セロトニンが身体も心も健康にする

セロトニンというと、「うつ病に効く物質」とばかり考えがちですが、

それは大きな間違えです。

 

 

今回はセロトニンが私たちの健康に果たす役割について少し詳しく説明

していきたいと思います。

 

セロトニン神経には全部で五つの機能があります。

1.静かな覚醒

2.平常心の維持

3.交感神経の適度な興奮

4.痛みの軽減

5.よい姿勢の維持

 

一つ目の「静かな覚醒」ですが、セロトニン神経は一秒間に二~三回の

間隔でインパルスという電気信号を出しています。この電気信号により

セロトニン神経からセロトニンが放出されます。

 

目覚めとともに、脳がセロトニン神経の働きで、静かな覚醒状態にスムー

ズに移行した状態、それが「爽快な目覚め」になるのです。

 

人間の脳にとって理想的な覚醒状態をもたらす働きです。これでいつでも

脳をフル回転させることができる準備が整うのです。

 

二つ目の「平常心の維持」というのは心の状態を整える機能です。

セロトニン神経はノルアドレナリン神経とドーパミン神経という、時には

暴走してしまう仏つの神経に働きかけ、暴走を抑え適度な興奮状態にとど

めることができます。

 

そのため、セロトニン神経がきちんと働いていれば、精神的なストレスの

コントロールがしやすくなり、多少のストレスがあっても、それに負けて

イライラしたりキレやすくなったりすることもなければ、逆に嬉しいこと

があっても、はしゃぎすぎたり舞い上がってしまうこともなくなります。

 

もちろんつらいことはつらいし、嬉しいことは嬉しいと感じているのです

が、そうした自分を冷静にコントロールできている状態が平常心です。

続きを読む…

質の高い睡眠はダイエットまでしてくれる健康法

質の高い睡眠を考えるうえで、「ホルモン」の存在は非常に大切です。

まず、成長ホルモンがあります。これは子供の成長に欠かせないホルモン

として知られていますが、実は大人にとっても必要なホルモンです。

 

 

例えば、紫外線を浴びると皮膚の細胞が壊れますが、それでも肌がボロ

ボロにならないのは寝ている間に成長ホルモンが働き、壊れた細胞を

新しく生まれ変わらせているからです。

 

成長ホルモンには身体中の古くなった細胞を新しい細胞に変える役割が

あるため、大人にとっては「健康な身体づくり」や「美肌」に欠かせない

ものなのです。

 

成長ホルモンの特徴は寝ついてから3時間の間に大量に分泌されて、睡眠

の後半では出なくなるということです。

 

ですから「眠り始めの3時間でいかに快適な睡眠をとるか」が、質の高い

睡眠のカギになります。

 

成長ホルモンとは別に、もう一つ大事なホルモンとして、コルチゾール

あります。

 

コルチゾールの役割は身体に蓄えられている「脂肪」やブドウ糖の

かたまりである「グリコーゲン」を代謝して、エネルギーに変えること

なのです。

続きを読む…

睡眠の質を上げることは人生の質も上げる健康法

50歳を超えるとだんだん長く眠ることが出来なくなります。

 

だからといって、短い睡眠で充分かというと、睡眠の質自体も悪くなって

しまうため、仕事中でもボォーとしたり、ダルサが抜けなくなってしまう

ことが多々あるのです。

 

自然に任せていると、睡眠の質は年を重ねるごとにどんどん悪くなって

しまうので、当然睡眠の質を向上させることを近頃は考えています。

 

 

睡眠の質を高めるために必要なことは何でしょうか。

 

まず、眠るときに身体にいったい何が起こっているかを知らなければ

いけません。

 

実は眠りに入るとき、私たちの体温は1℃程度急激に下がっている

のです。

 

これは脳から指令が出ているためで、体温が急激に下がると、人間は

眠くなるようにできています。

続きを読む…

睡眠健康法はあなたのパフォーマンスを最大限に発揮します!

私たちにとって睡眠の適正時間というのはいったい何時間なのでしょう。

 

アメリカのクリプケという学者がそれに答える実験データを出して

います。それによると、「6時間半から7時間半がもっとも身体に負担が

かからない睡眠時間である」と結論づけています。

 

 

しかし、バリバリ仕事をしている方にとって毎日6時間半から7時間半

の規則正しい睡眠時間を確保することは難しいでしょう。

 

確かに成功者といわれる人たちはたいてい睡眠時間を削り、人より多くの

仕事をこなすことで競争を勝ち抜き、成功を収めています。

 

人並みに睡眠時間をとっていれば、成功はおぼつかないかもしれません。

 

でも、このブログは「元気長生き知恵袋.com」ですから、睡眠時間を

削って、成功すれば身体はどうなっても知ったことではないという

スタンスはとりません。

 

では睡眠時間は健康とパフォーマンスを考慮すると、どこまで削ることが

できるのでしょう。

続きを読む…

塩は「身体に悪い」という常識のウソ

私たち中高年者にとって、「」というと健康にとっての大敵だという

固定観念が強くあります。

 

「自分は血圧が高いからはダメだ」と思っている人は私たちの年代では

数えきれないほどいるはずです。

 

 

我々の常識では塩は人間にとって必要不可欠なミネラルではあるけれど、

摂りすぎてしまっては高血圧を招く非常に危険なものであるという認識

があります。

 

しかし、が高血圧を誘発するというのは「精製塩」、いわゆる「食塩」

を摂った場合であって、自然海塩を高温で焼いた還元作用のある塩では

精製塩を摂ったときのような血圧の上昇が起きない臨床データもあるの

です。

 

海水から水分だけを蒸発させた自然海塩には塩化ナトリウム、マグネ

シウム、カルシウム、ヨウ素といった海のミネラルが非常にバランス良く

含まれています。

 

しかし、「食塩」という名で売られている精製塩は海水からほぼ塩化

ナトリウムだけを取り出したものなので、その99%は純粋な化学物質

である塩化ナトリウムなのです。

続きを読む…

呼吸をするだけの超簡単健康法

私たちはつねに呼吸をしています。でもそれを意識することって、

ほとんどありませんよね。

 

このように意識しなくても呼吸が行えるのは呼吸が自律神経の支配下

にあるからです。

 

 

自律神経の支配下にあるものは普通、心臓にしろ胃腸にしろ、自分の

意志で動かしたり止めたりすることはできません。

 

しかし、唯一呼吸だけは意識的に深呼吸をしたり、少しの時間なら止める

こともできます。

 

自律神経の支配下にあるもので、私たちが意識的にコントロールできる

のは呼吸しかありません。

 

こうした呼吸の特性を活用することによって、乱れがちな自律神経の

バランスを整えることができるのです。

 

自律神経には興奮したときに活性化する「交感神経」と、リラックス時に

活発になる「副交感神経」二種類があります。

この二つの神経のバランスが取れている状態が健康な状態です。

 

しかし、外的刺激やストレスの多い現代社会では自律神経はどうしても

交感神経優位になりがちです。そして、過度の交感神経優位は胃腸の働き

を鈍くして免疫力の低下を招きます。

続きを読む…

「脳」がふたつある私たちの身体の不思議

知っている方も多いと思いますが、腸は「第二の」と呼ばれて

います。

 

腸はとても不思議な臓器です。腸の働きは身体の司令塔ともいうべき

「脳」の支配から独立しています。

 

 

その証拠に事故などで脳からの指令を伝達する脊髄を損傷しても、

脳死の状態になっても、腸は正常に働き続けます。

 

通常、人間は脳の機能が完全に停止すると、数分からどんなに長くても

数時間でも心肺の働きが止まり死に至ります。

これは心肺機能がの支配下にあることを意味します。

 

ところが、腸は脳死状態でも生命維持装置で呼吸と血液の循環さえ保た

れれば、脳からの指令が無くても、栄養分を吸収し、不要なものは排泄

するという自らの機能を果たすことがきるのです。

 

このように脳からの「独立性」をもつことが、「第二の脳」といわれる

所以です。

続きを読む…

朝食を抜いたほうが良いという健康法

実は健康のためには朝食を抜いたほうがいいんです。

 

昔から「腹八分に病なし、腹十二分に医者足らず」という言葉が

ありますね。

 

これはお腹いっぱい食べなければ、病気にならないが、

いつでももうこれ以上食べれませんというぐらい食べていると、

病気が次から次へと襲ってくるということです。

 

そこで、このことを一日の食事のトータルバランスに当てはめてみると

「十二分-八分=四分」、つまり三回の食事のうち一回を減らせば、

私たちは病気知らずの健康体になれるということなのです。

 

そして、その一食は「朝食」を抜くことが、生理的に一番適っています。

しかし、「朝食は必ず食べなければ健康に悪い」という考え方を多くの

人が持っているのです。

 

 

人体の生理現象には「吸収は排泄を阻害する」という鉄則があります。

つまり、食べ過ぎるとそれを消化するために胃や小腸などに血液が集中

するため、排泄の臓器である大腸や腎臓への血流が少なくなり、排泄機能

が低下するということです。

続きを読む…

中高年のポッコリお腹をスッキリさせる健康法

私たち中高年者は「以前に比べて食事量が増えていなくても、なぜか体重

は増えてしまう」「体重は変わらないのにウエストがきつくなった」など

不摂生な生活を送っているわけでなくても、太りやすくなります。

 

いつの間にかポッコリお腹になってしまうのです。

 

ポッコリお腹の原因は「基礎代謝の低下」にあります。

 

 

基礎代謝とは呼吸や発汗、心臓の拍動、皮膚の新陳代謝など、生命維持の

ために必要最低限使われる消費エネルギーのことです。

 

人の一日に消費するエネルギーの6~7割は基礎代謝によるものです。

ところが基礎代謝は筋肉の量によって大きく左右されるために、運動不足

などで筋肉量が減り始める40歳を過ぎたあたりから低下が目立つように

なります。

 

その結果、以前と同じ量の食事をとっても太って、ポッコリお腹になって

しまうというのが、中年太りのメカニズムです。

 

40代に入ると、食事で摂った脂肪や糖を燃焼させてエネルギーに変える

力が衰え始めます。そのため、消化しきれなかった余剰分が脂肪として

蓄積されるのです。

 

中高年の人達は日常生活で腹筋を使う場面は少なく、筋力が低下します。

腹筋による腹部を支える力が衰え、蓄えられた脂肪が前や横に張り出し

やすくなるというのが、ポッコリお腹のメカニズムです。

 

お腹には内臓脂肪と皮下脂肪がついています。内臓脂肪は内臓の周りに

つく脂肪で、皮下脂肪は皮膚のすぐ下につく脂肪です。

続きを読む…

運動する習慣のない人の運動不足解消健康法

現代人は総じて大変に忙しく、運動不足を自覚する人が多くいます。

 

しかし、健康のために手ごろな運動をはじめたい。だけれど今まで運動

をする習慣があまりないので、きついのは嫌だし、続けられるかどうかも

わからない。

 

そんな風に何から始めればいいのか、悩んでいる人が多いようです。

 

確かに、改まって運動らしい運動をするのは大変かもしれません。

しかし、そもそも運動をそう難しく考える必要はないのです。

 

運動をいうと、ジョギングやウォーキング、フィットネスクラブの

エクササイズのようなものを思い浮かべてしまいがちですが、運動の

習慣があまりない人にとってはやはり敷居が高く感じてしまうものです。

続きを読む…

1 / 3123
 

プロフィール

●画像タイトル


ビタミン太郎

ブログランキング


応援感謝しますにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

<スポンサーリンク>




人気記事

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

ページの先頭へ