体力のある40代以上の方には炭水化物ダイエット

元気に長生きをしたければ、標準体重に近づけるダイエット

避けては通れません。

もう一つの良い健康法を作るために40代以上の方はぜひ

炭水化物ダイエットにも挑戦してください。

 

これからその炭水化物ダイエット法を紹介していきます。

 

 

まず目標を設定しなければなりません。

あなたの標準体重と現在の体重との差が減量目標になります。

そして、標準体重に必要な一日における総摂取エネルギーが

あなたが摂取できる一日のエネルギー量になります。

 

それでは、標準体重を計算して、そこから一日の適正な

総エネルギー量をkcalで計算してみましょう。

 

まず標準体重を求めましょう。

標準体重(㎏)=身長(m)×身長(m)×22

 

上の計算で求めた標準体重を使っておおよその適正エネルギー量

を出してみましょう。

軽い仕事 25~30(kcal)

標準体重×普通の仕事30~35(kcal)=適正エネルギー量(kcal)

重い仕事 35~40(kcal)

仕事をリタイアした方は25kcalで計算してください。

 

それでは、ダイエットを始めましょう。

 

炭水化物ダイエットとはその名の通り、炭水化物の摂取量を制限した

食事療法をさします。

食事には三大栄養素として、たんぱく質、炭水化物、脂質が

含まれています。通常私たちの体は炭水化物(糖質)をエネルギー源

として利用します。

 

炭水化物ダイエットは炭水化物の摂取量を極端に制限することで

体脂肪が主なエネルギー源として消費され、減量できるとする

ダイエット法です。

 

従来からの栄養学では炭水化物は摂取総カロリーの55~60%に相当

することが好ましいとされています。

そのため、米国心臓協会や米国栄養士協会などの専門家グループは

炭水化物ダイエットは不適切な食事療法であるという見解を出して

きました。しかし専門家グループの否定的な見解にもかかわらず、

その人気は落ちませんでした。

 

その結果、2000年以降いくつかの臨床試験が行われました。

そして、臨床試験の結果、炭水化物ダイエットは従来型の

低脂肪食よりも減量効果が得られやすいことが示されたのです。

更に、中性脂肪の顕著な改善、総コレステロール値の改善、

HDL(善玉菌)コレステロール値の改善といった脂質改善効果も

明らかになりました。

 

炭水化物ダイエットは総摂取エネルギーに占める炭水化物由来の

エネルギーを5~40%程度に制限するダイエット方です。

いくつかある炭水化物ダイエット法では10%以下にすることが、

最も多いように思います。

 

減量効果をまとめたデータによると、1日あたりの炭水化物摂取量が

60g以下の食事療法と、60gを超える食事療法と比較したとき、

前者では平均16.9㎏の減量が認められたのに対して、後者では

平均1.9㎏にすぎませんでした。

 

炭水化物ダイエットの場合、総エネルギー量の比は

炭水化物10%以下、たんぱく質25~35%、脂質55~65%と

なります。

 

この際注意することとしては、なるべく良質のたんぱく質及び

良質の脂質を摂取してください。

具体的にはDHA,EPAといったオメガ3脂肪酸やオリーブオイル

を利用するようにして下さい。

さらに低炭水化物の野菜も十分に摂り、水も十分に摂ってください。

炭水化物ダイエットを行うと食物繊維やファイトケミカルが不足

しがちになるので意識的にこれらを補充してください。

 


応援感謝します/a>

 

 

 

本当のしあわせは健康がベース、しあわせ実現の方程式

しあわせの感じ方の基準は人それぞれ。素敵な恋人ができれば。子供が

有名校に合格できれば。今の会社で出世ができれば。宝くじが当たれば。

等々その例の多様性、豊富さにはキリがありません。

 

g

 

しかし、こうした基準を分類して突き詰めていくと最終的に4つの

要因に集約されます。1.健康2.経済3.愛情4.精神の4つです。

 

私たちはこれら4つの要素とバランスからしあわせを感じているのです。

誰でもこの4つの要素はしあわせに必要と感じています。でもその比重の

置き方の違いということが基準の多様性を作り出しているのです。

 

いつまでも若々しく健康で元気でいたい。

他の人よりも多くのお金を得て、楽しくおかしく人生を過ごしたい。

家族でも、恋人でも、友人でも、職場の仲間でも皆から愛され、愛して

人生を過ごしていきたい。

この世に生を受けて生きていく自分の使命を自覚して、何事にも挫けずに

チャレンジすることを楽しむ精神をもって生きていきたい。

これらの希望を持つことは人間として当然のことです。

 

私は考えます。

好きなことは何でもできる。好きなものは何でも買えるだけのお金が

あっても、その使い道が回復の見込みのない病気に対する高額な医療費

だけだとしたらあなたはしあわせですか。

私は考えます。

みんなからあなたがどんなに愛されていても、またあなたがどんなに

みんなを愛していても、体から自由に動くことを奪われていたとしたら

不治の病を抱えてしまったとしたら、それを乗り越えてもう一度しあわせだと

感じることができるようになるには多くの葛藤があるだろうことは容易に

想像ができます。あなたがもしそうなら必ず乗り越える力を持っています。

私は考えます。

そもそも肉体が不健康で自分の体を大切にする必要を感じることが出来ない

人に健全な精神というものは宿るのか。

 

こうして考えていくとしあわせのベースはやはり第一に健康ではと思い

当たるのです。「体の老化を受け入れなさい」と私たちは言われ続けて

きました。ただ年齢と習慣に任せて流される生き方では健康をいつまで

維持できるか、完全に運まかせになってしまいます。

好きなものを好きなだけ食べたり飲んだりしていても健康は運まかせです。

運動不足、飲酒や喫煙、ストレス、不規則な生活サイクル、睡眠不足など

健康の脅威が私たちが生きていくうえで星の数ほどもあります。

これらの脅威にたださらされているだけでは健康を確保することに何の

プラスにもなりません。健康は今や勝ち取るべきものなのです。

 

人生は理不尽なことが多いものです。生まれつき難病を抱えていたり

障害を抱えていたり、不治の病を患う方も多くいます。その方たちも

当然しあわせになって欲しい。だけれど、今の私はその回答を残念ながら

持ち合わせていません。だから余計に普通の方々が健康で元気な生活を

送る努力をするべきなのでは。と思ってしまうのです。

 

人生において今現在、希望の持てない状況の方も多くいらっしゃいます。

でも、しあわせになることは私たちに与えられた権利なのです。

お金は大切です。お金さえあれば多くの私たちが抱える問題を解決する

ことが出来るのは事実です。だからお金を稼ぐためにも、まず、健康を

手に入れることが先決なのです。

 

 

健康を手に入れることができれば、人生に前向きになれます。そしてそれは

自信になるのです。続いてあなたが所得を増やすことができれば、人生を

生きていく意義に気付くかもしれません。そしてそれも自信に繋がります。

こうなれば、きっと愛情も精神も充実したものになっていくでしょう。

 

私たちが健康をベースにしあわせになることは私たちに与えられた権利

なのです。今こそこの権利を一緒に行使しましょう。

 

 


応援感謝します

 

 

 

不眠症の解消健康法

g

 

体が活動する時は交感神経が働き睡眠に入ると副交感神経が働きます。

 

だからこの2つの神経支配の切り替えがうまくいかなくなると、

「眠れない」ということになるのです。

 

しかし、実は不眠を訴える人の約6割は寝つきが悪い、眠れないと

思い込んでいるにすぎず、心配のいらないケースなのです。

 

眠ることができない人はまず、寝る直前に食事をとらないようにする。

適度な運動や入浴で血液の流れを良くし緊張や興奮を鎮めることを

実践してみてください。

 

また、眠れなくとも強い疲労感がなければ心配ありませんが、眠れない

ことで疲労がたまったり、精神障害が疑われるような場合は検査や治療が

必要になるケースもあるので医師に相談してください。

 

夜中に何度も目が覚め、気分が悪くて起きられない状態が続く場合は

うつ病、夜中に何度も目が覚めるとともに頭痛やめまい、肩こり、動悸

などを伴う場合は神経症を疑ってください。

 

高齢者の中には、高血圧症や動脈硬化などが原因で眠れない人もいます。

 

さて、不眠解消のための具体的方法を説明しましょう。

 

夜の眠りと朝の目覚めをコントロールしているのが、松果体が分泌する

メラトニンというホルモン。

 

中年以降になるとメラトニンの分泌が不十分になることで不眠を生じる

場合があるのでサプリメントとしてメラトニンを補給すると効果的です。

 

ただし40歳以下の人の場合、メラトニンを常用すると免疫系統に悪影響

が出る場合があるので、5HTPを活用するほうが安全です。

 

イライラやストレスなどが不眠の原因なら、気持ちをリラクッスさせる

ためにビタミンB₆やマグネシウムが安眠に非常に有効となります。

 

元気でしあわせな老後人生を目指す

太陽と雲1

 

理想のシニア世代を生きるために必要なことは健康で生き生きとする

ため、また老化の影響を遅らせたり、そもそも病気にかかるのを防い

だりするために必要なことは積極的に行動することです。

 

病気を予防し、より健康になりたいという健康増進への欲求は私達の生活

における選択をすでに大きく左右している。朝どんな歯磨きやシャンプー

を使うかにはじまり、一日を通じて何を食べるか、夜どんな寝具や化粧品

を使うかということにいたるまで私たちは、製品に更なる安全性と更なる

予防効果を求めているのです。

 

人間にとっての理想はいっさい薬を飲む必要がなくて、いっさい病気に

かからないこと。朝は元気いっぱいに満ち足りた気分でさわやかに

目覚める。日中は気力に満ちて足取りも軽く笑顔ですごす。ストレスや

不安を感じたり憂鬱な気分になったりしない。疲労感や頭痛、体の痛み

もない。風邪やインフルエンザにかからず、体調を崩すこともない。
食欲は適当で、強い空腹感を感じたり、がつがつ食べたりしない。
好きなものを食べても体重は適正に保たれている。夜は一晩中ぐっすり

眠れる。健康的で強い性欲があり、性的快感を与えることも受けることも

出来る。肌、髪、爪は健康的でつやつやしている。筋肉も強くて張り

がある。肉体は引き締まってしなやかで、活力にあふれていて気分も

晴れ晴れとしている。

 

これが本来の健康な人間の姿なのです。

 

ほとんどの人は、人間の体が本来どれほど快適に感じるように作られて

いるかをまるで分かっていない。薬を飲むのが「自然」で健康のために

「必要」だと考えていないだろうか?あなたにはよく考えてほしい。
野生の動物は薬など飲まなくても病気にはかからない。つまり人間

だって本来は病気にならなくてすむということ。病気になるのは「正常」

なことではない。自分を健康だと思っている人たちも本当はもっと爽快な

気分で生きられることを全く知らずにいる。

 

病気にならず、常に前向きに生きることができる、そして晴れ晴れと爽快

でいられる生き方をする。こんな幸せな人生を誰でも手に入れたいはず。

 

そのためには考えること。準備をすること。勉強をすること。行動する

こと。専門家の意見を聞くこと。素直になること。

それでも人間本来の健康を回復することは今や難しいことなのかも

知れない。

 

だけれど大丈夫

3年間あれば、そして諦めさえしなければ人生変えることは誰にでも

可能なのだから。

 

 

 

3 / 3123
 

プロフィール

●画像タイトル


ビタミン太郎

ブログランキング


応援感謝しますにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

<スポンサーリンク>




人気記事

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

ページの先頭へ