、

身体を壊さずに、健康的に元気にダイエットを成功させるには

筋トレは不可欠なものなのです。

 

筋トレは有酸素運動ではなく無酸素運動に分類されます。

40歳代を過ぎると私たちの筋肉はどんどん減っていきます。

 

このことは昔と食べる量が変わらなくても知らないうちに

脂肪が増えていくメカニズムとなってあらわれるのです。

 

日本ではまだあまり筋トレの効用については一般的に

知られていません。しかし、いまはフィットネスジムで

脂肪を減らしたいというと、ダイエット効果を高めるために

有酸素運動であるエアロビックと無酸素運動の筋トレを

併用するようにすすめられます。

 

筋トレをして、代謝が上がった身体を維持しながら、継続的に

可能な有酸素運動(ウォーキング、ジョギング、水泳、ジムの

エアロバイクなど)に取り組み、さらにそこに合理的な食事法

を加えるというのが最も効率的なダイエット方なのです。

たったの2日間で1歳老けてしまう筋肉の危険

 

リバウンドせず、生活習慣病を予防して健康的にダイエットする

方法は筋肉の量を維持、できれば増やして、基礎代謝を向上させ

ながら、脂肪を恒常的に燃やすことです。

 

しかし、その筋肉を増やすというのはとくにこれまで運動をする

習慣のなかった方の場合、それなりの時間がかかります。

 

最低でも2~3ヵ月は筋力トレーニングを続けることが必要です。

 

ところが、逆に筋肉を減らすのは実に簡単です。

大げさでもなんでもなく、それこそ「あっ」という間です。

 

筋肉は30歳位から減り始め、70歳代で約2/3になります。

 

ところが、大腿部、お尻、お腹、背中の筋肉は特に減少が著しく

70歳で、なんと半分になってしまいます。つまり、年に約1%

という速度で減っていくことになります。それでも、5年、10年

が経過して、はじめて、「ああ筋肉が落ちたかな」と感じる

くらいのゆっくりした速度かもしれません。

 

普通に生活していればこの程度なのですが、健康な人に寝た

きりの生活をしてもらうと、実に驚くような結果が出るのです。

 

食事も寝たまま、排泄も寝たまま。すると、わずか1日で0.5%

も筋肉が細くなるのです。2日なら1%も細くなります。

たった2日1年分の筋肉が減ってしまうのです。

 

決して脅かしているわけではなく、筋肉というのはそれだけ

「反応性が高い器官」ということなのです。

 

なぜこのようなことになるかというと、人間の身体はなかなか

うまくできていて、筋肉を使わないのなら、筋肉を減らす

ことで、エネルギー的に有利になろうとするからです。

 

エネルギーの最大消費者である筋肉を減らすことで、省エネ

で過ごせるようにしようという方向へ作用するわけです。

 

年配の人の場合、ただでさえ筋肉が落ちています。

 

その段階で入院してしまったり、手術などをして、数日でも

ベッドに寝かされることになると、足が動かなくなり、

車いすの生活をしなければならなくなることがあります。

 

これも身体のしくみとしては当然のことなのです。

 

実は、20歳代の若い人でも同じようなものです。やはり

手術などで1か月くらいベッドで寝たきりの生活になって

しまうと、簡単には立てなくなります。

 

つまり、老若問わず、それほど、身体のシステム上筋肉は

急激に衰えるものだということなのです。

3 / 3123
 

プロフィール

●画像タイトル


ビタミン太郎

ブログランキング


応援感謝しますにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

<スポンサーリンク>




人気記事

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

ページの先頭へ